初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型ヴォクシー マイナーチェンジ内装・デザイン強化で発売!価格・燃費など変更点は?

トヨタの人気ファミリーカー「ヴォクシー」のマイナーチェンジ情報が入ってまいりました。ヴォクシーといえば、取り回しのしやすいサイズ、クールなデザインで若い世代から支持を得ているモデルです。今回の改良でどのようにリフレッシュされるのでしょうか?新装備・機能でより家族に優しい車になっているのでしょうか?

トヨタ ヴォクシーが新型にマイナーチェンジ!

トヨタ ヴォクシーが2017年7月3日、新型へマイナーチェンジを果たしました。
兄弟車の、ノア・エスクァイアを含めトヨタのミドルサイズミニバン3兄弟が一斉にマイナーチェンジし、全国のディーラーで発売を開始しました。

まずは、今回のマイナーチェンジの主要な変更点を確認していきましょう。

ヴォクシーに関するおすすめ記事はこちら

兄弟車のノア/エスクァイアのマイナーチェンジに関する記事はこちら

新型ヴォクシー マイナーチェンジの主要な変更点まとめ

■外装デザインの変更
・ヘッドライトに薄型LEDを採用しよりシャープに
・リヤ(後ろ)がよりワイド感あふれるデザインに
・エアロ仕様のグレードがラインナップ。よりアグレッシブなイメージに
■内装・室内装備の変更
・格納式テーブルを採用
・充電用USB端子が装備
・天井まで統一したピアノブロック塗装で質感がアップ!
・メーターがよりシャープな印象に
■操縦安定性・乗り心地が向上
・遮音性の向上
・空力パーツの追加
・ボディ剛性の向上
・ショックアブソーバーの改良

■クルーズコントロールを全車種標準装備
公開前から新エンジンの採用など、さまざまな変更点の予想がされていましたが、今回の新型 ヴォクシーマイナーチェンジの主要な変更点は上記のみとなりました。

次の項からはマイナーチェンジした新型ヴォクシーのより詳細な情報についてチェックしていきましょう!

新型ヴォクシーのマイナーチェンジ後の外装の変更点は?

もっと格好いいミニバンに!

新型 ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年 ヘッドライト

新型 ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年 フロントデザイン

新型 ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年 リアデザイン

2017年のヴォクシー マイナーチェンジにおけるデザインの変更点で、まず注目すべきはヘッドライトの変更です。

LEDヘッドランプで先進性と精悍さを付与し、2段積のヘッドランプをよりシャープなデザインにして、「かっこよさ」を強調しました。

トヨタは今回のマイナーチェンジで「『ヴォクシー』『ノア』『エスクァイア』のそれぞれの個性を際立たせた」としていて、男のミニバン、格好いいミニバンであるヴォクシーの特徴をより全面に押し出したデザインとなっています。

また、ヴォクシーには新開発のボディカラー「イナズマスパーキングブラック」が追加されています。

エアロ仕様のヴォクシー「ZS」はよりアグレッシブに!

ヴォクシーは、男らしさをより引き出せる「エアロカスタム」が施されたグレードがラインナップされています。
今回も、「八の字をテーマとしてスポーティでアグレッシブなイメージを強化した」グレードの「ZS」がラインナップ。

16インチ アルミホイール

新型 ノア ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年 エアロ仕様 アルミホイール

また、新型ヴォクシー「ZS」にはエアロパーツだけでなく、「16インチのアルミホイール」が採用されています。
このアルミホイールには「切削光輝加工」と「ダークグレーメタリック塗装」が施されているとのこと。

実用的なミニバンとしてのヴォクシーにさらにプラスアルファの価値、かっこよさを出したい方はチェック必須です。

新型ヴォクシーのマイナーチェンジ後の内装・室内装備の変更点は?

新室内装備追加でもっと快適なミニバンへ

新型ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年 内装

新型ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年 内装

新型ヴォクシーの内装・インテリアデザインは室内全体、天井までピアノブラック塗装で統一され質感の向上が図られています。

「トヨタ車は内装が残念」という声が一部あるのも事実ですが、それらを払拭しうる高級感のある内装となっています。

充電用 USB端子

格納式テーブル

また、車内をより快適にする室内装備「充電用USB端子」を2つと、助手席の後部に「格納式テーブル(カップホルダー2つ)」を搭載。

オプションではなく、全車種標準搭載となっています。
ほとんどの方が車の中で、スマートフォンを充電するようになった今、別で商品を購入せずとも充電できるのは地味にうれしいですね。

オプティトロンメーター

ハイブリッド車のオプティトロンメーターにもこだわり「幅の狭い丸型リング」が採用されています。
メーターもよりシャープな印象となり、格好良さを強調。

新型ヴォクシーの価格はグレードごとの価格は?

トヨタ 新型ヴォクシー(ガソリンモデル)
X(7人乗り)250万
X(8人乗り)247万
V(7人乗り)278万
V(8人乗り)276万
ZS(7人乗り)278万
ZS(8人乗り)275万
[単位]円(消費税込み)
トヨタ新型ヴォクシー(ハイブリッドモデル)
X(7人乗り)301万
V(7人乗り)314万
ZS(7人乗り)327万
[単位]円(消費税込み)

新型ヴォクシーには最新安全装備セーフティーセンスCを搭載

トヨタの最新の安全装備「セーフティーセンスC」が搭載されます。
レーザーレーダーと単眼カメラで、前方を検知し事故の回避や、被害軽減を支援してくれます。

もしくは「セーフティーセンスP」の採用が期待されていた新型ヴォクシーですが、残念ながら今回のマイナーチェンジでの新採用はされないようです。

セーフティーセンスについて、詳しくは以下の記事でご紹介しています。

新型ヴォクシー マイナーチェンジでパワートレインの変更はなし

新エンジンの搭載・PHVの採用は見送り

2017年の新型ヴォクシーのマイナーチェンジでは、パワートレインについての変更はありません。

発売前には、6月にマイナーチェンジしたハリアーのように「2.0L直噴ターボエンジンの採用がされる」「新型カムリに搭載されるダイナミックフォースエンジン搭載モデルが出る」「ライバル車に対抗しPHVモデルが出る」などの噂もありましたが、どれも採用はありません。


新型ヴォクシーの燃費性能も変化なし

燃費

2017年モデルの新型ヴォクシーでは、前述したようにパワートレインに変更がないため、新型ヴォクシーの燃費性能についても大きな変化はなしです。

新型ヴォクシーの燃費性能については以下のとおりです。

ガソリンハイブリッド
JC08モード燃費16.023.8
実燃費--
[単位]km/L

新プラットフォーム「TNGA」の採用はフルモデルチェンジに期待!

トヨタ TNGA プラットフォーム

最新モデルの4代目プリウスで初採用されたトヨタの最新プラットフォーム「TNAG」が採用されるという噂もありましたが、今回の新型ヴォクシーは「マイナーチェンジ」です。
そのため、新プラットフォームの採用はありませんでした。

TNGAプラットフォームの採用は、フルモデルチェンジに期待しましょう。

【おさらい】そもそもトヨタ ヴォクシーってどんな車?

トヨタ・ヴォクシーとは?

現行モデル(2014年)

トヨタ ヴォクシー 特別仕様車 ZS 煌 2014年

ヴォクシーはトヨタが販売しているミニバン型の車です。
初代モデルは2001年に登場し、2014年には現行型となる3代目がデビュー。
今ではトヨタのミニバンとしてすっかり定着しています。

上級モデルにはアルファードやヴェルファイアがありますが、ヴォクシーは日本でも扱いやすいサイズと高い利便性で支持を得ているモデルです。
また、若者に好まれやすいラグジュアリーなデザインも人気の理由でしょう。

アルファード・ヴェルファイアの記事はこちら!

兄弟ミニバン「ノア」「エスクァイア」も同時にマイナーチェンジ

ノア・エスクァイアとの違いは?

トヨタ・ノア

トヨタ ノア Si ハイブリッド 2016年

トヨタ・エスクァイア

トヨタ エスクァイア 2014年型

ヴォクシーに良く似たモデルに「ノア」と「エスクァイア」というミニバンがあります。
こちらも人気モデルなので多くの人がご存知かと思います。
ではこの2車種はヴォクシーとは何が違うのでしょうか?

ノアとヴォクシーの違いは?

販売店が非常に多いトヨタですが、ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツトヨタ店で取り扱っています。
カローラ店はどちらかというと40代以上の年齢層をターゲットとしており、ネッツトヨタの方は、20~30代と若年層の方をメインターゲットとしています。

ノアに比べるとヴォクシーの方がドレスアップ要素が強いデザインを採用しており、より若い方に人気のモデルとなっています。
ノアとヴォクシーはトヨタのラインナップの中で別車種扱いですが、違いはフロントマスクのデザイン程度で、現行モデルはスペック・価格共に同じになっています。

エスクァイアとヴォクシーの違いは?

