初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ プリウスの歴史】30系や50系の歴代車種の紹介から実燃費・排気量まで

トヨタ史上最大のヒットを記録している代表車種プリウス。初代から現行モデルまでの歴代車種をモデルごとに徹底解析しています。世界初のハイブリッド車として発売されたプリウスは、その後のモデルチェンジごとに最新技術を搭載し進化を遂げています。燃費やボディなどの説明もしながら、合わせてカタログとは違う実燃費や、排気量まで詳しくご紹介しています。

トヨタの代表車種 プリウスとは?

トヨタ プリウス 2015年型

トヨタ史上最大のヒットとも言えるほどのロングセラーとなっており、トヨタの代表的な車種であるプリウス。
1995年に東京モーターショーにてパワートレインシステムを搭載した低燃費走行志向のプロトタイプを発表し、初代が発売されてから現在に至るまで、4度のモデルチェンジを行っています。
このプロトタイプは当時、世界初のパワートレインシステムで、停止時のエンジン停止やエンジン・駆動系の効率化など、画期的な開発を施し同クラスの約2倍の燃費を実現しています。
プリウスの特徴は世界初のハイブリットシステムです。
ガソリンと電気モーターを搭載し走行中に充電しながら電気でも走ることができます。
コンピューター制御することで効率的な走行をし、低燃費へと繋げることができています。
世界初のハイブリットと環境にやさしいクルマということで世界から注目を浴びた車種です。

ハイブリッド車とは?

初代(1997年~2003年)NHW10系

トヨタ プリウス 初代

では、プリウスの歴代車種を紹介していきます。

初代プリウスは1997年12月、「21世紀に間に合いました」のキャッチコピーの名のもとに世界初のハイブリット車として発売されました。
初代プリウスは小型5ナンバーの4ドア、ノッチバックセダンでした。
乗車定員は5人、燃費は28㎞/lで、当時のガソリン車と比較すると驚異的な数値でした。
ボディはトヨタのアメリカのデザイン拠点である「CALTY」が担当しました。
「未来からきた車」のコンセプト通り、フロントグリルとボンネットをシームレスにすることで従来にないデザイン性を有し、かつ空気抵抗を減らし低燃費へも貢献する形となっています。

2代目(2003年~2011年)NHW20系

トヨタ プリウス 2代目

2代目は5ドアハッチバックモデルに変わり、当時の流行に合わせたカローラのようなミドルクラスへサイズアップしました。
ここから3ナンバーになります。
燃費は更に向上し35.5㎞/lで世界最高の低燃費を実現しています。
ボディは「トライアングル・モノフォルム」と呼ばれるプリウスの特徴のおにぎり型が新鮮で、2003年度にはグッドデザイン大賞を受賞しました。
このプリウスは最新技術がふんだんに搭載されています。
現在の先駆けとも言える、鍵を持っているだけで鍵を開けることができる「キーレスドアオープン」や、バック駐車に今や必須の「インテリジェントパーキングアシスト」も世界初の技術でした。

3ナンバーとは

インテリジェントパーキングアシストとは

3代目(2009年~2015年)ZVW30系

トヨタ プリウス 3代目

3代目プリウスは歴代車史上最大のヒットとなりました。
要因としては最新技術を駆使したために高価な価格設定になった2代目に比べ、3代目は大幅に価格の引き下げをしたことで購入されやすくなったからです。
エコカー減税対策も相まって、納車待ちの事態が起こるほど。
燃費は38㎞/lと更に向上を続け、高速道路では更なる燃費の向上をするべくエンジンや電気モーターの改良に努めています。

4代目(2015年~)ZVW50系

トヨタ プリウス 4代目 2015-

4代目はトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーを採用したことで従来のプリウスに比べ乗り心地の良さが格段にグレードアップしています。
トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーとは乗り降りや運転のしやすさを徹底的に研究し辿り着いたトヨタ独自の設計です。
電池がニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変わり、駆動も4WDを選択できるようになっています。
燃費は37.2㎞/l~40.8㎞/lを実現。
世界初のカラーも開発してカラーバリエーションが豊富な車種にもなりました。
CMにはビートたけしさんや福山雅治さんなどが出演しています。

4代目プリウスの記事

歴代プリウスの実燃費について

燃費 ホンダ フリード

© MOBY

車好き、プリウス好きなら気になる人も多い実燃費。
発表の数値に比べて実際のところ初代から4代目までの燃費の差はどうなのか……
ノーマルモード、標準タイヤにて同じ状況で一般道と高速道路を歴代車種で走ったところ、大きく差をつけて4代目プリウスが圧勝しました。
年々厳しくなっていく燃費基準審査により4代目はノーマルモードがECOモードになっているため、ノーマルモードで走行する他のプリウスの差をつけることができます。
また、次点は意外にも初代で、初代は2代目以降のモデルに比べトールセダンでリヤリーフも高く後部座席にゆとりがあります。
車内のゆとりと燃費の良さを兼ね揃えた初代も注目です。

プリウスの燃費のついてはこちらも参考に

歴代プリウスの排気量について

排気 ガス

初代から2代目プリウスの排気量は1,500㏄で3代目以降は1,800㏄です。
初代でもマイナーチェンジ後の後期モデルではモーターの出力が大幅にアップし、1,500㏄ながら100馬力以上を出しています。
2代目はモーターが初代の1.5倍になり、110馬力以上を実現。
3代目では82馬力のモーターを積んでいるので、130馬力以上相当の出力をします。
4代目では72馬力のフロントモーターに加えリアモーターも積み更なる馬力を出力します。
また、4代目は排気熱を再循環するシステムも採用したことで、これまで廃棄していた排気熱をヒーターなどに再利用することができます。

歴代プリウスの総評

トヨタ プリウス カラーバリエーション 2015年

プリウスの歴代車種はいかがでしたか?
プリウスを通じて、トヨタは常にトップ企業として最先端技術へのチャレンジをし続けていることがわかります。
実燃費もカタログ掲載燃費に劣るとは言え、4代目は検討に値する大台の30㎞/lを記録していました。
今後さらなる進化を遂げるであろうプリウスにこれからも期待したいですね。

プリウス最新情報

その他のプリウスの記事

ライバル車比較記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す