初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型ノアがマイナーチェンジ発売開始で精悍さを強調!燃費や価格と内装&外装も

トヨタ自動車のミニバン「ノア」がマイナーチェンジをして発売を開始しました。2001年の発売以降、ファミリー向けミニバンとして圧倒的な支持を得ているノア。今回のマイナーチェンジによって、どのように生まれ変わったのでしょうか。 本記事では、新型ノアの燃費性能や価格や変更点についてお伝えしていきます。

トヨタのミニバン ノアが2017年にマイナーチェンジ!

トヨタブランドの人気車 ノアとは?

現行型ノア(2016年モデル)

トヨタ ノア Si ハイブリッド 2016年

2017年7月3日にトヨタ ノアがマイナーチェンジをして発売を開始しました。

ノア(NOAH)とは、トヨタ自動車が製造・販売しているミニバンです。
初代モデルは2001年、現行モデルである3代目は2014年に発売されました。
ファミリー向けミニバンとして幅広い世代から支持を集めているノアには、姉妹車としてより若者向けの「ヴォクシー」と、高級感を高めた「エスクァイア」が存在しています。
ノアという車名は英語で優しい語感の人名を表し、特別な意味はありません。
生産・開発はメーカーのグループ企業「トヨタ車体」、日本国内で作られています。
また、日本市場のみでの販売で世界展開はされてはいません。

パワートレインには2.0Lの直列4気筒エンジンの他、1.8Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが用意されており、トランスミッションはガソリン車がCVT、ハイブリッド車には電気式無段変速機が設定されます。
駆動方式は2WDと4WD(ガソリン車のみ)の設定です。

安全装備としては、自動ブレーキや車線逸脱警報、自動制御ハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が設定され(ガソリン車はオプション、ハイブリッド車は標準装備)、予防安全性能評価において最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

公開された新型ノアのCM&スペシャルコンテンツ

トヨタ ノア・ヴォクシー・エスクァイアについての記事はこちら!

兄弟車のヴォクシー/エスクァイアも新型にマイナーチェンジ

ノアの新型へのマイナーチェンジに合わせて、兄弟車の「ヴォクシー」「エスクァイア」も同時期に新型へマイナーチェンジもされました。

「ヴォクシー」「エスクァイア」の新型・マイナーチェンジ最新情報については、以下の記事をご覧ください。

トヨタ新型ノアのマイナーチェンジの変更点は?

トヨタ 新型 ノア Si マイナーチェンジ 2017

今回のマイナーチェンジで変更される点は以下の通りです。
・精悍(せいかん)さを際立たせた外装(エクステリア)に変更
・充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実
・ハイブリッド全車およびガソリン車の一部には蓋付きセンターコンソールボックスを標準装備
・ウインドシールドガラスを全車標準装備
・ノア「X」にスマートロック操作機能の搭載
・スライドドアにシールを追加し遮音性が向上

変更点の詳細からライバル車の比較などを紹介していきます。

トヨタ新型ノアのマイナーチェンジ後の外装(エクステリア)

新型 ノア G ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
新型 ノア G ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク (3)
新型ノア Bi-Beam LEDヘッドランプ (オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ

新型ノアのスペック

全長全幅全高
4,695-4,7101,695-1,7301,825-1,870
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8501,570-1,7307-8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

車幅などに変更は無く、ガソリン車の「G」と「X」重量が10kg増えました。
大きな変更点としてデザインや装備が挙げられます。
今回のマイナーチェンジは兄弟車のヴォクシーやエスクァイアとの違いがわかりやすくなるように、ノアの個性が際立つ変更がされました。

Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用し、先進性と精悍さを追求しました。
また、艶やかで大きな面を感じさせるフロントグリルにより、モダンで精悍な印象を付与します。
リヤコンビネーションランプとバックドアガーニッシュはワイド感を表現する新意匠を採用

エアロ仕様のノア「Si」には、「ハ」の字をテーマにしたスタイルとし、スポーティでアグレッシブなイメージが強化されました。
また、切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した専用の16インチアルミホイールを設定しています。
フォード サンダーバードやシボレー エクスプレス ハイルーフ、キャデラック、ダッチ クライスラーのような米国の輸入車に見られる両側観音開きドアを、ライバル車のステップワゴンがリアゲート採用しているため、ノアへの採用も期待されましたが、変更はありませんでした。

