初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BMW アルピナB7 】車両価格や内装や外装デザインと試乗&加速の評価や実燃費まで

アルピナ B7 ビターボはラグジュアリーセダンのBMW 750iをベースに作られています。アルピナ独自のデザインに加え、新しくチューニングし直したエンジンは0-100km/hをわずか4.2秒で到達する走行性能を実現させています。アルピナ B7の価格や試乗評価と内装、外装デザインも含め紹介します。

アルピナ B7 ビターボとは

BMW アルピナ B7 ビターボ

アルピナB7 ビターボはラグジュアリーセダンである、BMW 7シリーズをベースに作られてます。
アルピナの伝統の外装や内装デザインを引き継ぎ、エンジンスペックもパワーアップさせたラグジュアリーセダンの中でもひときわ特別な一台となっています。
また、2012年7月BMW 7シリーズの仕様変更があったので、アルピナ B7 ビターボにも新しいエクステリアデデザインが取り入れられました。
また、BMW7シリーズのV12エンジン搭載モデルと競合するモデルとしても注目を集めています。

アルピナ B7 歴代車を紹介

BMW アルピナ B7 ビターボ

BMW7シリーズの5代目モデルをベースに、4.4LのV8ツインターボエンジンを搭載しているスーパーリムジンです。
ベースとなった7シリーズにはない4WD仕様車もラインナップされています。
ロングボディーで全長5.3m、車重は2.1tを超えているのにも関わらず、0-100km/hの到達時間はわずか4.2秒とスポーツタイプと並ぶ高トルク、高出力を実現しており、最高速度は330km/hと並外れたパワーを持っています。

アルピナ B7 スーパーチャージ

BMW7シリーズのV8エンジンをベースに採用しながら独自の技術でスーパーチャージャーを組み込み、4.4リッターの排気量から最高出力500ps、最大トルク71.4kgf・mという高い走行性能はBMW 760iのV12を上回る性能を発揮しています。
また、足回りには、20本のスポークがのびる21インチの「アルピナ・クラシック・ホイール」や前後のスポイラーがアルピナらしさを表現しています。

アルピナ B7 ビターボの外装(エクステリア)デザイン

BMW アルピナ B7 ビターボ

コンフォートモードで走っている時でも十分パワフルな走りを実現してくれますが、スポーツモードでスポーツカーらしく低速ギアから一気に加速しても、ラグジュアリー感はそのままにエレガントカーとしてドライバーを包み込み、荒々しさを感じさせません。
アルピナモデルの外観を特徴づけるアルピナの1970~80年代から親しまれているデコセットの流れる水平ラインが躍動感を表現し、アルピナB7 ビターボの圧倒的な速さやラグジュアリースポーツカーの走りを最大限に引き出す外装となっています。
ちなみにデコセットにはシルバーとゴールドの2色の設定があります。
また、テール・エンドがリヤ・エプロンに収納されているので全体的にすっきりとしていて、力強い印象のデザインとなっています。

アルピナの伝統の足回り

BMW アルピナ B7 ビターボ

足回りのホイールに中心にアルピナのマークが埋め込まれており、20本のスポークがのびている、アルピナ製20インチホイール「アルピナクラシック」が標準装備で備わっています。
オプションで軽量鍛成アルミニウム製の21インチ「アルピナ・クラシック・ホイール」に変更することもできます。

アルピナ B7 ビターボの内装(インテリア)デザイン

BMW アルピナ B7 ビターボ

アルピナB7 ビターボの特徴の一つとして、ラグジュアリー感溢れるインテリアデザインがあります。
伝統的な外装に包まれたボディの中身は現代的な明るさが際立ちアルピナのプロダクション・プレートが存在感を見せつけます。
ナッパ・レザーを使用したコンフォート・シートや、革張りのソフト・クローズ・ドアといった高級品が標準装備で備わっています。
また、アルピナの伝統的なLAVALINAレザーがシートには使われており、後部座席は広く快適性に優れています。

インストルメント・パネルでは、2つのモードにより違う表情を見せてくれます。
コンフォートモードの時はブルー・パネルに赤い指針を使い、スポーツ・モードでは黒いパネルにグリーンの帯状で表示され、斬新なデザインになっています。

アルピナ B7 ビターボの実燃費

燃費 ガソリンスタンド

©iStockphoto.com/CasarsaGuru

アルピナ B7ビターボのカタログ表記では燃費がJC08モード7.9km/Lと元のBMW7シリーズのJC08モード8.7km/Lよりは少し悪くなっている印象を受けます。
MOBY編集部調べにより口コミをみていっても、カタログ表記より良かったり悪かったり、ドライバーによって燃費は様々でした。

