初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【人気SUV徹底比較】スバル新型XVvs日産ジューク!燃費・性能や価格にデザインなど│リアルな評判も

新型の発売が5月に予定されているスバル「XV」。個性的なデザインが魅力の日産「ジューク」。本記事では、人気のSUVである新型XVとジュークの燃費や価格、デザインから実際の評判についてまで徹底比較しているので、是非ご覧になっていってください。

スバル XVとは?

3代目 新型XV

スバル XV 2017年型

XVは、スバルが2010年に発売したクロスオーバーSUVです。
初めはインプレッサの派生車種「インプレッサXV」として販売されていました。
XVという車名は「クロスオーバー(X-Over)ヴィークル(Vehicle)」の略語です。

現在XVはフルモデルチェンジした新型の発売を控えており、この記事で紹介するモデルは、5月24日に発売される予定の3代目XVとなります。
新型XVは、トヨタ・C-HRやホンダ・ヴェゼルといった強力なライバルSUVに対抗するため、2代目モデルから大幅なパワーアップを図り、全く違った車になっているとのこと。

そのボディには、5代目インプレッサから採用が始まった次世代プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム(SGP)」が採用され、高い操縦安定性とレスポンス性、衝突安全性を実現しました。

また、パワートレインには、2.0Lの水平対向4気筒直噴エンジンと1.6Lの水平対向4気筒エンジンの2種類が用意され、高い動力性能と燃費性能を発揮します。
さらに安全装備として、最新の安全運転支援システム「アイサイト Ver.3」と歩行者保護エアバッグを全車で標準装備するなど、抜群の安全性能も誇っているのです。

スバルXVに関する詳細記事はこちら!

日産 ジュークとは

日産 ジューク 15RX パーソナライゼーション 2014年型

ジュークとは、日産自動車が2010年に発売したクロスオーバーSUVです。
クーペとSUVを融合させたような外装デザインを最大の特徴としており、そのスポーティーで個性的なスタイルは、若者を中心に人気を集めています。

パワートレインとして1.5Lの直列4気筒エンジンと1.6Lの直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、4WD車には電子制御式の四輪駆動システム「オールモード4x4-i」を採用するなど、個性的なデザインだけでなくSUVとしての走行性能も追求されているのです。

安全装備としては、「エマージェンシーブレーキ」と「車線逸脱警報装置」を全車で標準装備しており、万が一の際にも高い安全性能を発揮します。

日産ジュークに関する詳細記事はこちら!

スバル 新型XVと日産 ジュークの価格と燃費を比較!

価格 相場

新型XVとジュークの価格の違いは?

新型XVとジュークの新車価格は以下の通りです。

■XV 1.6Lガソリン:2,138,400~2,246,400円(税込)
■XV 2.0Lガソリン:2,484,000~2,678,400円(税込)

■ジューク 1.5Lガソリン:1,975,320~2,274,480円(税込)
■ジューク 1.6Lガソリンターボ:2,426,760~3,468,960円(税込)

新型XVとジュークの価格帯は同じくらいに設定されています。
ですが、NISMOの設定がある分ジュークの方が最高価格は上です。

新型XVとジュークの燃費性能の違いは?

新型XV 1.6L/2.0Lジューク 1.5Lジューク 1.6Lターボ
JC08モード燃費16.0~16.418.012.6~14.2
実燃費---
[単位]km/L

新型XVはエンジンが2種類で駆動方式は4WDしかないので、燃費の幅も大きくはありません。
それに対し、ジュークはエンジンが3種類、駆動方式は2WDと4WDの設定があるので、燃費の幅は大きくなっています。
同クラスのエンジンと駆動方式で比較した場合、総合的な燃費性能ではXVが勝ります。

また、新型XVには先代モデルにあったハイブリッドの設定がありませんが、スバルはハイブリッドが強いトヨタと提携関係にあるので、今後新型XVにもハイブリッドエンジンが搭載され、燃費性能が大きく向上するかもしれません。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...