ボディカラーは新規設定色のラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを含む全7色となりました。

トヨタ新型ノアのマイナーチェンジ後の内装(インテリア)

黒を基調としたインテリアデザイン

新型 ノア G (ハイブリッド車) 内装
新型 ノア G (ハイブリッド車) 内装

アクセサリーソケット (DC12V・120W)+充電用USB端子2個

新型ノア ヴォクシー エスクァイア アクセサリーソケット (DC12V・120W)+充電用USB端子2個

インパネ一体型センターコンソールボックス

新型ノア ヴォクシー エスクァイア インパネ一体型センターコンソールボックス

独立型センターコンソールボックス+充電用USB端子2個

新型ノア ヴォクシー エスクァイア 独立型センターコンソールボックス+充電用USB端子2個

助手席シートバックテーブル

新型ノア ヴォクシー エスクァイア 助手席シートバックテーブル

ノア「X」を除き、天井までブラックで統一した室内にピアノブラック塗装をあしらい、質感を向上しました。
ハイブリッド車専用のオプティトロンメーターは丸型リングを採用し、リング幅を細くすることでシャープな印象となっています。
専用内装色として、ノア「G」にはモダンで上質な空間を演出するフロマージュ&ブラウンが設定されました。

助手席シートバックに格納式テーブル(カップホルダー2個付)とインストルメントパネルのセンターロア部に、充電用USB端子2個を全車標準装備。
ハイブリッド全車には蓋付きセンターコンソールボックスを標準装備。
ボックス背面には充電用USB端子2個を備え、後部座席でもスマートフォンやタブレットの充電が可能となりました。

トヨタ新型ノアに搭載されるセーフティセンスC

セーフティセンスC センサー部

セーフティセンスC センサー部

トヨタ セーフティセンス C(Toyota Safety Sense C)は、トヨタの最新技術を盛り込んだ安全装備です。
レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。
レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。
一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識できます。
この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。
※ハイブリッド車、Si、Gに標準装備(他のグレードはメーカーオプション)

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティシステムはレーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせて前方に衝突の危険がある場合に、警告やブレーキアシストと自動ブレーキを行い衝突の回避または軽減を促します。

レーンディパーチャーアラート

前方に搭載された単眼カメラで車線を読み取り、ウィンカーを出さないままでの車線変更をブザーとディスプレイでアラートするシステムです。
主に高速道路などで車線変更をする際に事故を未然に防いでくれます。

オートマチックハイビーム

夜間走行の際に、ハイビームで走り続けると、眩しすぎて対向車の視界を奪ってしまいます。
ですが対向車が来るたびにハイビームとロービームを切り替えるのは面倒です。
そこでこのオートマチックハイビームは単眼カメラ出対向車を感知すると自動的にハイビームとロービームの切り替えを行ってくれます。

先行車発進告知機能

自車が動かず、先行車との距離が4メートル以上離れた場合に知らせてくれる機能です。
停車時によそ見をしていた場合などでも、発進遅れで後ろの車に迷惑をかけるといった事もなくなります。

トヨタ・セーフティーセンスCに関連するおすすめ記事はこちら

トヨタ新型ノアはマイナーチェンジでTNGAを採用されず

TNGAプラットフォーム

トヨタ TNGA プラットフォーム 2015年

新型プリウスやC-HRへの採用で話題となったトヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」。
では、新型ノアにTNGAが採用されるかというと、答えはNOです。
今回はあくまでもマイナーチェンジであり、プラットフォームに変更はありませんでした。

2017年以降のフルモデルチェンジに期待しましょう。

TNGAについての記事はこちら!

トヨタ新型ノアのエンジンパワートレインについての変更点は?

現行型ノアのエンジン

トヨタ ノア 2016年 エンジン

新型ノアにはTNGAの採用は無く、新型エンジンの搭載はありませんでした。
ガソリンモデル、ハイブリッドモデルともに既存エンジンが搭載されます。
また、フロアMTモードが付くなどといったミッションの変更もありません。

新型ノアのエンジンスペック

ガソリン車ハイブリッド車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L1.8L
最高出力112[152]/6,10073[99]/5,200
最大トルク193[19.7]/3,800142[14.5]/4,000
モーター最高出力-63[82]
最大トルク-207[21.1]
トランスミッションCVT電気式無段変速機
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ新型ノアの燃費性能についての変更点は?

