初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキングTOP10|価格や寿命の評判で比較

アイドリングストップ車には専用のバッテリーが必要だと知っていましたか?専用のバッテリーでないと、アイドリングストップ機構を作動させることができないんです。本記事では、アイドリングストップ車用バッテリーを価格や寿命などの評判で比較して、人気ランキングTOP10にまとめているので、ぜひご覧になっていってください。

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキングをご紹介!

バッテリー

アイドリングストップ」は信号待ちの時間などを利用して、一時的にエンジンを停止させることで排出ガスと燃費を抑える意図がある機構です。
昔はドライバー自らが意識して、エンジンを停止させる必要がありましたが、近年の車には標準でアイドリングストップ機構が搭載されている「アイドリングストップ車」も多く、停車時には自動的にエンジンを停止させてくれます。
アイドリングストップには専用のバッテリーを搭載しないと、アイドリングストップ車のアイドリングストップ機構が作動しないということをご存知でしたか?
そのため昔は標準車用とアイドリングストップ車用で分かれたバッテリーも多かったのですが、最近では両方に対応したバッテリーも発売されており、現在は非常に高い人気を誇っています。

本記事では、アイドリングストップ車用バッテリーを価格や寿命の評判で比較し、人気順のランキング形式にして紹介しているので、ぜひご覧になっていってください。

バッテリーの容量はどう確認する?

自動車用バッテリーの容量は「5時間率容量」という表記で確認することができます。
5時間率容量とは、5時間でどれだけの電気が取り出せるかを示す表記のことです。

例として、5時間率容量「40Ah」という表記には、8Aの電流を5時間連続で流すことができるという意味があります。(8A×5h=40Ah)
ようするに○○Ahの数字が大きくなるほど、バッテリーの容量も多くなるということです。

より詳しくバッテリーについて知るならこちらの記事をチェック!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第10位】

ATLASBX アイドリングストップ車用 M-42

■Amazon価格:6,440円(2017年4月現在)

■5時間率容量:34Ah
■サイズ:総高さ220mm 箱高さ200mm 幅127mm 長さ196mm
■液入り重量:約10.2kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月または10万km

韓国のメーカー・アトラスのアイドリングストップ車用バッテリーです。
標準車への搭載も可能となっています。
国産メーカーのものより価格が安いので、寿命や保証も考慮するとコスパは抜群です。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

箱を開けると黒色のバッテリーがみえます。純正品(交換前)は両手で抱えてヨイショって感じで持ち上げての交換になりますが この商品 取っ手がバッテリー本体に組み込んであるので 物凄く交換が楽でした。使用感も問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第9位】

Panasonic アイドリングストップ車 + 標準車対応 N-T110/A2

■Amazon価格:21,110円(2017年4月現在)

■5時間率容量:64Ah
■サイズ:総高さ255mm 箱高さ202mm 幅173mm 長さ305mm
■液入り重量:約22.5kg
■保証期間:2年、距離制限なし

パナソニックの国産バッテリー「カオス」です。
アイドリングストップ車と標準車の両方に使うことができます。
充電のスピードも速く、大容量で長寿命のバッテリーとなっています。
また、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK(ライフ・ウィンク)」も付属しているので、バッテリー状態の確認や残り寿命の測定も可能です。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

CX-5(XD)のバッテリーが3年半で交換となりました。ディーラー交換だと恐ろしく高価なので、純正より高性能であり、且つ安価なamazonでの購入・自分で交換となりました。
 ボッシュと悩みましたが、オーディオの音も良くなる?と聞いてパナソニックのカオスを選択。オー〇〇ックス、〇〇〇ハットでは4万円超えという信じられない価格なので、迷わずamazonで購入。「在庫確認」状態だったので2週間ほどかかるのを覚悟していたら、驚きの3日で到着!。即行交換しました。
 最近の車はやたらコンピュータ制御が多く、アイドリングや燃料噴射状態を学習していくなど複雑になっているので、データを消さないようにメモリーバックアップなどの商品で微弱な電流でキープしつつ交換するのがベストなようですが、当方は迷わず端子を外して交換です(笑)。ディーラーでも色々言われましたが気にしません。
 やたらと重いバッテリー(25kgほど)をエンジンルームから出すのが最も大変な作業でした。本体を斜め手前に傾けて持ち上げないと外れないのですが、外したプラス端子が大きいうえにコードが短く、持ち上げの邪魔をします。腕力が無いと辛い作業でしょう。

