初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産の安全技術エマージェンシーブレーキとは?特徴から搭載車種や評価まで

日産の安全技術の中心をなすシステムがエマージェンシーブレーキです。まだまだすべての車種に搭載というわけではありませんが、徐々に拡大し、全カテゴリの車を網羅しています。しかし、車種によってタイプなどが異なります。搭載車種とその特徴などについてまとめました。

エマージェンシーブレーキは日産独自の安全技術

前方の車両や歩行者を検知

日産 エクストレイル エマージェンシーブレーキ 2015年

エマージェンシーブレーキとは、日産独自の前方安全支援システムです。
このシステムは、前方の車両や歩行者を検知し、対象物の距離と走行している車の速度などから危険性を判断して衝突の危険性があるとドライバーにブザーやディスプレイの表示で注意喚起をします。
さらに万が一ドライバーの操作が間に合いそうにない場合には、緊急ブレーキが作動します。
このように、衝突を回避したり、最悪衝突したとしても被害を軽減させるためのシステムです。

エマージェンシーブレーキの安全技術は他社とどう違う?

複数種類があるのが特徴

日産 エマージェンシーブレーキ

日産だけではなく、数年前か ら国内自動車メーカーでも緊急自動ブレーキをはじめとした安全技術にしのぎを削っている状況です。

まず前方の車両や歩行者等を捉える方法には赤外線、レーダー、カメラによるものから、これを組み合わせた方法があります。
それぞれに価格や検知できる対象物や速度などからメリットやデメリットがあります。

各メーカーともそれぞれ独自の技術を磨いてきていますが、日産のエマージェンシーブレーキは次のような特徴があります。

例えば、国内メーカーで先駆けとなったスバルの「アイサイト」ではステレオカメラ方式ですが、日産のエマージェンシーブレーキは車種によってレーダ方式、単眼カメラ方式、赤外線方式となっています。

エマージェンシーブレーキの方式の違い

日産 エマージェンシーブレーキ

レーダー方式

レーダー方式は、スカイライン、フーガ等の高価格帯の車種に採用されています。カメラ方式と比べると遠くの距離から検知できる、夜間や天候に影響されないというメリットがあります。

ただし、人の検知はできません。

カメラ方式

カメラ方式は多くの車種に採用されていて、カメラを使うことのメリットは、赤外線やレーダーなどでは検知するのが難しい歩行者も捉えることができるということです。

また、カメラを1個(単眼カメラ)にすることで、コスト的な面を抑えています。80km/Lの高速域では作動しません。

赤外線方式

赤外線方式は主に商用車のNV100に採用されていて、一番低コストな方法です。

低速域でしか動作しないため、実際の走行中では不安が残るかもしれません。

エマージェンシーブレーキの搭載車種は?

日産 エマージェンシーブレーキ

2017年5月現在、エマージェンシーブレーキを搭載している車種は以下になります。

セレナ
ノート
エクストレイル
ジューク
フーガ
スカイライン
ティアナ
リーフ
NV350キャラバン
NV100クリッパー
デイズ

全カテゴリ(ジャンル)の車種に搭載はされていますが、コンパクトカー等、比較的低価格帯に位置する日産車には少なく、高価格帯の車種でもまだ搭載されていないものも多くあります。

全ての車種への対応が待たれます。また、搭載車種や方式によっても機能の違いがあるため、走行している速度や、停止している車両や歩行者に対しての作動条件が異なります。

エマージェンシーブレーキの評価は?

口コミ 評判

口コミを見てみると、ギリギリになってからの作動、余裕を持って作動したするなど、状況や人のよっての感じ方など様々なようです。

しかしながら、作動するかどうか試すようなことは絶対にしないでください。

自動ブレーキのシステムに何度か助けられました。このお陰で事故にならなかったと思うと買い換えて良かった。

出典:http://www.carsensor.net/

下り坂になると自動でエンジンブレーキを効かす機能が付いているのですが、これがかなり便利です。同じ下り坂でも以前の車よりフットブレーキをかける頻度が減りとても運転していて楽になりました。

出典:http://www.carsensor.net/

インテリジェントエンジンブレーキは自動でコーナリングとブレーキ時にエンジンブレーキを掛けてくれるので足に負担がかからずに運転時の疲労を軽減してくれます。 上2つはこの車が登場時世界初とのことで新しいモノや限定などに弱い私はついつい惹かれてしまいました… 走行面を語るならプイパイロットも外せません。 高速道路などの同一車線で長距離の時はこの機能にアクセルもブレーキも全て任せています。

出典:http://www.carsensor.net/

エマージェンシーブレーキはあった方がよい?

エマージェンシーブレーキ警告灯

万が一のことを考えれば、当然あった方がよいものです。今までだったら事故となるような場合を回避できるかもしれません。

また、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱防止支援システム、側面・後方などへの注意喚起機能などと合わせ てさらに安全性を高めてくれます。

ただし、エマージェンシーブレーキの認識性能には限界があり、また道路状況や天候等によっては、システムが作動しない場合もあります。また、車種や方式によっても性能に差があるので、その特徴をよく把握しておく必要もあるでしょう。

システムは万能ではありませんし過信せず、あくまでドライバーを支援するためのものと考えて、安全運転を心がけましょう。

日産に関連するおすすめ記事!

安全装置に関連する記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!