エスクァイアはトヨタ店・トヨペット店での取り扱いです。

エスクァイアはヴォクシーの高級感をさらに高めたモデルで、車体価格は20~30万円ほど高くなっています。
動力性能や燃費は変わりないですが、合皮やメッキ・ステンレスパーツを多用し、より高級感に磨きがかかっています。
2014年にデビューしたばかりのモデルですが、使い勝手の良さは折り紙付きで既に人気モデルとなっています。
+αの価値を求める人にはエスクァイアがおすすめですが、基本性能はヴォクシーと同じという事になります。

▼トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイア3車比較表

ヴォクシーノアエスクァイア
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L2.0L
最高出力112[152]/6,100112[152]/6,100112[152]/6,100
最大トルク193[19.7]/3,800193[19.7]/3,800193[19.7]/3,800
トランスミッションSuper CVT-iSuper CVT-iSuper CVT-i
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD2WD/4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ヴォクシー(ハイブリッド)ノア(ハイブリッド)エスクァイア(ハイブリッド)
JC08モード燃費23.823.823.8
実燃費16~1716~1718~19
[単位]km/L

ノア・エスクァイアも合わせて新型へマイナーチェンジ!

兄弟車であるノア・エスクァイアも合わせて新型へマイナーチェンジします。 
ノア・エスクァイアのマイナーチェンジの最新情報は以下の記事でご紹介しています。

トヨタ新型ヴォクシーには純正カスタム/ドレスアップパーツも充実?

ヴォクシーはトヨタのミニバンの中でも、若者向けであったり、「かっこいい父親の家族のためのミニバン」というようなコンセプトを持った車種です。

純正のエアロ仕様である「ZS」だけでなく、モデリスタやTRDといった公式カスタムメーカーもすぐに、新型ヴォクシー専用カスタムを発表してくるでしょう。

新型ヴォクシーのおすすめカスタムに関する記事はこちら

トヨタ新型ヴォクシーのライバル車は?

日産・セレナ

日産 セレナ 新型 2016年

昨年デビューした日産の新型セレナは半自動運転技術である「プロパイロット」を搭載し、非常に話題となりました。
安全性の高い先進装備を搭載し、ヴォクシーとは異なるコンセプトで快適性を高めたモデルです。
ヴォクシーは安全装備である「トヨタ・セーフティセンスC」を搭載していますが、ACC(全車速追従機能付クローズコントロール)や歩行者検知による自動ブレーキには対応していません。
このあたりはセレナと比較するとどうしても劣ってしまう部分ではあります。

安全装備を重視すれば、セレナは手強いライバルとなるでしょう。
しかし総合的に見れば、ヴォクシーの昨年の販売台数はライバルを凌駕しており、ノアやエスクァイアを合計すると12万台以上も差をつけています。
やはり、「トヨタ」というネームバリューに信頼性を感じている人が多いという結果なのかもしれません。

現行ヴォクシー現行セレナ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L
最高出力112[152]/6,100110[150]/6,000
最大トルク193[19.7]/3,800200[20.4]/4,400
トランスミッションSuper CVT-iエクストロニックCVT
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

現行ヴォクシー(ハイブリッド)現行セレナ(ハイブリッド)
JC08モード燃費23.817.2
実燃費16~1712~13
[単位]km/L

ホンダ・ステップワゴン

2015年式 ホンダ ステップワゴン

ホンダ「ステップワゴン」も新型ノアのライバル車種にあたります。
現行のステップワゴンにはハイブリッドモデルがラインナップされておらず、燃費性能で他社ミニバンに水をあけられていました。
ですが、ホンダ・ステップワゴンはハイブリッド車を追加するマイナーチェンジを計画していて、その燃費性能はJC08モードで27.0km/Lになると予想されています。
燃費性能が向上すればステップワゴンがさらに人気車種になることは間違いないでしょう。

現行ヴォクシー現行ステップワゴン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L1.5L
最高出力112[152]/6,100110 [150]/5,500
最大トルク193[19.7]/3,800203[20.7]/1,600̶5,000
トランスミッションSuper CVT-iCVT
駆動方式2WD/4WDFF/4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

現行ヴォクシー(ハイブリッド)現行ステップワゴン
JC08モード燃費23.817.0
実燃費16~1710~11
[単位]km/L

ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドに関連するおすすめ記事はこちら

新型ヴォクシー マイナーチェンジでライバル車を圧倒できるか

トヨタの人気ミニバンの代表でもあり、格好いいミニバンの代名詞的存在でもある「ヴォクシー」。
次期型への課題となる技術もいくつかありますが、ミニバンとして大切な実用性や利便性はライバルに引けを取っていません。
最近は天候の良い日も多くなりドライブが楽しいシーズンです。
家族・友人との楽しい思い出作りにヴォクシーは一役買ってくれる一台になることでしょう。

ミニバンに関するおすすめ記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社