初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタのディーゼル車を買うなら中古車かランドクルーザープラド?現行&歴代車種一覧

近年、ガソリン車やハイブリッド車だけでなく、その名の通り軽油を燃料とするディーゼル車やさらに環境に優しくなったクリーンディーゼル車などが普及してきました。本記事では、トヨタのディーゼル現行車や中古で購入できるディーゼルエンジン搭載モデルのあった車種を紹介いたします。

ディーゼル車とは? 特徴は?

ディーゼルエンジン

「Diesel(ディーゼル)」は英語で「軽油」を示す単語です。
ディーゼル車とは、簡単に説明すると「軽油が燃料のエンジンの車」となります。
ハイブリッド車に続き、軽油を燃料とするディーゼル車の環境性能は近年大きく向上しており、エンジンは日々進化を続けています。

ディーゼルエンジンの主な特徴として、ガソリン車に比べてパワフルながらも穏やかな動きを実現しています。
大排気量のエンジンも作りやすく低回転でも大きな力を得られるため、主に大型トラックやスポーティーな車種に用いられています。

ディーゼル車はお得?

現時点でディーゼル車は燃費の良さを売りとしていますが、車種によってはガソリンモデルと比べると車両価格が高くなります。
自動車税やエンジンオイルなどの要素を考慮すると、維持費がガソリン車より安いとは言い切れません。

同一車種にディーゼルエンジンとガソリンエンジンの両方のモデルがあれば、以下の内容を計算することでどちらがお得かわかります。
(年間走行距離÷燃費×燃料単価)+(エンジンオイル・フィルター交換費用×回数)=年間維持費

■ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの比較についての記事はこちら

トヨタ ディーゼル車の現行車種および既存車種を一覧でご紹介!

2016年型 ランドクルーザープラド

2016 ランドクルーザープラド

トヨタは近年、ハイブリッド車の生産・販売に力を入れている一方、ディーゼル車も多数輩出しています。
現在、トヨタが扱うディーゼルエンジン搭載の現行車はランドクルーザープラド(新型)、レジアスエース、ハイエースバン、ハイエースコミューター、プロボックスバン、サクシードバンなどがあります。
現行モデルの旧型を含めるとカローラバン、ハイラックス、ハイラックスサーフ(旧型あり)、ガイア、レジアスエース、カローラフィルダー、カローラ、ランクル70・100、ランクルプラド(旧型)、ライトエースバン、タウンエースバンなどが挙げられます。

その中でもランドクルーザーシリーズはトヨタが世界に誇るフルサイズSUVとして、トヨタディーゼル車の代表格と言えます。

ここからはトヨタのディーゼル現行車とディーゼルエンジン搭載モデルのあった歴代車種を紹介していきます。

トヨタの現行ディーゼル車「ハイエース&レジアスエース」

トヨタ ハイエースバン 2013年

ハイエースは標準ボディからロングバン、スーパーロングバンタイプまで、全長・幅・高さで選べる4種類を展開しています。
さらに、内装のシート配列やフロア形状、スライドドアのタイプなども細かく選ぶことができます。
1tキャブバン最大クラスの荷室スペースは使い勝手が良く、考え抜かれた多機能ハイエースバンになっており、これ一台でアウトドアスポーツやクルマ旅行、家族でのレジャーなど、毎日の可能性が大きく広がります。

レジアスエースはハイエースの姉妹車であり、キャブオーバー型のバンで主に商用車として使われることが多いです。
こちらもハイエースと同じくボディーや内装は選ぶことができ、かさばるアウトドア用品やサーフボードがそのまま積み込める圧倒的な積載性を兼ね備えています。

ハイエース、レジアスエースの違い

外装(エクステリア)はエンブレム以外の差はこれといってありません。

販売チャネルにも違いがあり、トヨタにはトヨタ系、トヨペット系、カローラ系列、ネッツ系列とありますが、「ハイエース」はトヨペット系から、「レジアスエース」はネッツ系列となっています。

さらにレジアスエースは4ナンバーのバンのみとなっていますが、ハイエースは普通自動車免許では運転の出来ない14人乗りの「コミューター」と普通自動免許で運転できる10人乗りの「ワゴン」に分かれています。

レジアスエース現行型のスペック

全長全幅全高
4,6951,6951,980
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5701,6403/6
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
3000ディーゼル2000ガソリン2700ガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量3L2L2.7L
最高出力106(144)/3,400100(136)/5,600118(160)5,200
最大トルク300(30.6)/1,200~3,200182(18.6)/4,000243(24.8)/4,000
トランスミッション4AT6AT6AT
駆働方式FR/4WDFRFR/4WD
使用燃料軽油ガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
トヨタ レジアスエース 新車価格
DXシリーズ220万~317万
DX/GLパッケージシリーズ230万~327万
[単位]円(消費税込み)

