初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スズキMRワゴンWitは良質な軽自動車】実燃費などの評価からMRワゴンとの違いも

スズキMRワゴンWitは、スズキのトールワゴン、MRワゴンから派生した車種です。初代、2代目とあり、途中でコンセプトが変わったことからだいぶ印象が違います。それぞれのモデルの紹介と、兄弟車の日産モコドルチェ、燃費や中古車情報などもまとめました。

スズキMRワゴンWitとは

スズキMRワゴンWit

スズキ MRワゴン

MRワゴンWitはスズキのMRワゴンをベースとした車です。
MRワゴン別グレードというよりは、デザインや内装などの装備でもかなりの差が付けられているので派生車といった位置づけです。

MRワゴン(3代目)

MRワゴン X 2011年式 外装

MRワゴンWitとMRワゴンにエンジンスペックなど基本的な車としての性能差はありません。
内装の豪華さ、装備、デザインの好みでどちらにするかは決めると良いでしょう。
MRワゴンは2001~2016年まで販売されていて、3代目までのモデルがありましたが、WitはMRワゴンの2代目・3代目だけの設定です。
まずは歴代モデルから紹介します。

スズキMRワゴンに関連するおすすめ記事はこちら

【スズキMRワゴンWitの歴代車】初代Wit(2006~2010年)

初代Witの外装

スズキ MRワゴン wit 初代 外装

新車当時の価格:1,100,000~1,370,000円

MRワゴンの2代目登場は2005年ですが、1年後にはじめてMRワゴンWitが登場します。
MRワゴンはトールワゴンにあたりますが同時にスズキにはワゴンRという同じジャンルの代表車種があります。
2代目のMRワゴンはどちらかというと女性向けで、「ママワゴン」というコンセプトもあり、かわいらしい顔付きにデザインされ、車としても実用性を重視したものでした。
その中でWitは黒と茶色を基調とした内装や豪華な装備に加え、フォグランプ、ローダウン、アルミホイール、立体感の強いフロントグリルやバンパーなどでスポーティさを強調したデザインで見た目にも別の車種のようでした。

初代Witの内装

スズキ MRワゴン wit 初代 内装

エンジンスペック・自然吸気モデル

エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブ
排気量0.658L
最高出力40(54)/6500
最大トルク63(6.4)/3500
トランスミッションCVT
駆動方式FF/フルタイム4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・・ターボモデル

エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
排気量0.658
最高出力47(64)/6000
最大トルク95(9.7)/3000
トランスミッションCVT
駆動方式FF/フルタイム4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【スズキMRワゴンWitの歴代車】2代目Wit(2013~2016年)

2代目Witの外装

スズキ MRワゴン Wit TS 2013年式

新車当時の価格:1,340,000~1,650,000円

2011年にMRワゴンはモデルチェンジして3代目になりました。
Witの方は同時には発売されず、再び登場したのは2013年でした。
基本コンセプトは初代と同様でMRワゴンとの違いは初代と同じようなポイントになりますが、デザインの違いはさらに明確になり、ヘッドライトも専用のもので、MRワゴンには見られないメッキを施したフロンとグリルが特徴的です。
ここでMRワゴン事体のコンセプトも主婦層を中心とした女性向けというわけではなくなったため、デザインがそれにも反映されたと言ってよいでしょう。
他に、ボディサイズは初代とほとんど変わらないながらも、室内空間が拡大されて前部・後部座席ともにより快適に過ごしやすくなっています。
新車販売時の価格は初代Witから24万円あがり上がり、MRワゴンとの価格差もかなりありました。

2代目Witの内装

スズキ MRワゴン wit インパネ

エンジンスペック・自然吸気モデル

エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブ
排気量0.658L
最高出力38(52)/6000
最大トルク63(6.4)/4000
トランスミッションCVT
駆動方式FF/フルタイム4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・ターボモデル

エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
排気量0.658L
最高出力47(64)/6000
最大トルク95(9.7)/4000
トランスミッションCVT
駆動方式FF/フルタイム4WD
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキMRワゴンWitの実燃費は?