 交換後はウィンドウのオート機能がリセットされていますが、何度か走行中に上げ下げしてると戻りました。徐々に元に戻るので問題なし!。車内はレーダーやドラレコ・LED照明類追加に、HIDフォグやランプの出力を上げているので、バッテリーへの負担は大きかったはずですが、全く問題ありません。
 交換後の古いバッテリーは保管し、次バッテリーを外す際のメモリーバックアップに使用します。セルフ交換は自己責任ですが、コスパ優先ならお薦めです!。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第8位】

ATLASBX アイドリングストップ車用 Q-85

■Amazon価格:6,440円(2017年4月現在)

■5時間率容量:54Ah
■サイズ:総高さ220mm 箱高さ200mm 幅172mm 長さ230mm
■液入り重量:約16.6kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月または10万km

アトラスのアイドリングストップ車用バッテリーです。
標準車への搭載もできます。
大容量で価格が6,440円というコスパに優れたバッテリーとなっています。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

日産E12ノート DIG-Sにて使用しました。
毎回バッテリーを買う際は届いてから手持ちの充電器にて初期充電を行うのですが
今回のバッテリーは初期段階でバッテリーレベル表示LEDが50%までしか点灯せず
4時間ほど充電してから実際に車両に取り付けました。
今まで複数の会社のバッテリーを購入してきましたが
70%程度の物が殆どで、50%の物は初めてだったのでちょっとビックリしています・・・
(まぁ50%の状態でも車両に取り付けて走行していれば充電はされるのでしょうが・・・)
充電器をお持ちの方は取り付ける前に初期充電をする事をお勧めします。

交換して約1月経ちましたが特に問題なく使えています。
まあ満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第7位】

BOSCH アイドリングストップ車用 HTP-M-42/60B20L

■Amazon価格:7,800円(2017年4月現在)

■5時間率容量:34Ah
■サイズ:総高さ224mm 箱高さ202mm 幅128mm 長さ196mm
■液入り重量:約11.5kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月、距離制限なし

ドイツの大手自動車部品メーカー・ボッシュのバッテリーです。
アイドリングストップ車と標準車の両方に搭載が可能となっています。
ドイツ製品らしい抜群の信頼性と実用性を誇り、価格もお安くなっているのでおすすめです。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

以前はカオスを使用していましたが点検で交換が必要となり調べた所、このバッテリーに辿りつき
交換後、エンジンが快適にかかりました、耐久性に期待します。

やっぱりBOSCHメーカー品で安心できます。交換前も電圧確認しましたが12.35Vありました。念のため充電しましたがアイドリングストップなど通常道理になりました。その後長距離運転しましたが、問題なく動作しています。後は耐久性ですね。他のメーカーより安かったのでどうかな?と思いましたが問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第6位】

GS YUASA バッテリー EL-Q-85/90D23L

■Amazon価格:18,144円(2017年4月現在)

■5時間率容量:52Ah
■サイズ:総高さ225mm 箱高さ202mm 幅173mm 長さ232mm
■液入り重量:約17.0kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月または10万km

国内最大手のバッテリーメーカー・ジーエスユアサのバッテリーです。
アイドリングストップ車と標準車の両方に搭載可能となっています。
ULL(ウルトラロングライフ)構造を新たに採用したことで、従来のGSユアサ標準品に比べて200~300%寿命が向上しています。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

愛車の50エスティマが7回目の冬期を迎え、新車時からのPANAのバッテリーはこれまでトラブルはなかったのですが、そろそろ替え時かなと思い専門メーカーであるGS YUASAのフラッグシップモデルを購入しました。取り付けて1ケ月毎朝氷点下ですがセルモーターが元気よく回ってくれます。長寿命ということなので期待したいです。

アイドリングストップ車両専用バッテリーを積んでいる方はバッテリーの値段に悩んでいる方がほとんどかと思います。

そのなかで2万円を切っている大手4社(B社、P社、H社とここ)の中で悩んだのですが、Bさんは送料がかかるみたいで予算オーバー。
となると他3社、となったのですがまぁそこから先はメーカーの好みかもしれません。今の時代正直そこまで差はないと思われます。

取り換えは自分で行いました。時計、電子制御がリセットされますが、問題なく動作してます。
さて、問題のアイドリングストップの時間ですが、標準バッテリーだとオーディオやライトを全オフしてせいぜい1分半がいいところだったと記憶してますが、こちらに変えたところエアコンオンでも2分を記録しました。
信号で2分止まってる事なんて滅多にないですから、必要分はしっかり止まってくれます。

