初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

速い軽自動車ランキングTOP10!パワーウェイトレシオで比較【2017年版】

維持費が安く普通車と遜色ない走りのモデルが登場するなど、近年ますます人気が高まっている軽自動車。軽自動車で一番速い車は何か気になったことはありませんか?最もわかりやすいパワーウェイトレシオで比較しました。意外な車がランクイン!

普通車に負けない速い軽自動車

ホンダS660

ホンダ S660α 2015年

軽自動車とは、維持費の安さや取り回しのしやすさなどから人気のあるボディタイプの1つです。
軽自動車は日本ならではの車のジャンルで、車両が小型なだけでなく、日本の技術力がふんだんに採り入れられて進化し続けている車のジャンルです。
軽自動車の中には、ノーマルのエンジンのモデルだけでなく、ターボ付きのモデル、軽スポーツと呼ばれるものまで幅広く存在しています。
近年、ホンダ S660の登場をきっかけにコスパの高さから軽スポーツと呼ばれるスポーツカーさながらの速い軽自動車が再燃しつつあります。

軽自動車とは

軽自動車とは、最も小型な車を指すカテゴリーの1つです。
道路運送車両法 (登録、整備、統計などによる分類) で、二輪車以外の自動車と被牽引車で、全長 3.4m以下、全幅 1.4m以下、全高 2.0m以下で総排気量 660cc以下の車と規定されています。

全幅全長全高排気量
3400mm以下1400mm以下2000mm以下660cc

軽自動車のナンバー取得方法に関する記事はこちら

車の速さを決めるパワーウェイトレシオとは

車の速さは馬力に依存すると思われがちですが、実際は「パワーウェイトレシオ」という言葉が、車の速さを決めるキーワードです。
パワーウェイトレシオとは、1馬力に対して何kgの車重を負担しているかを表すものです。
つまり、この数値が低ければ低いほど、加速性能に優れた速い車と言えます。

本記事ではパワーウェイトレシオを基に、ランキング形式で速い軽自動車を紹介していきます。

パワーウェイトレシオに関する詳しい情報はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第1位

ケータハム セブン160

ケータハムセブン160

セブン160は、ケータハムカーズというイギリスのメーカーによって製造販売されている車です。
イギリス車のセブン160ですが、エンジンには、スズキ製の直列3気筒ターボエンジンを採用しています。
セブン160は、ケータハムのコンセプト通りに屋根をはじめとする余分なものは撤去され、その見た目はまるでレーシングカーのようです。
総重量はわずか480kgととても軽く、0-100km/hまで6.9秒と軽自動車としては驚異の加速です。
ECU(エンジンコントロールユニット)でチューニングされ、メーカーのカタログ値上は2位にランクインのアルトワークスには劣りますが、ユーザー実測値では6kg/Hpと、軽自動車トップクラスの数値を誇ります。
規格上、軽自動車のナンバーをつけていますが、スポーツカーさながらの走行性能を発揮する車で、販売価格は軽自動車としては破格の約400万円です。

発売日2014年4月
新車販売価格399万円
燃費*JC08モード20km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS10.9
車重490kg

セブン160のパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量660cc
最高出力[80]
最大トルク107[10.9]/3,400
トランスミッション5速MT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第2位

スズキ アルトワークス

スズキ アルトワークス 2015年型 シルバー

スズキ アルトワークスは、3位にランクインのアルトターボRSの上位モデルです。
アルトターボRSとの違いは、5速MTのみの販売であることや、走りを追求しエンジンやサスペンションなどあらゆる部分に改良が施されていることです。
その軽自動車とは思えないほど優れた加速性能は、ドライバーに高揚感を与え、走る喜びを感じさせるものです。
国産の現行車の中では、最速の軽自動車です。

発売日2015年2月
新車販売価格161万円
燃費*JC08モード23.6km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS10.47
車重740kg

スズキ アルトワークスのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量660cc
最高出力47[64}/6,000
最大トルク10710.9]/3,400
トランスミッション5速MT
駆動方式FR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第3位

スズキ アルトターボRS (2WDモデル)

アルトターボRS 2015年

スズキ アルト ターボRSには、専用のボディカラーが3色用意されています。
エクステリア(外装)と同じアクセントカラーが、インテリア(内装)にも取り入れられ、全体的にスタイリッシュなデザインに仕上がっています。
走りだけでなく、そのデザインからも運転することの歓びを感じさせるものとなっています。

発売日2015年12月
新車販売価格140万円
燃費*JC08モード24.6km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS10.47
車重720kg

スズキ アルトターボRSのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量660cc
最高出力47[64]/6,000
最大トルク98[10.0]/3,000
トランスミッション5速MT
駆動方式FR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第4位

スズキ ワゴンR スティングレー

スズキ ワゴンR スティングレー HYBRIDは、LEDライトを搭載した、存在感のあるエクステリア(外装)が魅力の軽自動車です。
軽自動車としては珍しく、レーダーセーフティーサポートといった、先進的な装備が標準装備されています。
マイルドハイブリッドシステムを搭載し、その燃費性能は31km/L (JC08モード)と、軽自動車でありながら、普通車のハイブリッド車並に優秀なものとなっています。

発売日2017年3月
新車販売価格150万円
燃費*JC08モード31km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS12.5
車重850kg

スズキ ワゴンR スティングレーのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,000
最大トルク98[10.0]3,000
トランスミッション5速AT
駆動方式FR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ハイブリッド車とは

