初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【タオルNG】北海道のおすすめ混浴温泉10選|秘湯や露天風呂など

北海道は観光地として大変人気ですが、混浴露天風呂や秘湯の数も非常に多く北海道全体に点在しています。また、まとまった地域に野天湯があるため、日帰りでいくつもの温泉が楽しめることも特徴です。自然にできた秘湯からきれいに手入れされた露天風呂までおすすめの混浴温泉をご紹介していきたいと思います。

北海道の温泉の歴史

北海道といえば、登別や定山渓、湯の川、洞爺湖と有名な温泉地が数多くあります。特に登別温泉の歴史は古く、大昔には薬湯としてアイヌの人々に愛されていました。その証拠に登別とはアイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)が語源だとされています。
今回は、そんな温泉大国である北海道のおすすめ混浴、秘湯、露天風呂をご紹介していきたいと思います。

入る前に 混浴でのマナーは?

基本的には通常の温泉に入るときのマナーと同じです。入る前には必ず掛け湯をする。タオルは湯船にはつけない。潜ったり泳いだり他人に迷惑となる行為をしないといったことです。
混浴温泉としては、あまりじろじろと他人を見過ぎない。カップルや夫婦で一緒に入っても度を過ぎていちゃいちゃしない。また、秘湯などは美しい自然の中にあるため、写真を撮りたくなりますが当然ながら温泉ではNG行為です。
近年、混浴温泉はどんどん減っていっています。その要因の一つとして客のマナーの悪さが挙げられます。みなさんの協力で成り立っていることを忘れないようにしましょう。

北海道のおすすめ混浴温泉No.1 川湯温泉 湯の閣 池田屋


川湯温泉で最も広い混浴露天風呂を誇るこちらは源泉かけ流し100%で木々に囲まれた景色を楽しめます。源泉ならではの硫黄の匂いと静寂な中に響き渡る鳥の鳴き声を聴きながら浸かる温泉は日々の疲れを癒してくれます。12~4月の冬季は閉鎖期間になっており、5~10時は女性専用時間となりますのでご注意ください。バスタオルや水着は禁止となっています。


住所:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目
TEL:015-483-2011
アクセス:国道391号線から道道摩周湖・屈斜路湖畔線
料金:大人1,200円、子ども(小学生)600円
公式HP:http://www.ikeda8.jp/index.html

北海道のおすすめ混浴温泉No.2 然別峡温泉 テムジンの湯

然別峡(しかりべつきょう)温泉は大雪山国立公園内にあり、多くの名湯、秘湯が点在していることで有名です。テムジンの湯はユトオルクシュナイ川とユウヤンベツ川の合流地点にある秘湯になります。大自然の中にあり聞こえてくるのは川の流れる音だけで日常を忘れて温泉を楽しむことができます。

住所:北海道河東郡鹿追町北瓜幕
TEL:0156-66-4034(鹿追町観光協会)
アクセス:道道1088号線から然別峡野営場を右折
料金:無料
公式HP:なし

北海道のおすすめ混浴温泉No.3 然別峡温泉 鹿の湯

こちらはNo.2でご紹介したテムジンの湯に行く途中の然別峡野営場にある露天風呂になります。野天湯ではありますが、こちらはしっかり管理されておりきれいで、駐車場も完備されているので比較的入りやすいと思います。キャンプ場も大人250円、子ども150円で利用できるのでアウトドア好きの方々にも愛されている温泉になります。ただし7月1日~9月31日までの夏季限定となっていますのでご注意ください。テムジンの湯とこちらで秘湯巡りもおすすめです。バスタオルでの入浴は可能となっています。

住所:北海道河東郡鹿追町北瓜幕
TEL:0156-66-4034(鹿追町観光協会)
アクセス:国道274号線で鹿追町経由、道道1088号線でシカリベツ川沿を北上
料金:無料
公式HP:http://www.shikaoi.net/detail/42

北海道のおすすめ混浴温泉No.4 岩尾別温泉 三段の湯・滝見の湯


こちらはホテル地の涯さんが管理されている無料の混浴露天風呂になります。三段の湯は山の斜面にできた自然の浴槽が三段になっており、滑らかな肌触りの温泉が楽しめます。滝見の湯は三段の湯から50mほど離れた場所にあり、落差5mの滝を目の前に楽しめる温泉になっています。三段の湯は夏季限定になっており、どちらも岩尾別から岩尾別温泉区間は冬季通行止めとなりますのでご注意ください。

住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村岩尾別
TEL:050-2017-8989
アクセス:斜里バイパスから国道334号線約42km約45分さらに国道号線目標物:知床自然センター
料金:無料
公式HP:http://iwaobetu.com/spa/