ハイエース、レジアスエース関連記事はこちらから

トヨタの現行ディーゼル車「ハイエースコミューター」

乗車定員14名の上質な室内空間のコミューターGL、室内幅をゆったりとったコミューターDXの2つのタイプ展開です。
ハイエースコミューターは、14席すべてに3点シートベルトを装備、リクライニング機能や個別吹き出し付リヤクーラーもそれぞれの座席についているため、長時間の移動も快適な作りになっています。
また、ボディは全タイプがハイルーフ仕様で、最後列でも少ないかがみ込みでラクに乗り降りができます。

全長全幅全高
5,3801,8802,285
ホイールベース車両重量乗車定員
3,1102,19014
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
3000ディーゼル2700ガソリン2700ガソリン
エンジン種類水冷直列4気筒直噴式DOHCターボ水冷直列4気筒直噴式DOHCターボ水冷直列4気筒DOHC
排気量3L2.7L2.7L
最高出力106(144)/3,400118(160)/5,200118(160)/5,200
最大トルク300(30.6)/1,200~3,200243(24.8)/4,000243(24.8)/4,000
トランスミッション4A/T6A/T6A/T
駆働方式2WD2WD4WD
使用燃料軽油ガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
トヨタ ハイエースコミューター 新車価格
DX(3000ディーゼル)344万
DX(2700ガソリン)303万
DX(2700ガソリン)334万
[単位]円(消費税込み)

ハイエースバンの関連記事はこちら!

トヨタの現行ディーゼル車「プロボックス&サクシード」

トヨタ プロボックス 外装

1日のほとんどを車内で過ごすビジネスマン向けに開発されたのが、プロボックスバンです。
1Lの紙パックが収まるドリンクホルダー、ノートパソコンが楽に置ける引き出し式のインパネテーブル、ほぼフラットまでリクライニングするフロントシートや、荷物を高く持ち上げる必要がない低くフラットな床面とスクエアな荷室など、使いやすさに徹底的にこだわった内装で作業の効率アップをサポートします。
また、低燃費でランニングコストを抑えると共に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備をするなど、安全性も上がりました。

姉妹車となるサクシードは、プロボックスの2014年のビッグマイナーチェンジによって車体が統合されていますが、サクシードとは機能差やスペックなど細かい部分に違いがあります。
全長はサクシードの方が10.5cm長く、最大積載量もプロボックスよりも50kg多い450kgとなります。
さらにサクシードには1.3Lガソリンエンジン、1.5LCNGエンジン及びワゴンMT車の設定がありません。

プロボックスサクシード
全長4,2454,245
全幅1,6901,690
全高1,5251,525
ホイールベース2,5502,550
車両重量1,0901,090
乗車定員2/52/5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ディーゼルガソリンガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1,362cc1.496cc1.496cc
最高出力53(72)/4,00080(109)/6,00076(103)/6,000
最大トルク170(17.3)/2,800136(13.9)/4,800132(13.5)/4,400
トランスミッション5MTSuper CVT(自動無段変速機)Super CVT-(自動無段変速機)
駆動方式FF/2WD
2WD4WD
使用燃料軽油ガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新車価格プロボックスエクシード
おすすめグレード / 価格F / 170万TX / 170万
4WD高級グレード / 価格DXコンフォート / 175万UL / 175万

サクシード、プロボックスの関する記事はこちら

トヨタの現行ディーゼル車「ランドクルーザープラド」

トヨタランクルプラド2009 “150 PRADO”SERIES

ランドクルーザープラド(ランクルプラド)はオフロードSUVであるランドクルーザーシリーズの一つであり、トヨタのディーゼル車の代表格と言えます。

2016年8月に発売された、旧モデルから8年ぶりの復活と称えられているランドクルーザープラドはランドクルーザー70系の派生車種となっています。
新しく、新開発のクリーンディーゼルエンジンを搭載し、4.0Lクラスのガソリンエンジンを上回るほどのパワフルさに加えて、世界でも厳しいと評される日本の排出ガス基準もクリアしました。
また、広々とした空間はレジャーだけでなく家族のための車としても実用性と快適性を感じさせてくれます。

全長全幅全高
4,7601,8851,850
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7902,1605
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
TX(5人乗り)TX(7人乗り)TX(5人乗り)
車両重量2,160kg2,080kg2,040kg
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.754cc2.693cc2.693
最高出力130(177)/3,400120(163)/5,200120(163)/5,200
最大トルク450(45.9)/1,600~2,400246(25.1)/3,900246(25.1)/3,900
トランスミッション6 Super ECT
6 Super ECT6 Super ECT
駆動方式4WD4WD4WD
使用燃料軽油ガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ランドクルーザー、ランドクルーザープラドについての関連記事はこちら!

