初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダCM&曲まとめ|ロードスターからデミオやアクセラなど

CMに起用される曲が名曲揃いと気になっている人が多いですが、何の曲なのかわからない人がほとんどのマツダのCM。マツダの代表的な4車種のCMについて曲やキャストなど、どんなCMなのかをご紹介します。CMに合わせてマツダが独自に開発しているスカイアクティブテクノロジーやマツダ車の特徴も記載しています。

マツダとはどんなメーカー?

マツダ エンブレム

自動車メーカーのマツダは広島に本社があります。
原爆によって破壊されゼロになった広島が驚異的な復興を遂げ、どんな困難にも立ち向かっていったスピリットを受け継いでいます。

2016年度の世界販売台数は155万台で、世界で唯一ロータリーエンジンの量産化に成功し、現在では次世代ロータリーエンジンとも言えるスカイアクティブテクノロジーを2011年より開発しています。
この開発には「モデルベース開発」という手法が用いられており、この技術の開発は世界的にも非常に評価を受けています。

2000年以降は「zoom-zoom」のキャッチフレーズの広告を展開し、独自の走行性能やコンパクトカーのディーゼル車の販売も顧客の支持を得て売り上げを伸ばしています。

マツダ代表車CM曲は誰?

ロードスター

ロードスターは2016年に世界カーオブザイヤーを受賞しました。
ロードスターは2人乗りのオープンカーで、このタイプの車の中ではマツダのロードスターが世界で最も生産台数が多くギネスにも認定されています。

CMは日本カーオブザイヤーを受賞した際に、この受賞を視聴者へアピールと感謝の意を込めて製作されました。
テーマ曲は未発表のオリジナル曲を使用しており、キャッチフレーズである「zoom-zoom」から始まります。

1989年の発売当初から貫き通している「走る歓び」が現在まで引き継がれていることをアピールすべく、父親と息子の2代が2台のロードスターを縦走させるCMになっています。

デミオ

代表的なデミオのCMはエルヴィス・プレスリーが歌う「ラヴ・ミー・テンダー」をマツダがオリジナルアレンジした曲を用いて、クリーンディーゼル車のデミオをアピールしています。
従来ディーゼルは排気が大気汚染になると言われていましたが、現在では影響の少ないクリーンディーゼルの開発が進み日本のどの道でもクリーンディーゼル車は走れるようになりました。

さらにマツダはコンパクトカーであるデミオでのクリーンディーゼルの開発に成功し世界から評価を受け、デミオも世界カーオブザイヤーを受賞しました。
またデミオの別のCMでは玉木宏さんと富永愛さんが出演していたり、戸田恵梨香さんが出演しているものもあります。

アクセラ

マツダのテーマソングにもなっているこのCM曲は、広島出身のアーティスト奥田民生さんの歌う「風は西から」です。
マツダではこの曲をアレンジしながら様々な車種にCMに起用しています。

人とクルマがひとつになれることをコンセプトに様々な海外のキャストが滑らかに運転している様子が描かれています。
アクセラもクリーンディーゼル車で、世界随一の技術をアピールしています。

CX-5

前半のCMは曲は未発表のオリジナル曲でキャストはMarta Espaniolさん。
後半のCM曲はジーン・オースティンさんの「私の青空」をマツダがオリジナルアレンジを加えたものになっています。

前者はクリーンディーゼルの走りの気持ちよさを山道を走るロケーションによりアピールしています。
後者はクリーンディーゼルとAWDの組み合わせを訴え、雪道やロングドライブのしやすさをカップルが雪国へ旅行に出掛けるコンセプトで製作されています。

紹介車種について詳しくはこちら

ロードスター

マツダ ロードスター 4代目

1989年にアメリカで発売されたマツダのオープンスポーツカーで、日本では「マツダ・ロードスター」の名称で販売されています。大ヒットスポーツカーの先駆けとも言え、ベンツやBMWなどの有名メーカーもロードスターの成功を受けてスポーツカーを発売したほどです。

2000年には「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスに認定されています。

デミオ

マツダ デミオ XD Touring L Package

コンパクトカーで、5ドア5人乗りです。大型車にしかできなかったディーゼルを小型車であるデミオからディーゼルエンジンを発売したことは非常に話題になりました。トヨタへもOEMを行っており、マツダでヒットした代表的なコンパクトカーです。

アクセラ

マツダ・アクセラ

アクセラはファミリアの実質的な後継者で、現在は3代目。3ナンバーの5人乗り車種です。ガソリンモデル、ハイブリッドモデル、ディーゼルモデルの3種類を発売しており、同一車種における3モデルの発売は国内初の試みです。

CX-5

2代目 マツダ CX-5 XD Lパッケージ

CX-5は初代が2012年に発売された比較的新しい車種で、クロスオーバーSUV車です。マツダの新世代技術の「SKYACTIV TECHNOLOGY」が全面搭載された初めての車種になります。ガソリンモデルとディーゼルモデルがあります。

マツダのCMは名曲揃い?

マツダ スカイアクティブ

出典:©Shutterstock.com/ Teddy Leung

マツダの代表的な車種のCMについてはいかがでしたでしょうか?
素敵な名曲揃いなのでCM曲が気になっている人も非常に多いですが、全体的にマツダのオリジナル曲が用いられているようですね。

以前は日本の俳優さんたちも起用していましたが、現在では海外のキャストの起用が見受けられます。ナレーションにてカーオブザイヤーやクリーンディーゼルなどのアピールポイントをしっかり訴え、「zoom‐zoom」や「Be a Driver」などのキャッチコピーを全ての車種のCMに組み込むことで刷り込み効果も生まれ、マツダブランドの印象付けもできているようです。
マツダは独自の開発技術で素晴らしい車を販売しています。

他メーカーのCMについてはこちら

マツダの新型車についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す