北海道のおすすめ混浴温泉No.5 瀬石温泉 セセキ温泉

こちらは明治32年に発見され、満潮時には海に浸かってしまう幻の秘湯です。ドラマ『北の国から2002遺言』のロケ地にもなりました。7月初旬から9月下旬ごろまでの干潮時にしか入浴できません。まるで海の中に入っているような感覚になる温泉からは美しい朝日を拝むこともできます。入浴の際には必ず瀬石番屋の管理人の方に一言断りを入れてください。

住所:北海道目梨郡 羅臼町瀬石
TEL:(夏季)0153-89-2654 (夏季以外)0153-88-2384
アクセス:羅臼町市街地から道道87号線を相泊方面へ約20分(23km)
料金:無料(募金箱あり)
公式HP:http://www.seseki-onsen.com/

北海道のおすすめ混浴温泉No.6 ニセコ黄金温泉 黄金温泉


ニセコといえばスキー場が有名ですが、こちらの温泉は農家の方が手作りで作られた源泉かけ流し100%の温泉で、混浴露天風呂のほか、五右衛門風呂や寝湯も楽しむことができます。天気が良ければ露天風呂から羊蹄山を眺めることもできます。11月~4月の冬季は入浴できません。また、タオルでの入浴は厳禁です。こちらのご主人の手打ちそばも絶品で人気です。

住所:北海道磯谷郡蘭越町黄金258-1
TEL:0136-58-2654
アクセス:北海道旅客鉄道函館本線昆布駅から約3.2km
料金:400円
公式HP:なし

北海道のおすすめ混浴温泉No.7 屈斜路湖畔 オヤコツ地獄温泉

こちらは屈斜路湖畔の和琴半島の先端にある秘湯です。地獄と名前が付いている通り、行く途中には数多くの噴気孔があり、熱気が出ているのでお気をつけください。また、崖も下っていくので歩きやすい格好や靴をおすすめします。
目の前には湖が広がり、お湯が熱い場合は湖の水で調整をするなど秘湯の中の秘湯といえます。

住所:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路
TEL:015-482-2191 (弟子屈町役場)
アクセス: 国道243号と町道、弟子屈町の市街地から車で約20分
料金:無料
公式HP:なし

北海道のおすすめ混浴温泉No.8 芽登温泉 芽登温泉ホテル


こちらでは野生のシマフクロウやキタキツネ、エゾシカなど貴重な動物が生息している大自然に囲まれた温泉になります。平成27年に新設された巨岩の湯が混浴露天風呂となっています。こちらからはエゾシカの群れが湯飲みに来るのを見られるそうです。混浴は13:20~20:00で湯浴着を300円でレンタルする必要があります。

住所:北海道足寄郡 足寄町芽登2979
TEL:0156-26-2119
アクセス:国道241号線、道道88号線 約67km1時間30分
料金:大人520円、子ども250円、乳児150円
公式HP:http://metouonsen.jp/

北海道のおすすめ混浴温泉No.9 北湯沢温泉 御宿かわせみ


歴史を感じるレトロな建物が迎えてくれるこちらの温泉では、長流川に手が届くほどの混浴露天風呂と大自然で取れたおいしいお料理をいただくことができます。春には桜を眺めながらお湯に浸かることができます。19:00~20:00は女性専用となっているのでご注意ください。バスタオルを巻いての入浴が可能となっております。

住所:北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町40
TEL:0142-68-6014
アクセス:JR室蘭本線伊達紋別駅より車で約30分
料金:500円
公式HP:なし

北海道のおすすめ混浴温泉No.10 吹上温泉 吹上露天の湯


明治30年に発見されたこちらの秘湯は、ドラマ『北の国から'95秘密』のロケ地になり、地元の方から観光客まで多くの人々に愛されている温泉です。標高1,000mの場所にあり、冬には大変ながらもここでしか見られない景色を眺められます。水着やバスタオルを巻いての入浴が可能となっています。

住所:北海道空知郡上富良野町吹上温泉
TEL:0167-45-3121(上富良野町役場)
アクセス:道央道旭川北ICまたは旭川鷹栖ICから美瑛経由、十勝岳方面へ、県道966号沿い。旭川から58キロ、1時間15分
料金:無料
公式HP:なし

訪れてみたい混浴温泉はありましたか?

混浴 温泉

北海道の混浴温泉についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

北海道は本州とは違う自然や生き物が溢れており、ここでしか味わえない極上の露天風呂や秘湯が数多くあります。冬には通行止めとなることもありますが、雪の降る中で浸かれる温泉は北海道ならではといえます。
ぜひ北海道へ訪れた際はご紹介した混浴温泉へ寄ってみてはいかがでしょうか。

北海道のおすすめ情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す