初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アストンマーチン新型ヴァンキッシュS発表!脅威の性能と価格は?日本発売日についても

英アストンマーチンのフラッグシップスポーツ「ヴァンキッシュ」。その最新モデルである「ヴァンキッシュS」が日本初公開されました。アストンマーチン史上最高のスーパーGTと称されるヴァンキッシュSとは、はたしてどのようなスポーツカーに仕上がっているのか?本記事では、そんなヴァンキッシュSが持つ驚異の性能や価格などの最新情報についてまとめています。

アストンマーチン新型ヴァンキッシュS 日本発売が開始!

ヴァンキッシュS

アストンマーチン ヴァンキッシュS

アストンマーチンは4月24日、新型スポーツカー「ヴァンキッシュS」を日本初公開しました。
アストンマーチンのCEOであるアンディ・パーマー氏曰く、「アストンマーチン史上最高のスーパーGTに仕上がっている」というヴァンキッシュS。

本記事では、そんな新型ヴァンキッシュSが持つ驚異の性能や価格といった、最新情報についてまとめています。

アストンマーチン ヴァンキッシュとは?

ヴァンキッシュ クーペ

ヴァンキッシュとは、アストンマーチンが2012年から製造・販売しているスポーツカーです。
アストンマーチン「DBS」に代わるフラッグシップモデルとして開発されました。
2013年に創業100周年を迎えたアストンマーチンでは、ヴァンキッシュを「これからの100年の形を象徴した車」と称しています。

ヴァンキッシュはボディパネルのすべてにカーボンファイバーを採用することで、大幅な軽量化が施されており、ねじり剛性においてもDBSより25%向上されています。
パワートレインには、アルミ製の6.0L V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は576PS、最高速度は323km/hを出すことが可能です。

ボディタイプはクーペの他、コンバーチブルの「ヴァンキッシュ ヴォランテ」も存在しています。

アストンマーチン ヴァンキッシュの新車価格

ヴァンキッシュ 新車価格
ヴァンキッシュ クーペ32,850,000
ヴァンキッシュ ヴォランテ35,182,800
[単位]円(消費税込み)

アストンマーチン ヴァンキッシュのスペック

ヴァンキッシュ クーペヴァンキッシュ ヴォランテ
全長4,6924,692
全幅1,912(ドアミラー除く)1,912(ドアミラー除く)
全高1,2941,294
ホイールベース2,7402,740
車両重量1,7391,844
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm
車両重量:kg 乗車定員:人

エンジン種類V型12気筒DOHC
排気量6.0L
最高出力424[576]/6,650
最大トルク630[64.2]/5,500
トランスミッション8速AT
駆動方式2WD(FR)
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アストンマーチンの現行車種一覧はこちら!

アストンマーチン ヴァンキッシュSのデザイン

ヴァンキッシュSの外装

アストンマーチン ヴァンキッシュS
アストンマーチン ヴァンキッシュS
アストンマーチン ヴァンキッシュS
アストンマーチン ヴァンキッシュS

ヴァンキッシュSの外装は、新たなエアロダイナミクスパッケージにより、ノーマルのヴァンキッシュと容易に区別することが可能です。
カーボンファイバー製のフロントスプリッターやリアディフューザー、フロントグリル、4本出しのエキゾーストパイプを装着し、5スポークの鍛造タイヤも新たなオプションとして用意されます。

ヴァンキッシュSの内装

アストンマーチン ヴァンキッシュS 内装
アストンマーチン ヴァンキッシュS 内装
アストンマーチン ヴァンキッシュS 内装

ヴァンキッシュSの内装には、シートやドアの内張りとして新たに「フィログラフ」のキルトレザーや「サテン・チョップド・カーボンファイバー」のフェイシアパネル(インパネ・ダッシュボード)が採用されています。
また、デンマークの高級オーディオメーカー「バング&オルフセン」のオーディオシステムを標準搭載するなど、室内装備の面でも非常に充実しているのが特徴です。

ヴァンキッシュSの車体寸法

全長全幅全高
4,730
4,745(ナンバープレート台座含む)
1,910(ドアミラーを除く)
2,067(ドアミラーを含む)
1,295
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7401,7394
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm
車両重量:kg 乗車定員:人

アストンマーチン ヴァンキッシュSのエンジン性能は?

アストンマーチン ヴァンキッシュS

ヴァンキッシュSのパワートレインには、従来と同じ6.0LのV型12気筒エンジンが搭載されます。
その最高出力は、インテークマニホールドの大型化によって576PSから600PS(欧州仕様のみ、日本仕様車は588PS)にまで強化されており、スロットルレスポンスもより向上しました。

また、エンジンの強化に合わせて、トランスミッションの設定も調整され、ギアチェンジの速度が向上した他、低速での走行安定性も増加しているそうです。
さらに、ダンパー設定やスプリングレート、アンチロールバーのブッシュといった足周りにも細かな調整が施されています。
この調整により、乗り心地を犠牲にすることなく、より直観的でスポーティなドライビングを実現しました。

ヴァンキッシュSのエンジン性能

エンジン種類V型12気筒DOHC
排気量6.0L
最高出力433[588]/7,000(日本仕様)
最大トルク630[64.2]/5,500
トランスミッション8速AT
駆動方式2WD(FR)
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アストンマーチン ヴァンキッシュSの価格と日本発売日・納期は?

価格 相場

ヴァンキッシュSにはクーペとコンバーチブルのボディタイプが設定され、ベースモデルの販売価格は3,457万9,982円からとなっています。

日本国内での発売日は2017年4月24日からとなっており、納車開始時期は、5月を予定しているとのことです。

アストンマーチン新型「ヴァンキッシュS」に期待!

アストンマーチン ヴァンキッシュS

アストンマーチンの新型「ヴァンキッシュS」についての最新情報はいかがでしたか?

ノーマルのヴァンキッシュを超える、ハイパーフォーマンスカーに仕上がっているというヴァンキッシュS。
納車開始が予定されている5月も近付き、すでに購入を決めている人の期待は最高潮に達していることでしょう。

MOBYでは今後も、ヴァンキッシュSについての情報を更新していくので、どうぞご期待ください。

アストンマーチンの新型車に関連する記事はこちら!

高級車の新型情報一覧

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...