ガソリンメーター

新型ノアは新型エンジンの搭載により、約20%向上するとされると予想されていました。
しかし上述の通り新エンジンの追加やエンジンの改良もなく、燃費性能に変更はありません。

新型ノアの燃費性能比較

新型ノア ガソリン車
JC08モード燃費14.0~16.0
実燃費12.0
[単位]km/L
>
新型ノア ハイブリッド車
JC08モード燃費23.8
実燃費16.5
[単位]km/L

【最新情報】トヨタ 新型ノアに車椅子仕様車”タイプⅢ”登場

トヨタ ノア 車椅子特別仕様車タイプⅢ
トヨタ ノア 車椅子特別仕様車タイプⅢ

新型ノアのウェルキャブ(メーカー完成特装車)に、車椅子仕様の”タイプⅢ”が設定されます。
タイプⅢは電動ウェルチェアとワンタッチ固定を組み合わせることで、車椅子を乗降させる際の介助負担を大幅に軽減し、老老介護の世帯が増加する世間での、高齢者の負担軽減を目的としています。

新車販売価格は3,554,000円で、発売日は12月25日です。

トヨタ新型ノアはマイナーチェンジで価格帯が変更

新型ノア本体価格

新型 ノア マイナーチェンジ マイナーチェンジ 2017年
新型ノアのグレード別価格
X(7人乗り / 8人乗り)250万~ / 247万~
G(7人乗り / 8人乗り)279万~ / 276万~
Si(7人乗り / 8人乗り)278万~ / 275万~
HYBRID X(7人乗り)301万~
HYBRID G(7人乗り)314万~
HYBRID Si(7人乗り)327万~
[単位]円(消費税込み)

ベースグレードであるノア「XV Package」と特別仕様車ノア「Si W x B」と「Si Gs」の3グレードが廃止されました。
また、スポーツグレードである「G's」も販売終了となりました。
新型ノアの価格に関しては、現行型と同等か5〜10万円ほど値上げされると予想されています。
マイナーチェンジ前のガソリン車は225万~293万円で、ハイブリッド車は300万~323万円となっており、ガソリン車の価格が大きく変わっています。

トヨタ新型ノアのライバル車種は?

日産 セレナ

日産 セレナ 2016年型

新型ノアのライバルには、同じミニバンである日産「セレナ」が立ちはだかります。
現行型セレナのハイブリッドシステムは本格的なものではなく、ノアとは比較にならないレベルですが、日産では今後「ノートe-POWER」で話題を呼んだレンジエクステンダーEVをセレナに搭載し、「セレナ e-POWER」として発売する計画があるのです。

レンジエクステンダーEVになった「セレナ e-POWER」の燃費性能は、JC08モードで26.7km/Lにもなると予想されているので、新型ノアとも互角以上に戦うことができるでしょう。
また、セレナの強みはe-POWERだけでなく、半自動運転システム「プロパイロット」の搭載にもあるので、セレナは新型ノアにとってかなりの強敵になることが予想されます。

▼新型ノアと現行セレナの比較表

現行ノア現行セレナ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L
最高出力112[152]/6,100110[150]/6,000
最大トルク193[19.7]/3,800200[20.4]/4,400
トランスミッションSuper CVT-iエクストロニックCVT
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ノア(ハイブリッド)現行セレナ(ハイブリッド)
JC08モード燃費23.817.2
実燃費16~1712~13
[単位]km/L

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン モデューロ X 2016年型

ホンダ「ステップワゴン」も新型ノアのライバル車種となります。
現行モデルのステップワゴンにはハイブリッドの設定が無く、他社のミニバンと比較して販売面での苦戦を強いられてきました。
しかし、ホンダでは現在ステップワゴンのビッグマイナーチェンジを計画しており、2017年の10月には発売されると予想されているのです。

