初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

希少価値高め?ホンダ フィットアリアの中古車価格と燃費や評価は?カスタム車も紹介

コンパクトでありながら多彩な積載用スペースとゆとりの居住空間を実現した、先進的なスモールセダン、ホンダ フィットアリア。2002年にタイから輸入し2009年に販売を終了した、実用性に優れた希少なホンダ フィットアリアの魅力や燃費、評価や中古車価格などについてご紹介します。

ホンダ フィットアリアとはどんな車?

ホンダ フィットアリア 1.5W 2002年

ホンダ フィットアリアとは、ホンダの主力車であるフィットのプラットフォームを使用した派生車で、数少ない5ナンバーのスモールセダンです。
コンパクトでありながら、多彩なシートアレンジが創り出す積載用の広大なスペースや、ゆとりの居住空間など、様々なシーンでの利用価値を高める「先進スモールセダン」をコンセプトに開発され、低燃費と環境性能に高い評価を得ました。
タイのアユタヤ工場で東南アジア市場向けに生産されていた2代目のシティを日本に輸入し、国内において2002年12月にホンダ フィットアリアとして発売が開始されたことが始まりで、その後2度のマイナーモデルチェンジと一部改良を加え、2009年1月に販売終了となっています。

2002年 ホンダ フィットアリア発売 CM

『G線上のアリア』の調べに、モダンなフォルムと軽快な走りをのせたホンダのフィットアリア(Fit aria)。
長さが180cm前後もあるコントラバスが無理なく収まるゆとりの収納空間を印象づけています。
バイオリニストの高嶋ちさ子さんが出演しているこのCM映像は、スペインのバレンシアで撮影されたものです。

ホンダ フィットアリアの外装・エクステリアデザイン

ホンダ フィットアリア 1.5W 2002年
ホンダ フィットアリア 1.5W 2002年

モデルチェンジ後のアリア

ホンダ フィットアリア 1.5W Dパッケージ 2005年

ホンダ フィットアリアのボディラインは基本的にフィットに準じていますが、限られたサイズでできるだけ室内空間を広くするために、フォワード・ビッグキャビン(乗員空間を前方ぎりぎりまで広げること)をテーマにヘッドライトなどを巧みに調整、セダンらしいモダンなフォルムを追求した外装デザインになっています。

2005年のマイナーモデルチェンジでは、前後の外装デザインを一新。
新デザインのフロントヘッドライト、フロントグリル、リアコンビネーションランプ、前後バンパーなどを採用することにより、さらに上質なセダンのスタイリングを実現しました。

ホンダ フィットアリアの内装・インテリアデザイン

実用的でゆとりの車内空間

センタータンクレイアウトを採用したゆとりの居住空間

ホンダ フィットアリア 1.5C 2005年

シートアレンジ(トール・モード)

ホンダ フィットアリア シートアレンジ

シート・アレンジ(ロング・モード)

ホンダ フィットアリア 2002-2009 シートアレンジ

シート・アレンジ(ユーティリティ・モード)

ホンダ フィットアリア 2002-2009 シートアレンジ

トランクルーム

ホンダ フィットアリア トランクルーム

フィットアリアの好まれる特徴の一つは、リアシートを前に倒したり(ダイブダウン)上に跳ね上げたり(チップアップ)することで様々な形状や大きさの荷物を積み込むことができる実用性の高さです。
燃料タンクをフロントシートの下に配置したセンタータンクレイアウトで、500Lの大容量のトランクルームとセダンとして想像以上のゆとりの居住空間を創り出しました。

ゆとりのある居住空間は長距離走行の疲れを軽減し、トランクスルーによって車中泊も実現しますね。

メタリック調と木目調の2タイプの内装

モダンなメタリック調のパネル類

ホンダ フィットアリア 1.3A 2002年 内装 メタリックパネル

上質感のある木目調パネル類

ホンダ フィットアリア 内装 木目調パネル

独立三眼メーター

ホンダ フィットアリア 内装 独立三眼メーター

センターパネルはでオーディオ一体型で、内装はモダンなメタリック調と上質感を演出する木目調のパネルで、それぞれのタイプの個性をきわだたせています。

ホンダ フィットアリアのスペック

全長全幅全高
4,310-4,3901,690FF:1,485 4WD:1,510
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4501,040-1,1305
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

走行性能と安全性

高剛性ボディ構造

ホンダ フィットアリア 2002年 高剛性ボディ構造

2002年発売の前期型は、スムーズで軽快な走りと低燃費を実現する1.3Lと1.5L 2種類のi-DSIエンジンを搭載し、2005年のモデルチェンジでは、力強い走りを加えた1.5L VTECエンジンを新たに採用。
EPS(電動パワーステアリングシステム)と、軽量・コンパクトなリアルタイム4WDも全タイプに設定しています。
トランスミッションは、ホンダの新世代CVTを全タイプに、さらに1.5Wには7スピードモードを設定しており、CVT、7速オートシフトモード、手動で7速変換が可能なマニュアルシフトモードと、3つの走行モードを楽しめます。

また、安全性においてはISO-DIX対応チャイルドシート固定専用バーを全タイプに装着。
ホンダ独自のGコントロール技術に基づき安全設計ボディを実現したほか、歩行者衝突時、または車内における傷害軽減をめざして対策部位を広げるなど、保護性能を高めています。

ホンダ フィットアリアの中古車価格は?

ホンダ フィットアリア エンブレム

フィットアリアの新車価格は、2002年から2009年までの販売期間で
119.8万円~167.0万円(税抜き)となっています。

現在の中古車の本体価格は、年式やグレード、走行距離、修復歴などによって、5~60万円で販売されているようです。

すでに販売終了となっている希少な車にしては、程度が良く手に入りやすい価格となっていますので、ぜひ一度フィットアリアをご覧になってみてはいかがでしょうか。


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ フィットアリアの実燃費

ガソリンスタンド 給油 燃費

フィットアリアのカタログ燃費

燃費については、前述した2種類のi-DSIエンジンや1.5L VTECエンジンと、ホンダマルチマチックS(無段変速AT)の組み合わせによりストレスのないスムーズな走りを可能にしたことで、1.3Aで20.5km/L、1.5Wでは20.0km/Lという高い燃費性能を実現しました(FF車での10・15モード燃費測定による)。
※燃費測定方法は、2011年4月から10・15モード測定法に代わり、JC08モードの燃費値表示が義務付けられています。

2004年には全タイプで国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★)」の認定を取得し、平成22年度燃費基準+5%以上を達成し、高い燃費性能を証明しています。

JC08モードについては以下の記事をご覧ください。

Twitterの燃費口コミ・評価

HONDA USER'S VOICE での燃費口コミ・評価

H16年 FIT アリア(GD6)ついに23万キロ突破です。燃費は変わらず市街で13.5~15.8km/L、高速で18.5~20km/Lです。ガタが来ない造りにホント感心します。THAIに去年いきましたらFIT ARIA(THAIではCity)がINSIGHTみたいなシャープなデザインで走りまわってました。今後でる予定のFITの新しいモデルも楽しみです。

出典:http://www.honda.co.jp/

フィットアリアの実燃費は

カタログに表記されている燃費と実際の走行による実燃費は多様な条件により差があります。
販売終了から年数を経た中古車であればさらに燃費もまた変わってくることでしょう。
ただし、ホンダ フィットアリアに関しては極端に差はでていないようで、現在も燃費の良さには定評があるようです。

ホンダ フィットアリアの口コミ評価

ホンダ フィットアリア 1.3A Lパッケージ 2002年

グーネットでの口コミ・評価

【総合評価】運転しやすいので、女性や初心者にもピッタリな車である。小回りがきくので、街乗りにも買い物にも便利である。
【良い点】燃費がいいので、財布に非常に優しい。
【悪い点】ノビノビとした走りは楽しめない。加速もイマイチである。

出典:http://www.goo-net.com/

ホンダ車購入体験記 での口コミ・評価

タイ生産の輸入車に試乗して一遍で気に入りました。ヨーロッパのコンパクトカーのようで大変いいですね。小回りが利いて、毎日が日曜なので、殆ど毎日近回りを乗っています。燃費も良く、大当たりの買い物でした。

出典:http://www.honda.co.jp/

希少車であるため、よく周りから「あまり見ない車だね~」とよく言われましたが、一度乗せてみると誰もが「なかなか良い車ですね!」と言ってくれました。

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ フィットアリアのカスタム例

トランクスポイラー(ディーラーオプション)

ホンダ フィットアリア トランクスポイラー

ホンダ フィットアリアの魅力とは?

ホンダ フィットアリア 2002年

ホンダ フィットアリアについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
フィットアリアは、兵庫県警の車両や仙台ではタクシーなどの目撃情報がありますが、日常的に出会う機会はそう多くはありません。
そのため偶然目の前に現れたりするとつい関心が向いてしまう、そんなレアな車の一つです。
実用性の高いゆとりの空間と乗りやすさはもちろんのこと、乗る人それぞれの生活シーンにぴったりと寄り添うことで、人の個性を輝かせ、車としての存在価値を高めていく。
そんな奥ゆかしさとたたずまいがホンダ フィットアリアの魅力なのかもしれませんね。

ホンダのコンパクトカー・セダンの一覧はこちら

逆輸入車についての記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社