ワゴンRに関する記事はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第5位

ホンダ S660

ホンダ S660 α(6MT) 5代目 2015年型

ホンダS660は、スポーティなかっこいい見た目と高性能なエンジンを搭載していることから現在人気のある速い軽自動車の一つです。
一世を風靡したホンダ ビートの後継モデルとして、19年振りに発売されました。
ホンダS660に搭載されている高性能な高回転域エンジンは走りを追求し作られたもので、コーナーでのGのかかり方は、さながらレーシングカーのようです。
もう1度ホンダのミッドシップエンジンカーに乗りたい方や、スポーツカーデビューしたい方におすすめの一台です。

発売日2015年4月
新車販売価格198万円~
燃費*JC08モード24.2km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS13.22
車重850kg

ホンダ S660のパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,000
最大トルク104[10.6]/2,600
トランスミッションCVT
駆動方式MR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ホンダ S660に関する記事はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第6位

ダイハツ コペン セロS

ダイハツ コペンセロ S 2015年

ダイハツ コペンセロSはオープンカータイプの軽自動車で、コペンの最上位モデルです。
コペンセロSのお値段は、軽自動車としては207万円と少し高めな価格設定です。
ステアリングホイールにはMOMOの純正のハンドルが、シートにはレカロ製のものが標準で装備され、スポーツカーさながらの運転を楽しむことができます。
本格派なオープンカーが欲しい方におすすめな車です。

発売日2016年4月
新車販売価格207万円
燃費*JC08モード22.2km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS13.28
車重850kg

ダイハツ コペンセロSのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,400
最大トルク92[9.4]/3,200
トランスミッション5速MT
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ダイハツに関する記事はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第7位

スズキ ハスラー X G-Turbo

スズキ ハスラー 2015年型

スズキ ハスラーは、他車種と比較して少し車高が高めで、運転席からの視認性の良さが特徴です。
「遊べる軽」というコンセプトのもと、ボディはポップなカラーが中心となっており、エクステリア(外観)から遊び心をくすぐります。
スズキ ハスラーは、車庫入れをサポートする全方位モニターやSエネチャージと呼ばれるアイドリングストップ機能を標準装備した実用性の高い車です。

発売日2015年12月
新車販売価格140万円~
燃費*JC08モード26.2km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS13.91
車重860kg

スズキ ハスラーのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,400
最大トルク95[9.7]/3,000
トランスミッション5速AT
駆動方式FR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ハスラーに関する記事はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第8位

スズキ スペーシアカスタム Zターボ

スペーシアカスタムZターボ フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ

スズキ スペーシア カスタムZターボは、スズキのSエネチャージのおかげで、ターボ付きの軽自動車でありながらも低燃費な車です。
クルーズコントロールやデュアルカメラブレーキサポートを標準装備するなど、実用性の高くなっています。
インテリア(内装)としては、天井が高く、乗りやすさに配慮された低い床が採用され、軽自動車とは思えないほど、広々として快適です。
ファミリーカーとしてもおすすめできる車となっています。

発売日2015年12月
新車販売価格159万円~
燃費*JC08モード26.8km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS13.91
車重890kg

スズキ スペーシアカスタムZターボのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,000
最大トルク95[9.7]/3,000
トランスミッション5速AT
駆動方式FR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ スペーシアカスタム Zターボに関する記事はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第9位

日産 デイズルークス

日産デイズルークス ハイウェスターX 2016年

日産 デイズルークスは、ハイトワゴンの軽自動車です。
「インテリジェント軽」がテーマの車で、日産のフラッグシップミニバン、エルグランドにも搭載されているアラウンドビューモニターを標準で装備しています。
乗りやすさを重視した低い床のおかげで、広々とした居住空間が魅力の車です。
同クラスの他車種と比較して少し高めな価格設定となっていますが、その分軽自動車としては珍しく、リアの送風機が付くなど豪華な装備となっており、家族向けの車ともいえるでしょう。

発売日2015年12月
新車販売価格140万円~
燃費*JC08モード37.0km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS14.84
車重1010kg

日産 デイズルークスのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,000rpm
最大トルク98[10.0]/3,000
トランスミッション5速AT
駆動方式CVT
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

デイズルークスに関する記事はこちら

【2017年版 速い軽自動車ランキング】第10位

ホンダ N BOXカスタムGLターボ

N-BOX カスタム G・ターボAパッケージ(FF)

ホンダ N BOXは、ホンダの人気軽自動車の1つです。
人気の理由の1つは、ハイルーフタイプの軽自動車とは思えないほどの加速性能を発揮するエンジンを搭載していることです。
ハイルーフ車であるにもかかわらず、0~100km/h までがわずか12秒ほどという高い性能になっています。
もう1つの人気の理由として、レザーシートがオプションで設定されるなど、普通車さながらの豪華な内装が選択できることがあげられます。
遊び用としても家族使いとしても使うことができる、バランスの取れた車です。

発売日2016年8月
新車販売価格180万円~
燃費*JC08モード20.8km/L
パワーウェイトレシオ*kg/PS15.31
車重1010kg

ホンダ NBOXカスタムGLターボのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量658cc
最高出力47[64]/6,000
最大トルク104[10.6]2,600
トランスミッション5速AT
駆動方式CVT
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

N BOXに関する記事はこちら

進化し続ける軽自動車

軽自動車はコストパフォーマンスの良さや扱いやすさから、近年販売台数を伸ばしています。
最新の軽自動車は日々改良が加えられており、性能や快適さは普通車と同等もしくはそれ以上のものまで数多く存在します。
今回速さという点からご紹介しましたが、多種多様な軽自動車の性能について情報を集めるのも面白いのではないでしょうか。
今後の軽自動車の進化に注目です。

最新の軽自動車に関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK