初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ノアハイブリッドは損?得?価格・減税や実燃費・スペック・パワーからガソリン車と徹底比較

2014年にフルモデルチェンジされたトヨタを代表するミニバン「ノア」。ハイブリッド仕様車とガソリン仕様車とあり、販売台数は50%:50%だと結果が出ています。今回はノアハイブリッドはガソリン仕様車と比べてどれだけ経済的なのかを検証しました。

トヨタ ノアとは?

トヨタ ノア X V Package 2014年

トヨタ ノアはタウンエースの派生車としてファミリー層に向けた新たなスタイルとして販売されたのが始まりです。その後商用バンの冠名だった「タウンエース」がとれて、今の「ノア」という車種になりました。
2014年のフルモデルチェンジで3代目となる車です。
ガソリン仕様車の大きな特徴は価格設定にあり、迫力のあるフロントマスクや低重心の車体、圧倒的なネームバリューが若いユーザー層に好評です。

ノアについてもっと知りたい!

タウンエースについてわかるライトエースの記事

トヨタ ノアハイブリッドとは?

トヨタノア X ハイブリッド 2014年

ノアに本田技研から技術提供を受けた1.8Lアトキンソンサイクルエンジンにモーターを組み合わせ、従来の車両重量の重たいハイブリッド車から一線をかす車両重量をを実現したハイブリッドミニバンです。
発表当時、エンジンの技術提供をライバルメーカーでもある本田技研から受けたことは大きく話題にのぼりました。

トヨタ ノアのCMは?

ノアのCMと言えば、妻夫木聡さんとジャン・レノさんが出演している豪華なCMが話題を呼びました。
ジャン・レノさんが「ドラえもん」、妻夫木聡さんが「のび太」の設定で、リアルドラえもんを演じていて、とてもユニークなCMです。
紹介した動画のほか、何作かリアルドラえもんのCMが作られています。探してみてはいかがでしょう?

ノアとノアハイブリッドの外観デザインを比較

トヨタ ノア X 2014年
トヨタ ノア G ハイブリッド 2014年

写真上がノアガソリン仕様車のグレードX、写真下がノアハイブリッド仕様車のグレードGです。
ボディー全体のデザインはほとんど変わりがなく、ハイブリッドモデルは社名のエンブレムが青く縁取りされています。
リアのデザインも両車ともデザインは共通で、ハイブリッド仕様車には専用のエンブレムが貼られています。

ノアとノアハイブリッドの内装デザインを比較

マルチインフォメーションディスプレイ

トヨタ ノア ガソリン車メーター
トヨタ ノア ハイブリット車メーター

上がガソリン車
下がハイブリッド車

シート

トヨタ ノア 内装
トヨタ ノア ハイブリット 内装

上がガソリン車
下がハイブリッド車

内装のデザイン、レイアウトは両車とも変わりはありません。
マルチインフォメーションディスプレイで表示に変更があり、ガソリン仕様車はエコドライブを意識させるドライブインジケーターが表示され、ハイブリッド仕様車はエネルギーモニターが表示されます。
また、ハイブリッド仕様車はトランスミッションのシフトノブが専用のものとなります。

ノアとノアハイブリッドのスペックを比較

トヨタ ノア 2016年
ノアノアハイブリッド
全長(mm)4,695~4,710
全幅(mm)1,695~1,730
全高(mm)1,825~1,870
車両重量(㎏)1,560~1,6001,610~1,620
ホイールベース(mm)2,850
乗車定員(人)7~87

ノアとノアハイブリッドの全長等のスペックはほぼ同サイズです。
車両重量はハイブリッドシステム分、若干重たくなっています。
ホイールベースも同サイズで設計されているため、最小回転半径も5.5mと同じ範囲になっています。

ノアとノアハイブリッドのパワーを比較

トヨタ ノア 2016年 エンジン
ノアノアハイブリッド
エンジン型式直列4気筒DOHC
排気量1,9861,797
最高出力(kW[PS]/rpm)112(152)/6,10073(99)/5,200
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)193(19.7)/3,800142(14.5)/4,000
モーター型式交流同期電動機
最高出力(kW[PS])60(82)
最大トルク(N・m[kgf・m])207(21.1)
システム全体最高出力(kW[PS])100[136]

両車とも直列4気筒DOHCエンジンを積んでいます。
ハイブリッド仕様車はアトキンソンサイクルの1.8Lエンジンで、ホンダから技術提供を受けたエンジンが搭載されています。
トヨタは今まで基幹技術の開発をヤマハやダイハツに任せた事はあっても、ホンダなどのライバルメーカーから技術提供を受けたことはなく、今回アトキンソンサイクルエンジンの技術提供を受けたことは、開発陣や関係者を驚かせた出来事でした。

次のページ

この記事の執筆者

haroこの執筆者の詳細プロフィール

某大手自動車部品メーカーの元エンジニアです。みなさんが楽しんでいただけるような記事を書いていきます。よろしくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


    関連する車種/メーカー
    車種/メーカーから記事を探す