初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フェラーリ488GTBのV8ターボエンジンの真価は】価格・納車時期やスパイダーの試乗評価も

フェラーリ488GTB/スパイダーで注目すべき要点をまとめました。試乗体験、維持費、購入費、納期などこれから488GTB/スパイダーについて調査し、488シリーズの今後を予想していきます。

フェラーリ 488GTBとは?

フェラーリ 488GTB

フェラーリ488GTBは、2015年3月のジェネーブモータショーで正式発表されたフェラーリの最新V8ミッドシップモデルです。
フェラーリV8ミッドシップの歴史は、1975年の308GTBまで遡ります。
その後、328 → 348 → F355 → 360 → F430 → 458 とモデルチェンジを繰り返しながら、同時に性能も向上してきました。
308GTBでは、255PSだったエンジン出力は、488GTBにて670PSまで向上しています。
またV8フェラーリは、V12には標準では存在しないオープンモデルがラインナップされてます。

車名の488は、1気筒あたりの容量(488cc)の意味です。
オープンモデルである488スパイダーも含め、488シリーズの魅力を試乗の感想も添えながら要点を押さえていきます。

フェラーリの歴史についてはこちら!

フェラーリ 488GTBのスペック

最新の488GTBの車両スペックは以下の通りです。
全幅がおおよそ2mに達しようとしています。
因みに308GTBは1,720mmですので、308GTBと並べると2回り以上は大きく見えます。

全長全幅全高
4,5681,9521,213
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6501,3702
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

かつて、フェラーリの生みの親、エンツォ・フェラーリは「V12気筒以外はフェラーリにあらず」と語ったと言われています。
そのために、ディーノ206/246GTには「Ferrari」のエンブレムは与えられず、エンブレムは「Dino」でした。(単に12気筒エンジンとの区別をするためとも言われていますが、Ferraiのエンブレムが与えられなかったのは事実です。)

エンジンはフェラーリV8史上最高の性能を誇ります!

エンジン種類水冷90度V型8気筒(DOHC) + ツインターボ
排気量3,902
最高出力492 [670] / 8,000
最大トルク760 / 3,000
トランスミッション7 速F1 デュアルクラッチ・トランスミッション
駆動方式後輪
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

フェラーリ 488GTBはターボを装着したV8ミッドシップエンジン!

フェラーリ 488GTB

ツインターボということもありますが、700PSに迫る出力は他メーカーの12気筒エンジン以上のスペックです。
先代の458がV8ミッドシップエンジンで最後の自然吸気エンジンでした。
308の総排気量は2,926ccだったのに比べ、458では4,497ccまで拡大されていったのです。

458でフェラーリの自然吸気V8は究極の完成形ということと、自動車業界にも環境保護という波には逆らえず、CO2の排出量を制限されることなったという背景で、フェラーリが選択した答えが総排気量を減らす代わりにターボチャージャーで出力を補うという方法でした。

フェラーリ 488GTBはゼロ・ターボラグ

フェラーリ 488GTB V8エンジン

488GTBの総排気量は、3,902ccとなり、360と変わらない排気量までダウンサイジングされました。
その代わりに2基のターボチャージャーで武装し、ダウンサインジグしながらも458を100PSも回る670psを手に入れたわけです。
リッターあたりの出力も 172PS/Lという値を叩き出しました。

これだけの出力でありながら、F40の頃のようにドッカンターボではなく、とてもスムーズでタイムラグ一切を感じさせない自然な仕上がりになっています。
フェラーリは「ゼロ・ターボラグ」と呼ぶほどの自信作であり、これこそが新時代のターボ、今までのフェラーリファンを裏切らないエンジンでは無いでしょうか。

フェラーリ 488GTBの甲高いエキゾーストノートはどこへ?

エキゾーストノートは変わりました。
最近の自動車最高峰のレース「F1」においても、同様にエンジンのダウンサイジング + ターボという組み合わせなのですが、自然吸気エンジンのような甲高い、耳に刺さるような音ではなくなってしまいました。
ファンからのブーイングで FIAはその対策に乗り出し、488GTBのエキゾーストノートも今までのV8とは異なりました。

過去のV8フェラーリで最高のエキゾーストだったのは、誰もがF355と答えるでしょう。
5バルブエンジン(吸排気合わせて40バルブ)が奏でるエキゾーストは、どのエンジンよりも甲高くまるでソプラノ歌手のような美しい音色でした。
このエキゾーストに心を奪われたファンは多く、F355の人気は未だに衰えません。

それに比べ、488GTBのエキゾーストは低めのサウンドです。
とはいえ、決して変な音ではありません。
フェラーリサウンドと言えるものに仕上がっており、これはフェラーリの開発チームの功績と言えるでしょう。
今までとは異なるフェラーリの新しいサウンドと位置づけるのが適切ではないかと思います。

フェラーリ 488GTBの究極のエアロダイナミクス!

フェラーリ488GTBリア

488GTBはリアに大きなウィングを持っていません。
フロントはF1のフロントウィングのステーを思い起こさせるような形状にはなっていますが、ウィングと呼べるようなものではありません。
それでも空力効果係数 が1.67であり、458より10%程向上させています。

フェラーリは新型車が出る度に空力性能が向上しています。
やはりF1で培ってきた空力の技術が市販車に応用されているのでしょう。
それは燃費にも貢献しているのでしょうか。
8.8km/L(カタログ値)という 670PSのスーパーカーとは思えない燃費を実現しています。

フェラーリ 488GTBの308GTBをオマージュしたデザイン

フェラーリ 488GTB

出典:©Shutterstock.com/ Zavatskiy Aleksandr

フェラーリV8ミッドシップモデルのデザインは、2世代づつ引き継がれています。
328GTBは308GTBのマイナーチェンジ的なデザインです。
F355は348の影が思いっきり残っています。
F430も360がベースであり兄弟車のように見えます。

488GTBは458に似たデザインなのですが、大きく異なる部分があります。
それはサイドに大きく口を広げたエアーインテークです。
デザイナーによると308GTBのオマージュということです。
ネーミングも308GTBから 「GTB」という部分を488でも使っていますね。

フェラーリ 488GTB/スパイダーは装備も充実

フェラーリ 488GTB

2座ですが、空調はデュアルエアコンで、運転席と助手席でそれぞれ設定できます。
快適装備というより贅沢装備に思えます。
カーナビも標準装備となっており、一昔前のフェラーリには考えられないことですね。

キーレスエントリーは、フェラーリでは4初めて採用されました。
エンジン始動もスタートボタンを押すだけです。
308GTBのようにキャブレターではないので、エンジン始動の儀式も必要ありません。

アイドリングストップも装備されています。
これも環境に配慮した機能ですが、V8エンジンを信号停止の度に止めるのは、CO2排出といった面ではいいのですが、私ならこの機能はOFFにしてしまうことでしょう。

カップホルダーや、USB端子も装備されています。
Apple Car Playも利用できます。

フェラーリ 488GTB/スパイダーが速いのは当たり前! その演出がフェラーリなのだ!

フェラーリ 488GTB メーター

最新のフェラーリですから、もちろん速いです!
やはりモデルチェンジする度に速くなっていきます。
 ・最高速度:330km/h以上
 ・0 → 100km/h加速:3.0秒

公道では発揮しきれないスペックではありますが、タイヤを交換すればそのままサーキットで楽しめます。
昔のレースカー並みのスペックですが、速いと感じるのは単に加速・スピード感だけではないのです。

音は自然吸気型に比べ甲高い音色ではなくなって残念とお話ししましたが、フェラーリミュージックは健在です。
特にスパイダーでは単なる排気音ではなく、ドライバーがその気になるような音を奏でるよう調教してあるのです。
五感全てに訴えてくるのがフェラーリなのです。
それに比べるとライバルとなるマクラーレン570S、650Sのエキゾーストノートは、ジェントルな装いです。

フェラーリのライバル車に関するおすすめ記事はこちら!

488GTB風になる! フェラーリ488スパイダー試乗レポート

フェラーリ 488スパイダー

今までフェラーリ488GTB/スパイダーについて語ってきました。
では実際運転してみると、どんな感じなのでしょうか?
今回は、フェラーリの正規ディーラーにて488スパイダーを試乗させていただきました!

オープンエアの誘惑

1年程前に488GTBに試乗しているので、特に緊張感はありませんでしたがワクワク感は同じかそれ以上です。
それはきっと、オープンモデルだからでしょう!

ドア・オープナーは見てわかる形なので戸惑うことなく人差し指で引っかければ、軽く開きます。
この手の車は車高が低いので、乗り込む際にちょっとしたコツが必要です。
左ハンドルなので、右足を先に滑り込ませ上半身を軽く曲げながらお尻を入れ、最後に左足を入れます。

まずは簡単なレクチャー

メーター周りは458に酷似しています。
エアコンの吹き出し口の形状がシャープになっており、よく見ると細かい部分が違うようですが、458に乗ったことがある人であれば迷うことはないでしょう。

488からフェラーリで初めてキーレスエントリーが採用されました。
リモコンをセンターコンソールに置いて、ブレーキを踏み、エンジンスタートキーを押せば、エンジンは簡単に掛かります。
このエンジンが掛かった際のエキゾーストノートがまた気持ちいいんです。
ちょっと低めの音ですが決してうるさくなく、心地よく耳に染みます。

スパイダーの醍醐味といえば、やはりトップの開閉です。
センターコンソールにあるスイッチで操作するだけです。
45km/h以下なら走っていても動き、開閉共に約14秒で終わります。

いざ発進!

サイドミラーは左右共思ったよりよく見えるので後方確認が楽です。
ブレンボが488用に開発したブレーキシステムには、リアキャリパーに「電動パーキングブレーキ」が内蔵されており、その操作はスイッチで行えます。

ステアリングコラムにあるモードスイッチは「SPORT」で発進!とてもスムーズに走り出します。
パドルシフトを操作しなければ、AT車と同じです。左ハンドルでなければ、免許証を持っていれば誰でも乗れる感じです。
しばらく走ってからモードを「RACE」に変更しました。
まずエキゾーストノートが変わりました。音自体も大きくなっています。

走らないとわかりませんがサスペンションのセッティングも変わっています。
シフトアップのタイミングもエンジン回転数を引っ張るようになります。
直線からコーナーに入る手前で左のパドルシフトを3回引いてブレーキングすれば、ファン、ファン、ファンと綺麗にシフトダウンを勝手に決めてくれます。
普段、MT車でヒール・アンド・トゥでやるより明らかに、そして確実にシフトダウンを決めてくれます。

スパイダーは屋根が無い分、車体剛性を確保する補強のために50kg程重くなっていますが、それを感じさせるような鈍い動きは全く感じませんでした。
サイドウィンドウをあげていれば、風の巻き込みは少なく、気持ちよいオープンエアを味わえます!

フェラーリ 488GTB/スパイダーの最新V8ターボの試乗の評価は?

フェラーリ 488GTB

当初は、やはりターボ車ということで、「自然吸気の加速感やエキゾーストノートではない!」と言った意見がありました。
しかし、フェラーリブランドを背負っている宿命、美しいデザイン、圧倒的な性能が評価され様々な賞を受賞すると「やはりフェラーリだ!」という最高の評価となりました。

V8ターボも今後はさらに磨きが掛かってくることでしょう。
比較されるのは、同様にターボを搭載しているマクラーレン 720S、650S、570Sと、V10自然吸気のランボルギーニ ウラカンあたりです。
どの車もメーカーの文化、思想を反映した素晴らしい車ですが、やはり一番オーラを放っているのは488ではないでしょうか!

フェラーリ 488GTB/スパイダーの維持費はどれくらい掛かるのか?

フェラーリ 488スパイダー

フェラーリ正規ディーラーにて購入する場合、7年間無料メンテナンスプログラムを利用する方がよいでしょう。
工業製品としての品質は昔に比べ、かなり改善されてきました。
しかし、国産車に比べれば遥かに少量生産であるので、部品単価は割高になります。
最近のフェラーリのタイミングベルトは、V12/8ともにチェーン駆動になりましたので、数万キロ単位でエンジンを脱着してタイミングベルトを交換する必要ありません。

維持費

488GTB/スパイダーを、所有するためにかかる維持費は以下の通りです。

年間費用(円)条件/備考
自動車税66,5004,000cc 以下
重量税7,5001.5t 以下
自賠責保険12,915年換算
任意保険500,00020等級/Gold/本人/35歳以上/車両:新車同等 (*1)
駐車場代120,000地域によって格差あり (月極10,000円と仮定)
燃料代77,085年間:4,000km (仮定) 燃費:7.0km/L (*2) ハイオク:135円/L (*3)
合計784,000

(*2) オーナーに聞いた平均燃費(一般道/高速道路、走り方で変動します。)
(*3) ハイオク価格は変動します。

上記の他に、自動車保険(任意保険)、車検代、駐車場代などの維持費が発生しますが個人差、地域差があるためここでは表記を省略しました。

フェラーリの維持費に関するおすすめ記事はこちら!

フェラーリ 488GTBを価格や納車時期は?

フェラーリ正規ディーラーでの注文をシュミレーション

フェラーリ488GTB-Spider

スーパーカーはディーラーがあらかじめ発注して倉庫に在庫しておき、車を店頭で販売するのではなく、自分用にコーディネートし仕様を決めてから発注する生産がメインです。
先代の458では注文してから納車まで3年程掛かっていましたが、現在(2017年5月)、488の納車はそれよりは早くなっています。

・488GTB:約1年
・488スパイダー:約1年半

納期は全世界のディーラーからの注文数によって前後しますので、あくまでも参考と考えてください。

見積作成!

見積は 488GTBです。
スパイダーも捨て難いのですが、リアボンネットから、V8エンジンが見える演出が捨てきれませんでした。
スパイダーでは見ることができません。

車両本体価格:3,070万円

そこにカーボンのオプシンをほとんど付け、内外装とも世界に1台しかない488GTBを作ってみたところ、約4,200万円となりました!
更に消費税や諸経費が加わるとさらに高くなります。

フェラーリの製造ラインでは、このような様々な仕様の車が1台づつほぼ手作りの状態で作られます。
国産車の製造ラインのように一定の速さで流れているわけではありません。
これでは納期に時間が掛かるのは当たり前ですね。

フェラーリ 488GTB/スパイダーの今後の期待される展開!

フェラーリ 488スパイダー

フェラーリの今までの展開からすると、高性能版が登場するのは間違い無いでしょう。
また今までのように他ブランドとの限定コラボ仕様もいくつか展開される可能性もあります。

高性能版は「スペチアーレ」と呼ばれています。
360から登場したシリーズであり、呼び名はその度に異なります。
・360モデナは「チャレンジ・ストラダーレ」
・F430では「F430スクーデリア」
・458イタリアは「458スペチアーレ」

では488のネーミングはどうなるでしょうか?
最近、488には 「GTOというネーミングが復活するのではないか?」という噂があります。
GTOはフェラーリにとっては特別な存在です。
もし本当にGTOが復活すると、250GTO、288GTO、599GTOに続いて4代目となります。

またマクラーレン720Sに対抗して、出力は700PS以上ではないかという噂があります。
その登場は2018年とみられています。
その間にコラボレーションなどの特別仕様が何台か登場するかもしれません。
今後の488シリーズの展開が楽しみです!

フェラーリに関するおすすめ記事はこちら!

この記事の執筆者

久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至る。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 現在の愛車はちょっと古めのフェラーリです。 この車は、工業製品でありながら芸術品でもあり、次のオー...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す