装着後1発目はコンピュータ制御の関係でセルが多く回ること、すぐにはアイドリングストップがオンにならないこと(恐らく2、3回走行しないとコンピュータが学ばない)を注意していただければ、個人でも何の問題もなく装着可能と思います。
なおその際は感電等は十分注意してください。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第5位】

HITACHI アイドリングストップ車&標準車対応JP Q-85/95D23L

HITACHI バッテリー

■Amazon価格:14,800円(2017年4月現在)

■5時間率容量:52Ah
■サイズ:総高さ225mm 箱高さ204mm 幅173mm 長さ232mm
■液入り重量:約18.0kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月、距離制限なし

日立の国産バッテリーです。
アイドリングストップ車と標準車の両方に対応しています。
従来品の1.8倍という充電受入れ特性を持ち、充電速度も速く、高耐久で寿命も長くなっています。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

このバッテリーの優れたポイントは「取っ手」が付いていること、古いパナを外すのに狭いエンジンルームで両手を本体の下に入れるのに大変な苦労を強いられた。それに反して 「取っ手」の効果は抜群で簡単に取付できた。
古いバッテリーを新しいものに替えれば性能が向上するのは当たり前ですが、アイドリングストップの時間飛躍的に増加した。

マーチのアイドリングストップ車に使いました。ディーラーで見積もり取ったら3万近かったので、迷わず購入。見事に蘇りました。当たり前ですがスパンスパンとエンジン始動してます!

アイドリングストップ車用のQ-85の製造メーカーが少なく多くの比較が出来なかったが、日立化成製は過去にも使用しており品質の不安が無く、尚比較メーカーが少ない中でも価格が安くて満足。アイドリングストップをできるだけ少なくして乗車しているが、耐用年数についてはこれからが楽しみ。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第4位】

HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー アイドリングストップ車&標準車対応 [ Tuflong Premium ] JP S-95/120D26L

■Amazon価格:15,819円(2017年4月現在)

■5時間率容量:64Ah
■サイズ:総高さ225mm 箱高さ204mm 幅173mm 長さ260mm
■液入り重量:約20.5kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月、距離制限なし

日立の最上級バッテリーです。
アイドリングストップ車と標準車に対応しています。
5時間率容量64Ahを誇る、長寿命で耐久性に優れたバッテリーです。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

FC26セレナのバッテリーが車検前のディラー見積もりで4万強との事で、Panasonic性と迷いましたが、価格面、とPanasonic性のレビューで重いので取手があったらよかったと書き込みあってHITACHI性は取手付でしたので注文。
バッテリーの箱のままでしたが、液漏れなどなく届きました。
取手があったので設置時もスムーズでした。
メモリーバックアップ使用して、交換 アイドリングストップも交換前の止まってはすぐにかかるなどもなくなり、新車の時と同じように停車時作動してくれるようになりました。

交換後のアイドリングストップ等の不調を回避するため、交換だけはディーラーにお願いしました。
全て頼むのに比べ半額ですみ助かりました。
燃費も交換前よりも良くなった様に感じます。大変満足しています。

セレナc26Riderです。納車して五年目を迎えてバッテリーを交換しました。運転が軽くなり、パワフルな走りが戻ってきました。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第3位】

Panasonic アイドリングストップ車 + 標準車対応 N-M55/A2

■Amazon価格:8,600円(2017年4月現在)

■5時間率容量:33Ah
■サイズ:総高さ227mm 箱高さ202mm 幅129mm 長さ197mm
■液入り重量:約11.5kg
■保証期間:2年、距離制限なし

パナソニックのバッテリー「カオス」です。
アイドリングストップ車と標準車の両方に搭載可能です。
保証期間が2年と長く、走行距離制限もないので、安心して購入することができます。
防爆設計となっているので、万が一の事故が起きたとしても爆発を防いで使用者を守ります。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

カオスの凄さがわかりました。
以前〇河のバッテリーを交換して 定期的に
交換するのですが。 やはり噂どおり
車も軽やかに動いたのにはビックリでした。
今後他メーカーが追いかけてくるんでしょうが。。。(^^;)
今はこれが一番だと思いましたので。
✩五つにしときました。(^◇^)

嫁のタントカスタムDBA-LA610S用に購入しました。
交換後、満タン時航続距離が100km近く伸びました。
どれぐらいもつかわかりませんが、今のところ満足です。

純正バッテリーからの交換ですが噂通りカオスは良いですね。始動性、アイドリング、トルクも良くなったと思います。スピーカー&デッキが純正の安物なので流石に音質の改善まではわかりませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第2位】

GS YUASA EL-M-42R/55B20R

■Amazon価格:7,668円(2017年4月現在)

