初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【小型SUV戦国時代到来】スバル新型XVとマツダCX-3の性能・評判・デザインなど徹底比較

スバル新型XVとマツダCX-3を機能・安全装備で比較

近年の登場する車には、危険回避の制御や自動運転システムなど、最新機能を多く装備されています。
スバル新型XVとマツダCX-3にも多くの機能・戦前装備が装備されており、これを比較してみたいと思います。

スバル新型XV

【アイサイトver.3搭載】
アイサイトver.3に搭載する「ステレオカメラ」は、人の目と同じように距離と形状を認識します。白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識し、状況に合わせてVDC、エンジン、トランスミッション、メーター、ステアリングなどの制御し、高度な運転支援を行います。

【プリクラッシュブレーキ】
衝突の危険があるとドライバーに注意を喚起し、回避操作がない場合は自動的に減速または停止します。

【全車速追従機能付クルーズコントロール】
高速道路や自動車専用道路で、0km/h〜100km/h域内で先行車に追従走行が可能になり、アクセルやブレーキ操作を自動で制御してくれます。
先行車がいない時は、速度30km/h〜100km/hで定速走行の設定が可能で、先行車を検知すると、一定の車間距離保って追従走行に切り替わります。
追従走行時は、加速モードを4段階から選択可能です。

【アクティブレーンキープ】
スバルいわく”はみださない技術”。ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識し、ステアリング操作のアシストで車線内中央付近の維持してくれます。

【車線中央維持】
「全車速追従機能付クルーズコントロール」をセットし、約60km/h以上で走行している場合、車線内中央付近を維持するようステアリング操作のアシストを行います。ドライバーの運転負荷を大幅に軽減するとともに、安定した走りを提供します。

【車線逸脱抑制】
自動車専用道路などを約60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリング操作のアシストを行い、車線からの逸脱を抑制。安全運転を支援します。

【VDC(ビークルダイナミクスコントロール)】
VDCは、横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えるシステムです。コーナリングや急な危険回避の時の安定性を高めるため、4輪個別のブレーキ制御、エンジン出力制御、AWDトルク配分によってドライバーをアシストしてくれます。

【AT誤発進抑制制御】
前方間近に障害物があるにもかかわらず、システムが誤発進と判断し、警報音と警告表示で注意を喚起。エンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。
また、Rレンジの状態でアクセルの急な踏み込みを検知した場合も作動し、後退の飛び出しを抑制します。

【歩行者保護エアバッグと室内に7つエアバックを完備】
歩行者保護エアバッグ全車に標準装備しました。歩行者の頭部への衝撃を緩和します。
そして、7つの乗員保護エアバッグを標準装備し、今までになかった前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用しています。

マツダCX-3の機能・安全装備

【リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)】
駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告してくれます。

【ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)】
約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方・後方から接近する車両を検知。
そして、検知した側のドアミラーのインジケーターが点灯し、その時にウインカーを出すと車線変更の危険性を、インジケーターの点滅と警報音で警告します。

【マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)】
約30~100km/hの範囲で先行車との速度差や車間距離を計測し、設定した車間距離を保ち自動で走行するシステムで、高速道路でドライバーの負担を軽減します。

【グレアフリー(防眩)ハイビーム】
対向車や先行車が眩しくないように複数に分割したLEDで部分消灯しながら、ハイビームでの良好な視界を確保します。

【ワイド配光ロービーム】
約40km/h以下での走行時、ロービームをワイドに照らし、車両近くの左右視界を拡大。約95km/h以上の高速走行時、光軸を自動で上げて、より遠方の視認性を向上させます。

【AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]】
前方に障害物があるにも関わらずトランスミッションをDギアでアクセルを踏みこんでしまったときに、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。
同様に、後方も障害物があるにも関わらず、ギアをRでアクセルを踏み込まれた場合には、警報とエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

【アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)】
アドバンスSCBSは、対車両で約4~80km/h走行時と対歩行者で約10~80km/h走行時に、前方の歩行者や先行車を検知し、ブレーキを自動制御して衝突回避のサポート、または衝突被害の軽減を図ります。

【スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)】
約2~8km/h以下で後退時に障害物を検知してブレーキを自動制御します。

【スマート・ブレーキ・サポート(SBS)】
約15km/h以上で走行中、先行車をとらえ、衝突の危険があると判断すると音や表示で警告し、ブレーキを自動制御してくれます。

【前後輪のトルク配分を自動制御 】
タイヤの動きや路面状況などをリアルタイムで把握し、前後輪のエンジントルク配分を2WD(FF)相当から直結4WD状態まで積極的にコントロール。悪路でも安全にトルク配分を制御し、横滑りなどを防止してくれます。

スバル新型XVとマツダCX-3を価格で比較

スバル新型XV

スバル新型XV
1.6i EyeSight2,138,400
1.6i-L EyeSight2,246,400
2.0i-L EyeSight2,484,000
2.0i-S EyeSight2,678,400
[単位]円(消費税込み)

マツダCX-3

マツダCX-3
XD2WD(6EC-AT):2,376,000
2WD(6MT):2,376,000
4WD(6EC-AT):2,602,000
4WD(6MT):2,602,000
XD Noble Brown2WD(6EC-AT):2,840,400
2WD(6MT):2,840,400
4WD(6EC-AT):3,066,400
4WD(6MT):3,066,400
XD PROACTIVE2WD(6EC-AT):2,592,000
2WD(6MT):2,592,000
4WD(6EC-AT):2,818,000
4WD(6MT):2,818,000
[単位]円(消費税込み)

スバル新型XVとマツダCX-3の値引き予想価格で比較

スバル 新型XVの値引き相場

オプション含む平均値引き相場:12万円
車両本体の値引き目標額:12万円

新型XVへとフルモデルチェンジしたばかりのため値引きは厳しめです。
しかし、小型クロスーバーSUVへ乗り換えている方が急増しているため、ライバル車と比較しながら値引き交渉をすれば効果的です。
ホンダ・ヴェゼル、マツダ ・CX-3、日産・ジュークなどを話題にして値引き交渉してみてください。

マツダ・CX-3の値引き相場

オプション含む平均値引き相場:17万円
車両本体の値引き目標額:13万円

CX-3は国内で唯一のディーゼルエンジン車のみの車種であり、デミオをベースにしつつもプレミアム感を引き出した車です。
"値引きで台数を増やす"というような営業戦略を取っておらず、ライバル車と比較しながら値引き交渉は難しいでしょう。
そこで、乗っている車の下取り価格を他のお店を回りながら比較し、下取り価格を高く設定できるよう試みてください。
また、オプションの値引きは高額であるという口コミは多いです。

車購入の前に読んでいただきたい記事はこちら

スバル新型XVとマツダCX-3の燃費比較

スバル新型XVの実燃費は、まだカージャーナリスト向けの公道走行でのインプレッションが行われておらず、新車の納車されていないので実燃費を測ることができません。

まず、JC08モード燃費の比較とマツダCX-3の実燃費を調べてみます。

マツダ・CX-3の実燃費は

ユーザーの口コミから実燃費を調べてみたいと思います。

燃費性能もよく、高速、一般道を普通の走らせ方で19.3km/lの燃費を確認。

出典:http://www.goo-net.com/

燃費はこの大きさで驚異的です。平均リッター13km高速リッター20kmリッター街中10kmでこのクラスでは抜群に維持費が安くすみます。

出典:http://www.carsensor.net/

平均して街中では、10~13km/L、高速では19~20km/lになります。

スバル新型XVとマツダ・CX-3のJC08モード燃費で比較

スバル新型XVマツダCX-3
JC08モード燃費1.6i Eye Sight:16.2
1.6i-L EyeSight:16.2
2.0i-L EyeSight:16.4
2.0i-S Eye Sight:16.0
2WD(6EC-AT):23.0
2WD(6MT):25.0
4WD(6EC-AT):21.0
4WD(6MT):23.4
実燃費-16.1
[単位]km/L

実燃費でスバル新型XVと同等であり、レギュラーより安価な軽油なので、年間のガソリン代は断然CX-3のほうが優っています。

ディーゼルとガソリンエンジンの違いについてはこちら

スバル新型XVの評判は

まだ発売しておらず、公道試乗も行っていないためクローズドコースの試乗レビューのみですが、今回紹介したユーチューブ動画では、かなりの高評価でスバリストも納得いく作りとなっています。

雪道や、オフロード走行での走破性は十分であり、シティーユースのCX-3よりもアウトドア向きです。
豪雪地帯や、アウトドアが好きな人ではおすすめできる作りとなっています。

【新型XV vs CX-3】買うならどっち?アンケート実施中!

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【新型XV vs CX-3】コンパクトSUV対決!買うならどっち?

スバルから新型XVが販売され、国産SUV市場の競争はますます激しくなるものと予想されます。マツダが販売する人気SUV、CX-3と...

  • 新型スバル XV
  • マツダ CX-3
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

低燃費とスタイリッシュなマツダCX-3とオフローダーのスバル新型XV

スバル新型XVとマツダ・CX-3を比較していきながら見ていきましたが、いかがでしたか?

2車種を短い言葉で表せば、コストパフォーマンスのスバル新型XVと、街乗り最適な低燃費のCX-3です。
スバル新型CX-3は、250万ぐらいで世界最高水準の安全性と多くのハイテク機能を装備し、悪路をこなす走破性は非常に優れています。
一方でマツダ・CX-3は、クラス最高の低燃費で維持費の安さと、SUVというより、街中をキビキビ走るクロスオーバーSUVです。

互いに違った良さをもって、活躍できるフィールドは両極端であるため、選ぶなら自らが求める用途に合わせやすい2台だと思います。

国産車のライバル車についての記事はこちら

外車のライバル車についての記事はこちら

SUVに関するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!