ステップワゴンはマイナーチェンジによって、ハイブリッド車がラインナップに追加済、その燃費性能はJC08モードで27.0km/Lになると予想されています。
この燃費性能があれば、ライバルであるノアやセレナとも十分互角の戦いができるでしょう。
また、ステップワゴンにはユーザーから使いやすいと評判の独自装備「わくわくゲート」などもあり、その点においてもライバル車と差別化されて、ハイブリッド車と合わせて人気を呼ぶことは間違いありません。

▼新型ノアと現行ステップワゴンの比較表

新型ノア現行ステップワゴン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L1.5L
最高出力112[152]/6,100110 [150]/5,500
最大トルク193[19.7]/3,800203[20.7]/1,600̶5,000
トランスミッションSuper CVT-iCVT
駆動方式2WD/4WDFF/4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ノア(ハイブリッド)現行ステップワゴン
JC08モード燃費23.817.0
実燃費16~1710~11
[単位]km/L

トヨタ・ヴォクシー/エスクァイア

2014 ノア ヴォクシー エスクァイア

トヨタ・ノア/ヴォクシーはエスクァイアと同じ、トヨタの兄弟車ではありますが、同時にライバル車でもあります。
一番の違いは内外装でしょう。
エスクァイアの大きく取ったフロントグリルとそのグリルを覆う縦基調のメッキがワンランク上の高級感を表現しています。
内装も高級感漂う落ち着いたデザインにまとまっています。
ノアには横基調のグリルが採用されていて、上質感もありながら、親しみやすさも備えています。
内装にはファブリックが使われていて、良質でありながらも、威圧感が抑えられています。

ノアに比べると若年層向けのヴォクシーは、がっしりとしたフロントマスクが精悍な顔つきをしており、鋭い眼光を思わせるヘッドランプが魅力的です。
ヴォクシーにより高級感を加えたのがエスクァイアと言えるのではないでしょうか。

▼トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイア3車比較表

新型ノア新型ヴォクシー新型エスクァイア
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L2.0L
最高出力112[152]/6,100112[152]/6,100112[152]/6,100
最大トルク193[19.7]/3,800193[19.7]/3,800193[19.7]/3,800
トランスミッションSuper CVT-iSuper CVT-iSuper CVT-i
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD2WD/4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ノア(ハイブリッド)新型ヴォクシー(ハイブリッド)新型エスクァイア(ハイブリッド)
JC08モード燃費23.823.823.8
実燃費16~1716~1718~19
[単位]km/L

トヨタ新型ヴォクシー/エスクァイアについての記事はこちら!

トヨタ新型ノアはマイナーチェンジでPHVを搭載されず

プリウスPHV

トヨタ 新型 プリウス PHV

「プリウスPHV」の登場で話題となったトヨタのPHV(プラグインハイブリッド車)ですが、新型ノアへの搭載はありませんでした。

通常、PHVには最低でもハイブリッド車の4倍という容量のバッテリーが必要とされています。
現行型である3代目ノアをPHVにするには、大容量のバッテリーを搭載するスペースを確保する必要があり、そのためには設計の大幅な見直しが必要となるのです。
そのため、今回はマイナーチェンジにとどまる新型ノアではPHVのラインナップはありませんでした。
ラインナップされるのであれば、フルモデルチェンジされた4代目ノアの方が可能性が高いでしょう。

プリウスPHVとプラグインハイブリッドについての記事はこちら!

トヨタ新型ノアのマイナーチェンジで個性を強化!

現行型ノア(2016年モデル)

新型 ノア マイナーチェンジ マイナーチェンジ 2017年

トヨタ「ノア」のマイナーチェンジの最新情報はいかがでしたでしょうか?

新型ノアは現行型と比較して、内外装に大幅なデザイン変更があり、快適性能も向上しています。
新エンジンの追加などはなくマイナーチェンジというよりも、プチフルモデルチェンジと言った方がいいかもしれません。
外装や内装が変わり快適性能も向上し、ヴォクシーとエスクァイアと差別化されて、より魅力的な車となりました。
ノアの購入を検討していた方にとっては今回のマイナーチェンジは良いタイミングと言えるでしょう。

トヨタの新型車や人気ミニバンに関するおすすめ記事はこちら!

ミニバンのおすすめランキング記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK