初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ マークX】新型へフルモデルチェンジせずに生産終了か?後継車は?

現行モデル2代目「トヨタ マークX」は2009年のデビューから8年が経過しました。しかし、新型へモデルチェンジの情報はなくどうやら生産終了の噂が流れています。さて、マークXの後継車は何になるのでしょうか?マークXのスペックや車両価格などもあわせてご紹介します。

新型マークXはフルモデルチェンジせずに生産終了

トヨタ マークX 250RDS 2016年11月マイナーチェンジ

トヨタの高級セダン「マークX」は現行型の2代目の発売は2009年のことであり、時期的にはいつフルモデルチェンジをしても、おかしくはありません。
しかし、マークXはフルモデルチェンジを待たずに生産終了となることが予定されており、後継車種は今後発売される新型カムリになると言われています。

マークXは最強の覆面パトカーに採用!

トヨタ マークXとはどんな車?

トヨタ マークX 2016年型

マークXとは、トヨタ自動車が2004年に発売した高級セダンです。
現行モデルは2代目で、2009年に発売されました。
パワートレインには3.5Lと2.5LのV型6気筒エンジンが搭載され、トランスミッションは全車6速AT、駆動方式にはセダンとしては近年珍しいFR(後輪駆動)と4WD(2.5L車のみ)が設定されます。
安全装備としては、自動ブレーキと車線逸脱警報、クルーズコントロール、自動制御ハイビームをまとめた衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」を全車で標準装備しています。

トヨタ マークXのスペック

全長全幅全高
4,7701,7951,435-1,445
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8501,510-1,5705
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ マークXのパワートレイン

3.5Lエンジン2.5Lエンジン
エンジン種類V型6気筒DOHCV型6気筒DOHC
排気量3.5L2.5L
最高出力234[318]/6,400149[203]/6,400
最大トルク380[38.7]/4,800243[24.8]/4,800
トランスミッション6速AT6速AT
駆動方式2WD(FR)2WD(FR)/4WD
使用燃料ハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ マークXの新車価格

トヨタ マークX
350RDS 2WD3,850,200
250RDS 2WD3,434,400
250S 2WD3,207,600
250S Four 4WD3,452,760
250G 2WD2,916,000
250G Four 4WD3,161,160
250G“F package” 2WD2,656,800
250G Four“F package” 4WD2,901,960
[単位]円(消費税込み)

トヨタ マークXの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタマークXの歴史

トヨタ 初代マークX 2004-2009

マークXは、トヨタがかつて販売していたセダン「マーク2」の後継車種として発売されました。
初代マークXは、ハイソカーブームの火付け役であり、バブル時代に名を馳せた「マーク2三兄弟(マーク2・チェイサー・クレスタ)」からの脱却を図るため、プラットフォームを一新するなど大胆な改革を経て誕生しました。
フロントグリルには車名を象徴する「X」のエンブレムが輝いています。

パワートレインもマーク2時代の直列6気筒から、新型のV型6気筒へと変更され、ラインナップは2.5Lと3.0Lの2種類が用意されていました。
マークX(MARK X)という車名は、英語で「目標」や「名声」を意味する「MARK」に、「次世代の」「未知の可能性」などを意味する「X」を組み合わせ、未知なる可能性に挑む思いを込めて名付けられたとされています。

トヨタ 2代目マークX 2009-現在

マークX 250G 2016年

「コロナマーク2」から数えて11代目にあたる2代目マークXは、2009年に発売されました。
2代目マークXの外装デザインは、初代マークXのデザインをさらに洗練させて、よりアグレッシヴなスポーツセダンかつ上質なプレミアムカーとしての進化を図ったといいます。

現行モデルの2代目マークXは、2016年に2度目のマイナーチェンジを行っていますが、今回の新型カムリへの統合によって、現行モデルがマークXとして最後のモデルになると言われています。

トヨタ マーク2

マークX の前身は「マーク2」です。
当時、マーク2は「クレスタ」、「チェイサー」の計3車種を販売チャネルと外装デザインを変えて販売され「マーク2三兄弟」と呼ばれていました。
また、「ハイソカー」と呼ばれる高級車の1つにもなっていました。

ハイソカーについての記事はこちら

トヨタ マークXの後継車は新型カムリ?

トヨタ 新型カムリ 北米版

先述の通り現行モデルのマークXはフルモデルチェンジを行わず、今後発売される予定の新型カムリに統合される形で生産終了になるそうです。
現在トヨタではラインナップの整理を進めており、競合車種であるマークXとカムリを同時に販売しておく意味がないと判断したようですね。
ただし、マークXはカムリと違ってFR方式であり、ハイブリッド車も設定されていないので、純粋な後継車種と言うには少々無理があるかもしれません。

新型トヨタ カムリについての記事はこちら

新型SAIも合わせてカムリに統合か?

現行型SAI

トヨタ SAI S Cパッケージ 2015年

トヨタが2009年に発売したハイブリッド専用セダン「SAI」もフルモデルチェンジをせずに、新型カムリへ統合される形で生産終了になります。
マークXと違い、駆動方式やハイブリッドの存在においてもカムリと競合してしまうSAIは、今後新型を開発したとしても需要が見込めないということで、生産終了になるようです。

トヨタ SAIについての記事はこちら

トヨタ マークXの後継車種「新型カムリ」に期待!

トヨタ マークX 250RDS 2016年

トヨタ マークXのフルモデルチェンジと後継車種についての情報はいかがでしたか?

マークXはデザインや走行性能、歴史の面においても生産終了してしまうには惜しい車です。
今後、新型カムリとは違うマークXの正統後継車種が登場するかどうかは分からないので、現在マークXに乗っているという人は、できるだけ大事に乗ってあげた方がいいかもしれません。
もちろん、この機会にマークXから乗り換えるというのもありですので、新型カムリの発売を楽しみに待っていましょう。

MOBYでは、今後も新型カムリについての最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

トヨタの新型車の情報についてはこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す