燃料計

燃費に関しては初代、2代目でカタログ値では以下のようになっています。

・スズキMRワゴンWit 初代燃費:18.2~20.0km/L(JC08モード)
・スズキMRワゴンWit 2代目燃費:25.2~30.0km/L(JC08モード)

実燃費などはどうでしょうか?
口コミなどで確認してみると、初代で12~17km/L、2代目では15~20km/Lぐらいになるようです。2代目でも大幅に改善というわけではなさそうです。

燃費 17km/L
ゆったりとした車内なので子育て世代にもおすすめです!子供が二人いますが、チャイルドシートをつけてもあまり圧迫感がありません。日常使いをするのにはとてもいいサイズの車だと思います。燃費もいいし、税金も安いので維持費も節約できてよかったと感じています。車体のデザインも可愛いので女性におすすめできると思っています。

出典:http://www.carsensor.net/

燃費 25km/L
二台目もまたMRワゴンにしたいなと思っているぐらい気に入ってます!

出典:http://www.carsensor.net/

燃費 17km/L
燃費が良く、ガソリン代があまりかからないです。車内もデザインが可愛くて、乗ってるだけで、お洒落な気分になります。また、収納も多くて、ドリンクホルダーがいくつかあるので便利です。私の車はシートが革なので、何かこぼしてしまっても、拭き取りやすく汚れも比較的すぐ取れます。染み込むことがないので安心です。あと、ハンドルも太すぎず、細すぎずで丁度良く、とても握りやすいです。外観も丸っこい感じで、女の子らしい可愛いフォルムになっています。同じウィット系だとカラーバリエーションも豊富なので、いいなぁと思います。軽自動車ということもあり、小回りが効いて、運転しやすいです。

出典:http://www.carsensor.net/

強めに踏まなければ、平均18km走る低燃費な点。比較的高級感のあるオーディオ周りも気にっています。ゆったりと運転出来る室内空間。エンジン音の静かさも魅力です。個性の強い外観なので、他のMRワゴンを見かけたりすると、仲間をみつけたような気持ちになります(笑) 前の席も後ろの席も足下が十分広いため、車内環境がとても良いです。また、車体が小さいので目視の後方確認しやすいので、バック駐車も楽々です。

出典:http://www.carsensor.net/

スズキMRワゴンWitの兄弟車日産モコドルチェ

3代目 日産 モコ ドルチェ X

MRワゴンを日産にOEM供給した「モコ」という車種がありました。
このモコにもMRワゴンWitのようなコンセプトの「モコドルチェ」という車種があります。
基本的には同じ車になるため、スズキにこだわりがなければ、こちらも同時に探してみてはいかがでしょうか。
エンブレムはもちろん違いますが、フロント周りのデザインなどは比較的似ています 。
ただし、モコドルチェはMRワゴンWit2代目に相当するモデルしかありません。

スズキMRワゴンのOEM車モコに関連するおすすめ記事はこちら

スズキMRワゴンWitの中古車価格は?

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock/kurhan

MRワゴンWitの2代目の販売期間が短かったこと、新車価格が割高だったこと、当時競合車種が多かったことなどにより、そこまで販売台数も多くはありませんでした。
また、販売終了から期間もあまり経過していないために平均価格も100万円を超えているという状況で、まだまだ高止まり傾向にあります。
状態が良いものを探している方には良いかもしれません。
一方、初代の方が玉数も多くあります。
50万円程度で買うことができるものも多いので、値ごろ感があるのではないでしょうか。

MRワゴンWit中古車情報(2代目)


中古車情報
システムメンテナンス中


MRワゴンWit中古車情報(MRワゴン/初代Wit含む)


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキMRワゴンWitはワンランク上の軽自動車

スズキ MRワゴンwit ロゴ

スズキMRワゴンWitの実燃費からMRワゴンとの違いなどはいかがでしたか?
初代、2代目でデザインに大きな違いがあるので、これは好みによって分かれるところですが、どちらも魅力的な車です。
ベースとなったMRワゴンよりも豪華な装備となっていることから、基本的にはワンランク上の軽自動車といえそうです。
軽自動車の中でも少し贅沢な仕様のものを求めている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

スズキの新型軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す