初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産スカイライン歴代全13モデルが六本木ヒルズに集結!誕生60周年記念イベント

日産 スカイラインの誕生は1957年。今年で60周年迎えます。日産はこれを記念していくつかのイベントを開催、そのうちの1つが六本木ヒルズアリーナで行われる「SKYLINE TIMELINE」このイベントは歴代13代の全モデルが勢揃いします。その様子を各車種のスペックとあわせてご紹介します!

4月21日〜24日開催「SKYLINE TIMELINE」@六本木ヒルズアリーナ

4月21日〜24日「SKYLINE TIMELINE」@六本木ヒルズアリーナ

4月21日〜24日「SKYLINE TIMELINE」六本木ヒルズアリーナ

4月20日の日産自動車「スカイライン」60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」発表会で勢揃いした歴代13代全モデル(※イベント当日は車両の配置が異なっている場合があります。)

スカイライン生誕60周年記念イベントで歴代13全モデルが集結!

「山並みと青空を区切る稜線」の意味を持つスカイラインが1957年にデビュー、それ以降、日本車のスポーツセダン、スポーツクーペの代表となり多くの人に愛され続けてきました。
日産自動車はスカイライン誕生60周年を記念してさまざまなイベントを企画、その1つが六本木ヒルズアリーナで開催される「SKYLINE TIMELINE」、ここに歴代の全13モデルが集結します。日産スカイラインの全13モデルが一堂に会するは過去に例はなく、この先もあるかどうかわかりません。これはファンならずとも必見のイベントではないでしょうか!

この記事では、イベントで展示された歴代13代全モデルのスカイラインをご紹介します。

「SKYLINE TIMELINE」イベント概要

■開催日  2017年4月21日(金)〜24日(月)
■開催時間 AM11:00〜PM8:00
      (最終日のみPM6:00終了)
■会場   六本木ヒルズアリーナ
      (東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ内)
■イベント内容
・スカイライン歴代13モデルの展示
・全13モデルの誕生年代に合わせて、その当時の象徴的な写真とスカイライン、参加者ご本人を合成した特製フォトを作成(注意:各日先着順・当日受付。撮影可能組数に限りが出る場合あり)

【初代】プリンス スカイライン デラックス

プリンス スカイライン デラックス ALSID-1 1957年

初代スカイライン(ALSI系)の誕生は1957年、1963年まで販売されました。当時は「プリンス自動車」が製造販売していたため「日産スカイライン」ではなく「プリンス スカイライン」と呼ぶほうが正しいでしょう。
東京・日比谷の宝塚劇場で発表された初代スカイライン。60馬力の直列4気筒エンジンを搭載、当時の国産車では最も早い125km/hを記録しました。“まるでスポーツカーのようなサスペンション”とメーカーがいう程、高度に設計、セッティングされた足回りは、スポーツカーとセダン車は相容れないものと考えられていた時代に、「運転する喜び」を人々に伝えたモデルです。

初代 プリンス スカイライン デラックスのスペック

エンジン種類直列4気筒OHV
排気量1,484cc
最高出力44kW(60ps)/4,400rpm
最大トルク105N・m(10.75kgm)/3,200rpm
トランスミッション3MT
駆動方式FR
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【2代目】プリンス スカイライン 1500デラックス

プリンス スカイライン 1500デラックス S50D 1965年

2代目 プリンス スカイライン(S50系)は1963年、1968年まで販売されました。
このモデルの販売途中にプリンス自動車が日産自動車と合併されます。2代目までが「プリンス スカイライン」と呼ばれる所以です。
2代目スカイラインはモノコック構造を採用したボディで、セダンだけでなくステーションワゴンのモデルも発売されました。1964年にはスカイラインGTが第2回日本グランプリに出場、ポルシェ904GTSと優勝を争ったことから「羊の皮を着た狼」と呼ばれました。このレースでの活躍によって「スカイライン2000GT」が発売されることになりました。

2代目 プリンス スカイライン 1500デラックスのスペック

エンジン種類直列4気筒OHV
排気量1,484cc
最高出力51kW(70ps)/4,800rpm
最大トルク113N・m(11.5kgm)/3,600rpm
トランスミッション3MT
駆動方式FR
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【3代目】日産スカイライン 1500スポーツデラックス

スカイライン 1500スポーツデラックス C10 1971年

3代目 日産スカイライン(C10系)のデビューは1968年、1972年まで販売されました。キャッチコピーは「愛のスカイライン」、愛称は「ハコスカ」
テレビCMでパートナーとドライブを楽しむ様子を描いた3代目スカイラインは、「ハコスカ」と呼ばれ親しまれました。スポーツ性の高さと快適性を両立したモデルは、若者が楽しくドライブをする車という印象を強く残しました。

3代目 日産スカイライン 1500 スポーツデラックスのスペック

エンジン種類直列4気筒OHC
排気量1,483cc
最高出力65kW(88ps)/6,000rpm
最大トルク120N・m(12.2kgm)/4,000rpm
トランスミッション4MT
駆動方式FR
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【4代目】日産スカイライン 2000GT-X

スカイライン 2000GT-X GC110 1972年

4代目 日産スカイライン(C110系)のデビューは1972年、1977年まで販売されました。キャッチコピーは「ケンとメリーのスカイライン」通称名は「ケンメリ」
ロマンチックでヒューマンドラマのようなストーリーのCMは幅広い年齢層の共感を集め、社会現象となりました。2.0L直列6気筒モデルを筆頭に、各エンジンは高性能、低公害化を両立、販売台数は累計66万台!シリーズ最大となりました。

4代目 日産スカイライン 2000GT-X のスペック

エンジン種類直列6気筒OHC
排気量1,998cc
最高出力96kW(130ps)/6,000rpm
最大トルク167N・m(17.0kgm)/4,400rpm
トランスミッション5MT
駆動方式FR
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

次のページ