燃費の関する記事はこちら

アルピナ B7 ビターボのスペック

BMW アルピナ
全長全幅全高
5,2501,9001,505
ホイールベース車両重量乗車定員
3,2102,1305
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

アルピナ B7 ビターボのパワートレインスペック

エンジン種類V型8気筒DOHC
排気量4,394
最高出力447[608]/5,750-6,250
最大トルク800/3,000-5,000
トランスミッション8速スポーツAT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

BMW 750iとアルピナ B7 ビターボの違い

BMW 7 シリーズ 2015年式

2015年にBMW 750iはフルモデルチェンジを果たし、エレガントでかつハイスペックなラインとして位置づけられています。
しかし、アルピナは伝統のデザインや現代に誇るスペックを融合することでより完璧なBMWのラグジュアリースポーツカーを世に送り出します。

BMW 7 シリーズについて詳しい記事はこちら

BMW 750i とは

BMW 7 シリーズ

第五世代 BMW 7シリーズはメルセデスベンツSクラスに対抗すべく、ラグジュアリーかつハイスペックセダンとして売り出されました。
BMW750iは7シリーズの中でもエンジンがハイスペックモデルで、4.4LツインターボV8エンジンを搭載しています。

BMW 750iのフロント部分

BMW 750i シリーズ

BMW 7シリーズはラグジュアリーかつハイスペックラインとして販売されています。
外装デザインはエレガンスでハイクオリティーさが伺え、ラグジュアリーセダンのあるべき姿を映し出しています。
フロントの顔部分である、キドニーグリルはエンジンの冷却で空気を取り入れる必要のない時、クローム仕上げのグリルが自動でグリルを閉じ、縦の線が特徴的なデザインで存在感を放っています。

BMW 750iのリヤ部分

BMW 750i

BMWの特徴的なデザインの一つであるL字型テールランプがワイドな印象を与えます。

快適なドライブを演出してくれる音響

BMW 750i

内装デザインは全体的にラグジュアリーモダンで統一されています。
リヤ・シートのボディには傾きを加え広々とした空間を提供し、シートにマッサージ機能を装備したことでドライブの時間をより快適なに過ごすことができます。
また、デジタル・アンプ3つとダイヤモンド・ツイーターを含む計16個のスピーカーがより忠実にオリジナルの音源を再現しており、ドライブをするのがもっと楽しくなります。

BMW 750iとアルピナ B7 ビターボのスペック比較

BMW 750iAlpina B7 Biturbo
全長5,1105,250
全幅1,9001,900
全高1,4801,505
ホイールベース3,0703,210
車両重量2,0602,130
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
BMW 750iAlpina B7 Biturbo
エンジン種類4.4LV型8気筒DOHC4.4LV型8気筒DOHC
排気量4,3944,394
最高出力330[450]/5,500-6,000447[608]/5,750-6,250
最大トルク650[66.3]/1,800-4,500800/3,000-5,000
トランスミッション8速AT8速スポーツAT
駆動方式FRFR
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アルピナB7 ビターボ、BMW750iどちらにも搭載されている、4.4L V8ツインターボエンジンは両車とも排気量は変わらずそのままですが、アルピナB7 ビターボの方が大幅に最高出力や最大トルクはにパワーアップしています。

アルピナ B7 ビターボ 新車車両価格

価格 お金 費用 税金 維持費
BMW アルピナ B7 ビターボ
新車車両価格2,395万
[単位]円(消費税込み)

BMW7シリーズの新車車両価格は1,197万円〜と作り変えられているぶん価格は2倍近くになっています。

アルピナ B7 ビターボの試乗評価

評価

©Shutterstock.com/ Sofi photo

アルピナ自体が年間に限られた数しか生産していないので、アルピナB7 ビターボの試乗評価はほとんど見当たりません。
スポーツモードにしてコーナーを曲がっても横に振られることなく、ラグジュアリー感漂う快適な車内空間はそのまま保ちながら、安定した、スポーツカーのような走りを見せてくれます。

ラグジュアリーセダンのトップ

BMW アルピナ B7 ビターボ

アルピナ B7 ビターボの概要はいかがでしたか?
ベースであるラグジュアリーセダンのBMW 7シリーズを受け継ぎながら、アルピナ独自の技術により、ハイスペックな走行性能を実現してくれます。
しかし、アルピナは限られた数しか生産されないため最高のスポーツカータイプのラグジュアリーセダンを運転できるのは貴重な体験ですね。
伝統と現代の技術が融合した魅力に溢れたアルピナB7に乗ってみたいです。

BMW アルピナに関する記事はこちら

BMWに関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す