初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ A4徹底解説!実燃費や維持費&内装から価格と試乗時の評価も

アウディのベストセラーモデルで8年ぶりにフルモデルチェンジを行ったアウディ A4。その歴史や実燃費、維持費、価格、試乗評価などを徹底解説! FF(フロントエンジン前輪駆動)とクワトロ(4WD)の違いや、各グレードの装備についても紹介していきます。

アウディ A4とは?

アウディ A4 新型

アウディ A4とは、ドイツのDセグメント(全長が約4,600 - 4,800mmクラス)車です。
このクラスのライバルとして、ベンツCクラス、BMW3シリーズなどがあります。
2015年に販売された現行アウディ A4は、意外にも従来のDセグメント以上の高級感があります。
内容が充実した分、価格も高くなってしまったA4ですが、安全装備や内装などの出来は想像以上です。
アウディのラインナップとしては、A3、A5の間に位置付けられているA4ですが、アウディの売れ筋(アウディ80から累計1,200万台販売)なので、かなり力の入った車種だといえます。

アウディ A4の歴史

アウディ A4は、アウディ80の後継モデルとして1994年から販売されました。
先代のアウディ 80がB4という形式番号だったので、初代A4はB5となっています。
この初代A4までは、フォルクスワーゲン パサートと共通のプラットフォーム(骨格部分のこと)でした。
アウディA4はミドルクラスセダンとして幅の広い層に受け入れられる必要から様々なバリエーションが存在します。
ステーションワゴンのアバントや、FF(前輪駆動車)に加えてクワトロ(4WD)のラインナップも用意されています。

2001年に2代目となったB6は、パサートとの共通プラットフォームではなくなり、ボディサイズのアップによって室内空間が広がりました。
その後、3代目、4代目とモデルチェンジを重ね、Dセグメントセダンとして順調にセールスを伸ばしていったのです。

フォルクスワーゲン パサートのおすすめ記事はこちら!

アウディ A4に搭載されている先進技術

充実の運転支援システム

アウディ Q7とA4 プレセンスシティ 2016年

アウディ A4には、先進技術が用意されています。
右折時の反対車線を走る車を警戒するターンアシスト、周囲の車や歩行者を警戒する「Audiプレセンスシティ」、後方から接近する車や自転車を監視する「Audiプレセンスリア」、追い越し車の存在を警告する「Audiサイドアシスト」など、運転支援システムが充実しています。
他には、「アクティブクルーズコントロール」と呼ばれる車間距離の自動調整機能や、走行レーンのはみ出しを防止する「Audiアクティブレーンアシスト」、「駐車補助システムパークアシスト」など、ドライバーの操作をより快適にするための装備もあります。

これらの機能は、1.4 TFSIではオプションになっている装備ですので、セットオプションであるセーフティパッケージ(69万円)を購入する必要があります。
2.0TFSIには標準装備されていますが、サイドアシスト、プレセンス リア、パークアシストなどはオプション(22万円)として追加しなければなりません。

バーチャルコックピットとは?

アウディA3スポーツバック

アウディ バーチャルコックピットとは、12.3インチの液晶画面に、スピードメーターやタコメーター、ナビなどの情報を表示するシステムです。
A4ではオプションとして7万円で選ぶことができます。
フレキシブルにドライバーに必要な情報を表示できる先進システムなので、アウディをA4を購入するなら選びたいオプションです。

他にもオプションのヘッドアップディスプレイ(14万円)もあります。
ドライバーに小さな画面で、ナビの指示や警告などを表示します。
全車標準搭載のAudi connectはインターネットとの連携システムです。

アウディ A4の外観

アウディ A4 新型

アウディ A4の外観は、直線的なラインで構成されています。
サイドからリアにかけてのラインは、セダン特有のシャープさがあり、フロントのボンネットは境目を感じさせないクラムシェル型となっており優美さを演出しています。

アウディの各ラインナップは共通のフロントデザインをしており、企業イメージを統一しています。
アウディの4輪のロゴは、「フォーシルバーリングス」と呼ばれ、アウディの前身となったアウトウニオンのマークが由来です。
アウトウニオンは、ホルヒ、アウディ、ヴァンタラー、DKWが合併した会社で、それぞれの企業を4つのリングで象徴しています。

アウディの歴史に関する記事はこちら!

アウディ A4の内装

アウディ A4 新型 2016年 内装

アウディ A4の内装の特徴は、オプションで用意されているバーチャルコックピットなどの先進機能はもちろんのこと、質実剛健なドイツ車らしい魅力があります。
Dセグメントとは思えない高級感のあるパネルに、ドイツ車らしい座り心地の良いシートがドライバーをもてなしてくれます。
後席のスペースも充分にあり、快適な室内空間があります。

機能性を徹底したインターフェイスは、使い勝手のいい位置にまとめられておりストレスを感じさせません。
クラスを超えた作りこみを感じさせる内装は、先進性のあるオプションとの調和により1ランク上の贅沢な上質さを提供しています。

アウディ A4のスペック

アウディ A4 新型 2016年
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
排気量1.4L
最高出力110[150]/5,000-6,000
最大トルク250[25.5]/1,500-3,500
トランスミッション7速 Sトロニックトランスミッション
駆動方式FF
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
エンジン種類
直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
排気量2.0L
最高出力140[190]/4,200-6,000
最大トルク320[32.6]/1,450-4,200
トランスミッション7速 Sトロニックトランスミッション
駆動方式FF
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
排気量2.0L
最高出力185[252]/5,000-6,000
最大トルク370[37.7]/1,600-4,500
トランスミッション7速 Sトロニックトランスミッション
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,7351,8401,430
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8251,450~1,6105
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

日本仕様車には、7速SトロニックというDSG(トルコンを介しないダイレクトなAT)トランスミッションしかありません。
ヨーロッパではMT車の比率が比較的高いのですが、日本市場の大半がオートマです。
日本市場にあわせた右ハンドル、7速Sトロニックという仕様であるといえます。

1.4リッターエンジンは、1,450kgの車重に1,500rqmという低回転から最大トルクの25.5kgmを発揮します。
直噴ターボエンジンの恩恵ともいえるトルクフルな加速力のあるエンジンです。
2リッターエンジンは、車重1,540kgに1,450rqmで最大トルク32.6kgmのエンジン、クワトロは、車重1,610kgに1,600rqmで最大トルク37.7kgmのエンジンとなっています。

馬力もクワトロが圧倒的に高い252PSとなっているので、動力性能ならクワトロ、維持費だと1.4リッターといったスペックとなっています。

アウディ A4のグレード比較

アウディ A4には、1.4リッターと2.0リッター、そしてクワトロの2.0リッターの3種類のエンジンが用意されています。

1.4 TFSIは、FFの150PSの1.4リッター直列4気筒ターボエンジン搭載のベースグレードで、価格は447万円(税込)です。

1.4 TFSI sportは、1.4 TFSIの装備に、スポーツバンパーやサスペンション、スポーツシートに、シートヒーター、リアビューカメラ、Audiパーキングシステムなどを加えたグレードで価格は478万円(税込)です。

2.0 TFSIは、190PSの2リッター直列4気筒ターボエンジン搭載のFFのグレードです。
1.4TFSIの装備に、アダプティブクルーズコントロール、アウディアクティブレーンアシスト、ターンアシスト、リアビューカメラ、Audiパーキングシステムなどを加えて518万円(税込)です。

2.0 TFSI quattroは、クワトロ(4WD)で252PSの2リッター直列4気筒ターボエンジンのグレードです。
2.0 TFSIの装備にクワトロ(4WD)、17インチ10スポークアルミホイールなどを加えて597万円(税込)です。

アウディ A4のオプション

アウディ Q7とA4 アクティブレーンアシスト 2016年

アウディ A4でもっとも重要なオプションがセーフティパッケージです。
一番安いグレードである1.4TFSIと1.4TFSI sportでは、Audiプレセンスシティと呼ばれる自動ブレーキシステムのみしかありません。
安全性を万全にするならセーフティパッケージと呼ばれる、運転支援システムのセットオプションを購入する必要があります。
69万円もする高額なオプションなので選択に悩むところです。

2.0TFSI以上のグレードだとセーフティパッケージは22万円で購入できます。
というのも、1.4TFSIのセーフティパッケージの4分の3以上の機能が既に搭載されており、エンジンだけでなく装備面でも上級グレードであると言えます。
他には、S Lineパッケージと呼ばれる、BMWでいうところのMスポーツパッケージのような、Sシリーズを思わせるオプションがあります。
エアロやスポーツシート、LEDヘッドライトなどのセットで、2.0TFSIで93万円、2.0TFSI quattroで82万円します。

アウディ A4の中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


2017年5月現在のアウディA4の中古車平均価格は238万円となっています。
価格帯は9万円~620万円と幅広く、登録車数も402台と多いため、あなたにぴったりの1台が見つかるかもしれません。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す