■5時間率容量:32Ah
■サイズ:総高さ227mm 箱高さ202mm 幅128mm 長さ197mm
■液入り重量:約11.0kg
■保証期間:IS車・18ヶ月または3万km:標準車・36ヶ月または10万km

ジーエスユアサのアイドリングストップ車・標準車両用バッテリーです。
長寿命・高耐久に加え、リサイクル時に排出するCO2を抑えたエコなバッテリーとなっています。
車用バッテリーでは世界2位のシェアを誇るジーエスユアサ製というところも、信頼性を高めています。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

地元のカーショップで嫁のN-BOX対応バッテリーの値段を見て驚愕!
いつものアマゾンで購入となりました。発送は佐川急便。
取り付けは自分で行いました。
取っ手がついているので持ち運びから取り付けまで助かります。
当然旧バッテリーは自分で処分しないといけませんが、価格差を考えればそれでも苦になりません。

バッテリーとしては特段問題なく、氷点下の朝でもセルは元気よく回ります。

N-WGNカスタムターボ乗りですが購入して2年半 50000kmを超えてアイドリングストップしなくなりました。
ディーラーで点検したところ簡易テスターではバッテリー電圧等問題なしですが詳しく調査するとバッテリーが消耗してアイドリングストップ出来ない状態との事でした。
GS/YUASAのバッテリーに交換してアイドリングストップが復活しました。
値段も純正バッテリーの半値以下で購入できました。
標準品より寿命300%で高性能との事で期待しています。
ちなみにバッテリー交換後は車両側でリセット作業が必要です。

ワゴンR(mh34s)はアイドリングストップ車仕様のため、特別な規格のバッテリーを購入する必要があり、安い中華製バッテリーを使用することはできません。
そのため、どうしてもバッテリー交換は高価になりがちです。
しかし、そのようなアイドリングストップ車対応の高性能バッテリーが、Amazonで安く手に入れられるとは思っていませんでした。本当にこの値段には感謝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このアイドリングストップ車用バッテリーの現在の価格はこちらで紹介!

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキング【第1位】

Panasonic アイドリングストップ車 + 標準車対応 N-Q90/A2

パナソニック バッテリー

■Amazon価格:18,000円(2017年4月現在)

■5時間率容量:53Ah
■サイズ:総高さ255mm 箱高さ202mm 幅173mm 長さ232mm
■液入り重量:約18.0kg
■保証期間:2年、距離制限なし

安心と信頼のパナソニック製バッテリー「カオス」です。
国産アイドリングストップ車に搭載するのであれば、性能や寿命、信頼性といったすべての面で優れた「カオス」を選んでおくことをおすすめします。
コスパも高く、購入したことがある人なら誰もが「カオス」を優れたバッテリーだと言うでしょう。

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーのAmazonレビュー

取っ手があるので とっても便利なバッテリーです。
冗談ではなく本当です。こんなに重いバッテリーの運搬・取り付けを自分でやると、洒落じゃないことを心底感じます。
実は、これが私にとっての一番のレポートかもしれません。

肝心の性能については、当たり前でつまらないですが、「エンジンスタートキーで一発始動!」につきます。

実は、今の車に乗り始めて6年。急激にエンジン始動がもたつくようになり、ディーラーに交換費用3万数千円と言われたため、DIYの道を選びました。確かにアイドリングストップ車用バッテリーは、カー用品店でもかなりの価格でした。それに比べると、ここではかなり安く、しかも高機能で評判の良いバッテリーが購入できたので、たいへん満足しています。

予定より早く来ました。梱包もきっちり、ディラーさん持ち込みで取り付けてもらい、交換したぶんは金属リサイクルで処分。交換費用が浮きました。本体価格はディラーさんの半値以下でした。満足です。

予定どおりバッテリーが届きました。宅配業者の方も丁寧に取り扱っていましたし、実物を確認しましたが外装も中身もとても綺麗でした。製造番号も確認しましたが新しい物でした。
大満足です。文句のつけようがありません。
早速取り付けてカオスの良さを実感します!

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのアイドリングストップ車用バッテリーをAmazonで!

信頼性の高いバッテリーを選ぼう!

出典:©Shutterstock.com/ gangnavigator

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキングTOP10はいかがでしたか?
バッテリーは、車を動かすうえで無くてはならない重要なパーツの一つです。
市場にはさまざまなバッテリーがあふれていますが、購入を決める際にはその製品の性能や評価をよく確かめたうえで、信頼できるものを選ぶようにしましょう。

自動車のバッテリーに関連するおすすめ記事はこちら!

アイドリングストップに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す