初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【10人に1人が落ちる】卒業検定で実際に落ちた理由と対策&コツをご紹介

10人に1人が落ちるといわれている卒業検定。落ちてしまった人・受かった人のコメントを元にその対策とコツを紹介します。また卒検の流れや学科試験についても解説します。

卒業検定に落ちた人は10人に1人!

チェックリスト イラスト

自動車運転免許の卒業検定に落ちる人は10人に1人と言われています。
「実は私も」「友人が落ちてしまった」と落ち込んでいる人もいるでしょう。

そんな卒業検定ですが、事前にどのような内容だったか、落ちた理由や受かるためのコツを知っておくことで合格に一歩近づくことができるでしょう。

卒業検定をこれから受けるので「心配」という人の気持ちをちょっと軽くするコツや方法を紹介します。
もう運転免許を持っている人も「こんなことあったな、懐かしい」と感じる内容ですので、チェックしてみましょう。

卒検に落ちてしまった人々の声

卒業検定の内容・流れ

自動車教習所 自動車学校

卒業検定は、自動車教習所を卒業するときに行う技能試験です。実際の路上や教習所内で卒業検定を受けて、合格すると教習所を卒業することができます。

その後、運転免許センターで学科試験を受けて合格することで、晴れて運転免許証の交付となります。

卒業検定は路上と教習所内で行われる

教習所 方向変換

卒業検定は路上(公道)の指定されたコースの走行と、教習所内で縦列駐車や方向変換などを行います。(自動二輪車、牽引(けん引)自動車、大型特殊自動車は、教習所内で実施。)

また、過去には路上試験では指定されたコースの走行以外に「自主経路設定」という自分でコースを設定して走行する内容もありましたが、2012年3月に廃止されました。

卒業検定は減点方式

サイドアンダーミラー 車検

教習所の卒検は減点方式で、第一種免許では100点満点中70点以上、第二種免許は80点以上で合格となります。

また、検定中に70点を下回ってしまう、危険運転や教官が補助ブレーキを踏む、ハンドル操作を手伝うようなことがあると不合格になります。

卒業検定は他の教習生と一緒に行う

助手席 運転 ドライブ

他の教習生3人程度で行います。1人は運転者、後部座席に2人座り、内容を確認することができます。

もちろん助手席には教官が座り、しっかりと採点をします。

卒業検定の採点ポイント

チェックポイント

路上での走行は他の車とスムーズに走行できるか、安全に走行できるか、歩行者の保護といった点がポイントとなります。

路上ではどうしても予期せぬ出来事が起こってしまうことがあります。
とにかく冷静に、これまでのことを思い出して安全運転しましょう。

教習所内での縦列駐車などの試験も、すでに何回も練習してきた内容です。設置されているポールなどを手がかりに落ち着いて運転しましょう。

免許の種類によっては卒検がない!

大型特殊自動車第二種免許とけん引第二種免許

大型特殊自動車

大型特殊自動車第二種免許とけん引第二種免許は、道路交通法に教習に関する規定がないため、教習所での教習や技能検定は行われていません。

直接運転免許試験場に行き、技能試験に合格する「一発試験」を受験して合格することで、免許を取得できます。

卒業検定に落ちるとどうなるの?

わからない 考える人

出典:©shutterstock / liza54500

残念ながら卒業検定に落ちてしまった場合は補習を受け、その後ふたたび卒業検定にチャレンジすることができます。

しかし、補習や卒業検定を受けると追加で料金を支払うことになってしまうので、できれば1回で合格したいですね。

1回で合格して、その分愛車にお金を使いましょう!

卒業検定に合格するコツは?落ちた&受かった理由も

(参考)修了検定NG集

これまで長い時間をかけて教習所で学んできた成果を卒業検定で発揮しましょう!ですが、特に路上での走行は思いがけないことが起こる可能性もあります。

落ち着いて最後まであきらめないことはもちろんですが、注意するポイントやコツもあるので紹介します。

【卒業検定 合格のコツ①】落ち着いて運転する

運転する女性

緊張していると、乗車などの基本動作でさえもうっかり忘れてしまうことがあります。今までしていなかったミスを初めてしてしまうこともよくあります。
始まる前に深呼吸するなど、自分なりのリラックス方法で気持ちを落ち着かせましょう。

【卒業検定 合格のコツ②】歩行者、自転車に注意

横断歩道を渡る高齢者

横断歩道があるときは歩行者がいないか必ず確認しましょう。
例えば、歩行者が横断歩道などを通行しようとしている場面でそのまま通過しようとすると、教官が補助ブレーキを踏み試験中止となることがあります。

しかし、「まさか横断すると思わなかった!」という歩行者や自転車の動きにも対応できないと「歩行者保護」の点で違反となってしまいます。
試験中に教習所の敷地から出るときも歩道を横切ることが多いと思いますが、一時停止をしてしっかりと周囲を確認しましょう。

免許取得後ももちろんですが、卒業検定中は歩行者や自転車に特に注意しましょう。

【卒業検定 合格のコツ③】信号無視に注意

トラックの後ろについた時は特に注意!

大型トラックの後ろについたとき、信号が見えなくなってしまうことがあります。
黄信号や赤信号になっているに気付かず、そのままついていくと「信号無視」になってしまうことがあるため注意しましょう。

信号無視も試験中止になってしまいます。
歩行者用の信号を確認する、事前に減速するなどで信号が変わるタイミングを確認しておくとよいでしょう。

【卒業検定 合格のコツ④】縁石にぶつけてもあせらない

縁石

タイヤが縁石に接触しても、あせらないようにしましょう。接触した程度では減点も低いです。

ただ、縁石に乗り上げてしまったときは注意が必要で、路上試験では乗り上げた段階で試験中止となります。

教習所内であれば、縁石に乗り上げてしまっても停止してバックで戻れば、試験は続行できるので、そのあとはあせらずに運転しましょう。
ただ、縁石に乗り上げてしまうとパニックになってしまうので、そのまま進んでしまうことも多いのが現実です。

他にも左折時にぶつけてしまうことも多いため、しっかりと減速して、曲がる角度とハンドルを切り始めるタイミング、車両の動きを合わせて曲がりましょう。

【卒業検定 合格のコツ⑤】教習中に苦手な点を教官に確認

人 ビックリマーク

教習中に自分の苦手な運転を把握しておきましょう。
「今日はうまく運転できなかった」と肩を落として帰る前に、「どこがダメだった」「どうしたらうまくできるか」を教官に聞いてみましょう。

コツがつかめないまま卒業検定の日を迎えてしまい、苦手な場面に出くわしてしまうこともよくあります。

プロである教官にテクニックを聞くのが近道ですが、質問しにくい雰囲気のときもあるでしょう。質問しやすい雰囲気の教官に聞く、コミュニケーションをとりながらアドバイスをもらうなど、弱点を克服しておきましょう。

【卒業検定 合格のコツ⑥】最後まであきらめない

運転している人

卒業検定中にちょっとでもミスをしてしまうと、気が動転してしまい、そのあとも冷静になれずミスを連発ということがあります。

また、「もう終わった…」と、雑な運転をしてしまいがちです。しかし大きなミスでなければ、少しの減点で済むのであきらめてはいけません!

「あのときあんなことしなければよかった」という後悔は検定が終わったあとまで待ちましょう。

自分で思っているよりもミスは小さい場合もあります。検定中はとにかく、運転に集中です!

卒業検定だけじゃない!学科も油断できない

最後の関門は免許センター

「無事に卒業検定に受かった!」と喜んだその後は、免許センターでの学科試験(本免学科試験)が待っています。
90点以上で合格と厳しく見えますが、こちらもコツがあります。

・過去の問題を繰り返し解く
・問題を最後まできちんと読む

特に、ひっかけ問題や意地悪な問題でのミスはもったいないです。
中には「こんな問題わかるわけがない」とイライラしてしまう問題もありますが、一旦は試験と割り切って勉強しましょう。

卒業検定を突破したら免許証取得まであと1歩!

初心者マーク 車

免許証を取得するためには最後に学科試験を受けなければなりませんが、技能試験である卒業検定に合格すると少し「ホッ」としますね。
これまで苦労して練習した過去を思い出し、好きな車に乗っている未来を思い浮かべ、落ち着いて卒業検定に臨みましょう。

卒業検定が無事終われば、免許証取得まであと1歩です。気を引き締めてがんばりましょう!

現在人気の合宿免許プランはこちら

全国各地から選ぶ合宿免許ドリーム

運転免許に関するおすすめ記事!

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す