初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ポルシェ新型マカン マイナーチェンジ最新情報】価格とスペックなど変更点と発売日予想

ポルシェ新型マカンのモデルチェンジ最新情報!ワールドプレミアは2018年内の可能性が浮上!新型マカンには新たにPHEVモデルが追加されるとの噂も。新型マカンの性能や価格、発売日といった最新情報と燃費予想などを、スクープ画像とともにご紹介していきます。

ポルシェ新型マカン ジュネーブモーターショーで発表ならず

2018年1月に撮影されたスパイショット

ポルシェのクロスオーバーSUV「マカン」がマイナーチェンジして、ジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミアされるとの噂がありましたが、残念ながら発表は何もありませんでした。

現段階では、2018年内にワールドプレミアされるとの見方が有力です。秋頃に開催予定のパリモーターショーで発表される可能性が高いでしょう。

新型マカンの性能や価格、発売日などの最新情報をご紹介します。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

ポルシェ新型マカンのデザイン

2018年1月に撮影されたスパイショット

ポルシェのクロスオーバーSUV「マカン」のモデルチェンジに際し、新型マカンが公道テストを行っているスパイショットがいくつかリークされています。

1月に撮影されたスパイショットからは、テールライトが新型になっていることがわかります。
この他、ヘッドライトはレンズ内に新グラフィックを、リアにはLEDストリップライトを採用するなどが予想されています。

2017年5月に撮影されたスパイショット

新型マカンの外装は、ヘッドライトやリアバンパーに大きな変更が見られるほか、フォグランプやフロントバンパーにも細かい変更点があるようです。
また、左右のテールライトを細いLEDでつないだ「LEDストリップ」と呼ばれるテールライトも採用されています。
この「LEDストリップ」は、新型パナメーラにも採用されている新機軸のデザインです。

さらに内装にも改良が施され、新型パナメーラと同様の12インチタッチスクリーンPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント)も搭載されるとのこと。

ポルシェ新型マカン ターボの姿も目撃

2017年8月に撮影されたスパイショット

ポルシェ 新型マカンのハイパフォーマンスモデル「マカンターボ」の最新画像がスクープされました。

外装のカモフラージュは薄くなり、新デザインのヘッドライトやバンパー・エアダクトなどフロントデザインはかなり鮮明に確認できます。
また、テールライトのカモフラージュは重く、テールライトデザインはまだ明らかになっていません。
ストリップLEDも含め、デザインが変更する可能性もあるでしょう。

新型マカンターボには「パナメーラ 4S」から流用される2.9LのV型6気筒エンジンが搭載されるとのことです。
現行モデルは3.6Lのため、ダウンサイジングがなされることになります。

ポルシェ新型マカンの性能はどうなる? PHVモデル追加の噂も

ポルシェ新型マカンのパワートレインは?

ポルシェ マカン 現行モデル

ポルシェ・マカン

©Shutterstock.com/VolhaHanna Kanashyts

新型マカンのパワートレインは、現行型の3.0Lおよび3.6Lエンジンが一新される可能性が高いです。
採用が予想されているのは、ポルシェ パナメーラの3.0Lエンジンと2.9Lターボとなります。

3.0Lエンジンはパナメーラから流用され最高出力350psに、2.9Lターボはパナメーラ4Sから流用され最高出力440psとなると予想されています。

また、新たに3.0L V型6気筒エンジンにモーターを組み合わせたPHVモデルの追加も噂されています。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す