トヨタの歴代ディーゼル車「タウンエースバン&ライトエースバン」

トヨタ タウンエース ライトエース

広い荷室とキャビンのスペース両方が確保され、荷物の積み降ろしもスムーズに済ませることができる普段使いに抜群のワンボックスカーです。
タウンエースは販売元がカローラ、ライトエースがネッツという違いのみで、見た目やスペックは全く同じ兄弟車となっています。

タウンエースライトエース
全長(mm)4,0454,045
全高(mm)1,9001,900
全幅(mm)1,6651,665
積載量(kg)750750
エンジン3SZ-VEエンジン3SZ-VEエンジン
金額(円)156万156万

ライトエースに関する記事は下記をご覧ください

トヨタの歴代ディーゼル車「ハイラックス&ハイラックスサーフ」

トヨタ ハイラックスサーフ 4ランナー 外装

ハイラックスはピックアップトラック型の乗用車並の豪華さを兼ね備えている車種であり、1968年から2004年までの6代目までピックアップトラック型を継続し続けました。
その後発売されたハイラックスサーフはハイラックスをベースとして製造され、基本部品をはじめ、サスペンションやエンジン、ドライブトレーンなどを進化させた作りになっています。

ハイラックス、ハイラックスサーフについての関連記事はこちら

トヨタの歴代ディーゼル車「カローラ&カローラフィールダー」

トヨタ カローラフィールダー 2012年

カローラはクラウンやランドクルーザー、およびプリウスと並ぶトヨタの代表的な車種であり、その時代ごとの基準に合わせて設計を行い、多くの派生モデルの開発や販売を行ってきました。
基本型のセダンに加え、多くの派生車を1969年から2001年までの33年間、長期に渡って車名別日本国内販売台数第1位を維持。
その後、安全装置「TOYOTA Safety Sense C」を搭載したスポーティーラインのセダンハイブリッド、カローラフィールダーが発売されました。

カローラ、カローラフィールダーの関連記事はこちら

トヨタの歴代ディーゼル車「ランドクルーザー70&ランドクルーザー100」

トヨタランドクルーザー70が愛される4つの理由01

ランドクルーザー70は40系後継モデルとして発売され、オフロードが多い国外向けに一際火力の大きい種類も製造されており、業務用から乗用車としても使えるよう、前型に比べてスタイルが一新されていることが70の特徴です。
ランドクルーザー80の後継モデルである100系は、高級SUV思考でありながら乗用車感覚も追及するため、ボディサイズをあえて大型化して広い室内空間の確保と走行時の高速安定性を追求したモデルです。

ランドクルーザーシリーズとしてのイメージは基本的に大型で業務用やオフローダー、というイメージがありますが、モデルチェンジによって乗用車としての使い勝手や快適さを考慮し、年々進化しているシリーズです。

ランクル70ランクル100
新車価格(円)360万403万~569万
ボディタイプクロカン・SUVクロカン・SUV
全長(mm)4,4555,125
全幅(mm)1,7901,940
全高(mm)1,9501,890
排気量(cc)2,446~4,1634,163~4,663
最高出力115~231196~235
駆動方式4WD4WD
乗車定員(人)55 / 8
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ランドクルーザー、ランドクルーザープラドに関する記事はこちら!

トヨタの歴代ディーゼル車「ガイア」

トヨタのガイアは初代イプサムの兄弟車として販売されたミニバンであり、全長・全高が大きくなったことにより内外装共に安定感が増しましましたが、扱いやすさはそのままに、ガイアの持ち味である落ち着いた大人らしい高級感も併せ持っています。

トヨタ ガイアのスペック

ディーゼルガソリン
エンジン種類直列4気筒OHCターボ直列4気筒OHCターボ
排気量2,184cc2,184cc
最高出力69(94)/4,000112(152)/4,000
最大トルク206(21.0)/2,200200(20.4)/4,000
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ ガイアについての詳しい記事は下記から!

トヨタ ディーゼル車は使用用途やグレードが選びのポイント

2016 ランドクルーザープラド

トヨタのディーゼル現行車や歴代車について紹介してきましたが、いかがでしたか。
ランドクルーザープラドは世界的に有名ですが、人気の車が自分に合っているとは限りません。
どの車種も機能だけでなく外装や内装にも違いがあり、アウトドアや旅行、ビジネスで使用するのかなどの用途によって選ぶ車種やグレードが変わります。

ランクルプラドシリーズの場合、主にTX、TX’’Lパッケージ’’、TZ-Gと三段階ありますが、一番下のグレードであるTXでも7人乗りではなく5人乗りというところを除けば、基本的な性能は十分にあります。

フルサイズSUVに属しているものは、特に車体の横幅が広く設定されているため、駐車場や車庫に気を付けなければないなど、車体の大きさや燃費なども考慮するポイントです。
中古車も良い状態の車体があるので予算によっては中古での購入も選択肢に入れ、自分に最適な車を選びましょう。

中古車選びのポイントについてはこちら

ディーゼル車、ガソリンエンジンとの比較についての記事はこちら

ディーゼル車を紹介している記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK