初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産スカイライン歴代全13モデルが六本木ヒルズに集結!誕生60周年記念イベント

【9代目】日産スカイライン 4ドア GTS25t タイプM

スカイライン 4ドア GTS25t タイプM ECR33 1993年

9代目 日産スカイライン(R33型)のデビューは1993年、1998年まで販売されました。キャッチコピー」は「卓越した走りの本流グランドツーリングカー」
スポーティでありながら、居住性、利便性を両立させた9代目スカイラインは、8代目をベースにさらなる熟成を進めたモデルです。スカイラインは9代目からボディサイズを5ナンバー枠から3ナンバー枠に拡大しました。特に足まわりに先進テクノロジーが投入されている点が特徴です。

9代目 日産スカイライン 4ドア GTS25t タイプM のスペック

エンジン種類直列6気筒DOHC ツインターボ
排気量2,568cc
最高出力205kW(280ps)/6,800rpm
最大トルク368N・m(37.5kgm)/4,400rpm
トランスミッション5MT
駆動方式4WD
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【10代目】日産スカイライン GT-R V・スペックII

スカイライン GT-R V・スペックII BNR34 2000年

10代目 日産スカイライン GT-R V・スペックII BNR34 2000年

10代目 日産スカイライン(R34型)のデビューは1998年、2001年まで販売されました。キャッチコピー「DRIVING BODY」
10代目という区切りのモデルチェンジにふさわしく、走る楽しさを見直したコンパクトなモデルに生まれ変わりました。エンジンは前モデル直列6気筒DOHCに。特にボディ剛性のアップやホイールベースの短縮などのボディの強化、存在感のあるデザインで、4ドアセダンでありながらスポーツドライブができる喜びをアピールしました。
R34スカイラインGT-Rは映画「ワイルド・スピード」シリーズの主役で事故で亡くなられたポール・ウォーカーの実際の愛車であり劇中車であったことでも有名です。

10代目 日産スカイライン GT-R V・スペックII のスペック

エンジン種類直列6気筒DOHCインタークーラー付ツインターボ
排気量2,568cc
最高出力206kW(280ps)/6,800rpm
最大トルク392N・m(40.0kgm)/4,400rpm
トランスミッション6MT
駆動方式4WD
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【11代目】日産スカイライン セダン 2WD 350GT-8

スカイライン セダン 2WD 350GT-8 PV35 2005年

11代目 日産スカイライン セダン 2WD 350GT-8 PV35 2005年

11代目 日産スカイライン(V35型)のデビューは2001年、2006年まで販売されました。
プレミアムスポーツセダンへ進化した11代目は、どのような走行状況でも快適に速く走る理想の走りを追求しました。理想的な前後重量配分「52:48」のシャシー、新たに2.5L、3.0L、3.5LのV型6気筒エンジンを搭載、サスペンション、ボディなどのあらゆる性能を高め、のちに2ドアクーペも設定されました。このモデルから北米などの海外への本格的な輸出が始まり、諸外国で高い評価を受けました。

11代目 日産スカイライン セダン 2WD 350GT-8 のスペック

エンジン種類V型6気筒DOHC
排気量3,498cc
最高出力200kW(272ps)/6,000rpm
最大トルク353N・m(36.0kgm)/4,800rpm
トランスミッションエクストロイドCVT/5AT/4AT/6MT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【12代目】日産スカイライン 350GT TypeS

スカイライン 350GT TypeS PV36 2007年

12代目 日産スカイライン(V36型)のデビューは2006年、2014年まで販売されました。
これまでのコンセプトを受け継ぎながら、新世代プラットフォーム、FR車用新開発V6エンジンを搭載、吸排気システムやサスペンションも一新した12代目。4輪アクティブステア(4WAS)の採用により、タイヤの角度を最適に制御、取り回しのしやすさで高い安定感とキビキビとしたコーナリングを実現しました。2007年にはスカイライン クーペが、2009年にはクロスオーバーと呼ばれるSUVもラインナップされました。

12代目 日産スカイライン 350GT TypeS のスペック

エンジン種類V型6気筒DOHC
排気量2,495cc
最高出力165kW(225ps)/6,400rpm
最大トルク258N・m(26.3kgm)/4,800rpm
トランスミッション2WD
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【13代目】スカイライン 350GT TypeSP 60th Limited

スカイライン 350GT ハイブリッド TypeSP 60th Limited 2017年

13代目 スカイライン 350GT ハイブリッド TypeSP 60thLimited 2017年

13代目 日産スカイライン(V37型)は2014年にデビューした現行モデルとなります。
13代目スカイラインは、これまでの歴史の重みを感じさせながらも、最先端のテクノロジーを駆使したプレミアムスポーツセダンとなりました。

13代目 日産スカイライン 350GT ハイブリッド TypeSP 60th Limited のスペック

エンジン種類V型6気筒DOHC
排気量3,498cc
最高出力225kW(306PS)/6800rpm
最大トルク50N・m(35.7kgf・m)/5000rpm
モーター最高出力50kW(68PS)
最大トルク290N・m(29.6kgf・m)
トランスミッションマニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッション
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

「SKYLINE TIMELINE」イベント発表会には浅野忠信が登壇!

「SKYLINE TIMELINE」発表会に登壇する浅野忠信

日産自動車「スカイライン」誕生60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」の発表会が4月20日にイベント会場と同じ六本木ヒルズアリーナで開催されました。この発表会では浅野忠信氏がトークショーに登場、自身のスカイラインの思い出話しとともに、催し物の1つである「フォトスタジオ」で撮影された合成写真を披露されました。
このフォトスタジオでは、各年代のスカイラインが誕生した当時の景色中に体験者がタイムスリップしたような合成写真が撮影できます。浅野忠信氏は東京タワーができた当時と、宇宙船アポロを載せたロケット発射のとき、現在の東京駅の3点の合成写真を披露しました。

その他の日産・スカイライン60周年イベント

日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)

2017年3月27日(月)~5月31日(水)の期間は、スカイライン60周年記念モデル、歴代スカイラインを展示しています。

NISSAN CROSSING(東京都中央区銀座)

2017年4月10日(月)~5月31日(水)の期間中は歴代スカイラインの展示の他に、CROSSING CAFÉではスカイラインがデザインされた特別なラテを味わうことができます。

歴代のスカイラインを振り返りながら今後の日産に注目!

歴代13代全モデル 日産スカイライン

日産自動車「スカイライン」60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」をレポートしました本記事はいかがでしたでしょうか?懐かしい思い出が蘇った方が多かったのではないでしょうか。
このイベントは、4月21日(金)から24日(月)まで六本木ヒルズアリーナで開催、開催時間は11時から20時とお仕事の帰りや行楽やショッピングの帰りにも気軽に立ち寄ることができます。ぜひ、足を運んでみてください。

スカイラインの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


スカイラインについてのおすすめ記事

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...