初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

MINIエレクトロニクスニック新型EVは2018年中に発表か!クーパーSも追加で航続距離や価格は?

歴史的な名車であるMINIを引き継いだBMWブランドのMINIが新たな転換期に来ています。それはMINIのEV化です。過去2010年に実証実験車両の「MINI E」が日本に20台導入された過去がありますが、今回は今後の量産に向けたEVモデルMINIです。MINI新型EVミニEの性能・航続距離・価格・発売日はいつになるのか探っていきたいと思います。

【最新情報】新型ミニEのプロトタイプがスクープ!

ミニEのプロトタイプがスクープされました。
フロントグリルやエキゾーストパイプが無いことは確認できますが、まだまだ全体的にカモフラージュが濃く、ミニEのエクステリア(外装)デザインは把握できません。
しかし、開発が確実に進んでいることはわかります。

MINI新型EVコンセプトをフランクフルトモーターショーで発表!

MINIブランドを展開しているBMW社から、MINIのエレクトロニックコンセプトが公開されました。

このMINI エレクトロニックコンセプトカーは、フランクフルトモーターショー2017年で公開されました。
写真はプレスカンファレンスでの様子です。
ユニオンジャックをモチーフにしたかのようなテールライトが特徴的ですね。

公開されたMINI エレクトロニックコンセプトのイメージ

MINI エレクトロニックコンセプトは、MINIが計画していたMINI Eの市販化を示唆するものです。
MINI Eとは、2008年にMINIのハッチバックをベースにしたテストEV車両です。
日本でも20台ほど導入されていました。

その際の技術やノウハウを利用して開発されたのがBMWの市販EV「BMW i3」ですが、これまでMINIの市販EV車の発売に至りませんでした。
今回のMINI エレクトロニックコンセプトの発表は、今後のMINI市販EV車の登場を裏付けるものでしょう。

フランクフルトモーターショーの出展車についてはこちら

MINI新型ミニEの予想発売日は2019年

発売日は2020年になることが予想されます。
これには大きな理由があり、欧州車がハイブリッドやEVを積極的に開発しているのは2021年までに二酸化炭素を1kmあたり95g以下とする「2021年規制」という排ガス規制が待ち構えているからです。

「95g/km以下」とはかなり厳しい数字で、2006年の「160g/km」と比較すれば40%以上の削減が必要で、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンの開発では内燃機関の高い燃焼効率を実現するか、プラグインハイブリッドやハイブリッドの開発を進めていく必要があります。
そこで一気にEVとすることで排出量ゼロにしてしまう試みが各社取り組んでいることです。

BMWも同じく、十分な開発期間を持ちながらMINI新型ミニEを完成度の高いもので発売したいところです。

新型ミニの発売で期待が高まる新型ミニE

新型ミニ

ミニクーパーは2018年にマイナーチェンジが行われます。
外観は大幅な変更が無く、ヘッドライト&テールライトに新グラフィックが採用されます。
エンジンは、現行モデルと同様のガソリンエンジン、ディーゼルエンジンともに2.0L直列4気筒ターボで馬力アップとより低燃費が図られます。
ミニクーパーのマイナーチェンジにより、電動式のミニへの期待はより高まります。

最新「MINI」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

MINIについての記事はこちら

プラグインハイブリッド車の「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」が発売

BMWは、2017年3月2日にMINIで初となるプラグインハイブリッド車「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」を発売しています。
後席の下に搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は7.6kWhで、フル充電時にモーター走行が可能な車速は125km/h以下で、最大で40kmの距離を電気のみで走ることができます。
プラグインハイブリッドが発売されているということは、次に出てくるのはEVであることは間違いありません。

MINIクーパーS EクロスオーバーALL4のパワートレイン

エンジン種類直列3気筒DOHCツインターボ
排気量1.5L
最高出力100[136]/ 4,400
最大トルク220[22.4]/1,250~4,300
モーター最高出力65[88]
最大トルク165[16.8]
トランスミッション無段変速(1速)
駆動方式4輪駆動
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

MINIクーパーS EクロスオーバーALL4のついての記事はこちら

2010年試験車両MINI Eを導入で既にデータ収集済み

2010年にBMWはミニをベースにした電気自動車の「MINI E」を製作し、アメリカやヨーロッパで試験的に走らせて実証実験のデータを収集しています。この時のMINI Eは日本に20台導入されいます。
MINI Eには35kWhのリチウムイオン電池が搭載され、当時日本メーカーで販売されていた三菱i-MiEVの電池容量が「16kWh」、日産・リーフの「24kWh」よりも大容量でした。
最大出力「204ps」かつ最大トルク「220N・m」で相当にパワフルなパワー&トルクを発生して最大航続距離は240kmにもなります。

しかし、大きなバッテリーを積んだ分、後部座席は取り払われバッテリー搭載位置としていました。

後部座席がバッテリーで埋まってしまうのはやはり大きく実用性にかけます。
市販されるまでには、こういった問題も改善されているでしょう。

三菱・i-MiEVと日産・リーフについての記事はこちら

BMWi3のユニット改良で航続距離・性能を大幅アップ

BMWはすでに電気自動車i3を導入していますが、性能にはまだまだ改善の余地があります。BMWi3 の一充電走行距離(JC08モード)は390kmです。しかし、出力・トルクがパワー不足で、アメリカ・テスラに比べれば航続距離が短いため、これといったセールスポイントはありません。
BMWi3はバッテリーとモーターを改良が必要でしょう。そして、そのバッテリーとモーターを今後発売されるであろうMINI新型「ミニE」に共有すると思われます。
パワーは2010年の試験車両と同様な、最大出力204ps、最大トルク220N・mが出ていれば十分です。

最新「i3」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

BMWi3・i3後継モデルについての記事はこちら

テスラについてはこちら

MINI新型「ミニE」の外装(エクステリア)デザイン

MINI エレクトロニックコンセプト

上記の画像はMINI エレクトロニックコンセプトのものです。
このコンセプトモデルがMINIの真髄ともいえる「コンパクト」、「機敏」、そして「シンプル」といった印象を受けるものになっていることから、MINI Eも同じようにMINIのエッセンスを引き継いだものになるでしょう。
加えて、今までにない角度でスポーティーさを増していることがわかります。

MINI新型「ミニE」のパワートレインや性能は?

2010年の試験車両「MINI E」とBMWi3のバッテリー・モーターの改良を考えたうえで、MINI新型「ミニE」の性能・航続距離・価格を予想してみます。

予想するパワートレイン性能と航続距離

●モーター
・最高出力(kW[PS]):147[200]
・最大トルク(N・m[kgf・m]):220[22.4]
●バッテリー
・リチウムイオンバッテリー
・電池容量(kWh):70
●航続距離
・500~600km
BMWは、テスラと同等な航続距離をMINIのコンパクトな車体で実現を目指していると思われます。

【3/1更新】ミニE高性能モデル「S」も開発中

多くの人の期待を集めながら開発されているミニEのハイパフォーマンスモデル、「S」のプロトタイプがスクープされました。
ベース車のプロトタイプ同様にフロントグリルやエキゾーストパイプが無いことは確認できます。
ボンネット上にエアインテークがあるため、ミニEのそのものではなくハイパフォーマンスモデルでしょう。

パワートレインはBMW新型i3と共有することが噂されており、最高出力は185PSに至るとも言われています。
Sの発表に関しては、ミニEの発表から若干遅くなり、2019年初頭になる見通しです。

MINI新型EV「ミニE」の価格は?

MINI新型EV「ミニE」の価格を予測するうえで現在販売されているBMWi3とMINIクーパーS EクロスオーバーALL4の価格を見ておきましょう

BMWi3・MINI Cooper S E Crossover ALLの車両本体価格

BMWi3車両本体価格
i3 Atelier5,090,000
i3 Lodge5,550,000
i3 Suite5,700,000
i3 Atelierレンジエクステンダー装備車5,570,000
i3 Lodge レンジエクステンダー装備車6,030,000
i3 Suite レンジエクステンダー装着車6,180,000
[単位]円(消費税込み)

MINI Cooper S E Crossover ALL 車両本体価格
MINI Coopwe S E Crossover ALL 44,790,000
[単位]円(消費税込み)

予測価格は600万円台

プラグインハイブリッドのMINIクーパーS EクロスオーバーALL4が完全EVになれば、今の価格から高くなるのは避けられません。
BMWi3のバッテリーユニットを使用したとしてもMINIとプラットフォームやパーツが変わるのでBMWi3の価格より高くなることも確実と言っていいでしょう。

これらを考慮した上で予想価格は「600万円台」としたいと思います。

MINI初の電気自動車 MINI Eの登場が待ちきれない!

新型MINI Eの販売予想は2019年とは2年後でまだまだですが、これからMINIシリーズのプラグインハイブリッド車拡大と更なる低燃費、そしてEV投入と追ってMINIの進化を追っていきたいと思います。

販売中・新型デビュー予定のEVについてはこちら

MINI新型「ミニE」のライバル車となる記事はこちら

欧州自動車メーカーEVについての最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す