初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型ピクシスエポック】燃費が悪化?フルモデルチェンジ後の価格や旧型との違いまで

トヨタは2017年5月12日に、兄弟車ミライース、プレオプラスの新型発表から3日遅れて、新型ピクシスエポックを発表、発売しました。ダイハツからのOEM車となり、今回で2代目となりました。本項では価格、スペックなど先代との違いを詳しく解説します。

ピクシスエポックとはどのような車なのか?

トヨタ ピクシスエポック 2代目

トヨタ・ピクシスエポック 2代目

トヨタの軽自動車にはすべて「ピクシス」の名が与えられます。
基本的に子会社のダイハツが開発、発売している軽自動車のOEMとなりますが、ピクシスエポックはミライースがベース車となっています。
また、兄弟車は他にもあり、同じくダイハツからOEM供給されたスバルの「プレオプラス」になります。
新型ピクシスエポックと初代との違い、また兄弟車との違いなども見ていきましょう。

スバル新型プレオプラスの最新情報についてはこちら

トヨタ ピクシスエポック初代のデビュー

トヨタ ピクシスエポック 初代

ピクシスエポック

初代のピクシスエポックは2012年に登場しました。
トヨタが発売する軽自動車としては、ダイハツのムーブコンテがベースとなった「ピクシススペース」に次ぐ第2弾となるものでした。
基本的にはミライースとほぼ同じ仕様、価格、グレード展開です。
もともとトヨタの販売戦略では、軽自動車と一部のコンパクトカーはダイハツが設計、製造することになっているからです。
特に燃費性能は良く、途中の一部改良からはカタログ値35.2km/hを出しています。
この辺りがモデルチェンジでどう変わったのかが気になるところです。

ダイハツ新型ミライースの最新情報についてはこちら

トヨタ新型ピクシスエポックの価格は?

価格 お金 現金 費用 税金 維持費

まずはモデルチェンジ後の2代目の価格です。
B、L、X、Gの4タイプのグレード展開で、最安値は85万円を切っています。
ただし、先代では最廉価のグレードでは76万円台から購入可能できましたので、少々高くなった印象はあります。

グレードと価格
B/B“SA Ⅲ”842,400~1,036,800円
L/L“SA Ⅲ”874,800~1,069,200円
X“SA Ⅲ”1,080,000~1,209,600円
G“SA Ⅲ”1,209,600~1,339,200円
[単位]円(消費税込み)

新型ピクシスエポックの燃費は悪くなったのか?

ガソリンスタンド 給油 燃費

カタログ上では燃費数値に変化ありません。
モデルチェンジ前の予想では燃費は向上するものとされていました。
ダイハツは、カタログ数値では変化はないが、車体の軽量化などにより実燃費は向上したと発表しています。

2代目初代
JC08モード燃費34.2~35.2km/L32.2~35.2㎞/L
実燃費-20~27km/L
[単位]km/L

新型ピクシスエポックの初代との違い

トヨタ ピクシス エポック

トヨタ ピクシス エポック 初代

パワートレインに関しても基本的に違いはありません。

2代目初代
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量0.6L0.6L
最高出力36[49]/680036[49]/6800
最大トルク57[5.8]/520057[5.8]/5200
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ ピクシスエポック 2代目 内装

トヨタ・ピクシスエポック 2代目 内装

燃費やエンジン性能以外の部分での内容充実が主に図られているようです。
例えば、アクセルの踏み込みに対する反応を向上させたことで、発進や追い越しがよりスムーズになり、ストレスのない走行ができるようなりました。
室内空間では圧迫感を改善して、後部座席までしっかり乗れるスペースを確保しているとのことです。
また、歩行者も検知可能な衝突回避支援システム「スマートアシスト3」搭載しています。
特筆すべきは、この安全性能の向上ではないでしょうか。

トヨタ ピクシスエポック 2代目 インパネ・内装

トヨタ・ピクシスエポック 2代目 インパネ・内装

スマートアシスト3の機能とは

スマートアシストⅢもダイハツ・スバルの兄弟車とも共通する部分ではありますが、以下のような機能があります。
最新の安全技術を搭載しているので、安心ではないでしょうか。

・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

ダイハツ スマートアシスト3

ダイハツ スマートアシスト3

トヨタ新型ピクシスエポックは買いか?

トヨタ ピクシスエポック 2代目

トヨタ・ピクシスエポック 2代目

最後に気になるのはこれだけ兄弟車がありながら、ピクシスエポックで良いの?と思うかもしれません。
初代と同様のダイハツのOEM車ですから、ミライース、プレオプラスと基本的な違いはありません。
カラーやグレードの設定もほとんど同じなので、あとはディーラーとのお付き合いや、サービス、実際の支払い価格などの個別の条件で決めても良いのかもしれません。
またどのブランドかとで買うか、という選択が一番なのかもしれませんね。
トヨタファンであれば間違いなくピクシスエポックの1択ではないでしょうか。

トヨタ ピクシス エポックに関連するおすすめ記事はこちら

トヨタの新型軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す