マツダの新型「プレマシー」の優れた性能とスペックとは?

2016年の春にフルモデルチェンジが予想されるマツダ・プレマシー。今回のフルモデルチェンジで4代目となります。そこで、4代目プレマシーの魅力をまとめてみました。

マツダといえば魂動デザイン!!

現行のマツダ車のデザインといえば”魂動デザイン“が有名です。
魂動デザインはデミオ、CX-5、CX-3、アクセラ、アテンザに採用されており、積極的に魂動デザインを採用しています。

評判が高い魂動デザインは、新型プレマシーにも採用される見通しです。

クルマは、単なる鉄の塊ではありません。それは「命あるもの」だとマツダは考えます。
ドライバーとクルマの関係を、まるで愛馬と心を通わせるかのように、エモーショナルなものにする。

そのための造形を追い求めつづけるのが、マツダの「魂動デザイン」です。

出典:http://www.mazda.com/

遂にスカイアクティブディーゼルを搭載で低燃費を実現!!

運転性能を向上させるため、デミオのような小型車で採用されている1.5Lスカイアクティブディーゼルではなく、アクセラやアテンザやCX-5に採用されている2.2Lスカイアクティブディーゼルが採用される見通しです。

CX-5で好評の2.2L スカイアクティブDモデルがラインナップされると言われています。CX-5だと42.8kgf・m/2,000rpmという低回転からの圧倒的なパワーが魅力です。CX-5はJC08モードで18.4km/Lですが、新型プレマシーのスカイアクティブディーゼルは20km/Lを超えてくるでしょう。

出典:http://newcar-life.jp/

ハイブリッド車もデビュー?

アクセラには業務提携先であるトヨタのハイブリッドシステムが搭載されています。
次期プレマシーはアクセラをベースに開発されるとのことなので、ハイブリッドシステムが搭載される可能性は可能性は十分にあると考えられます。

ハイブリッドに関しても、アクセラで実績がある。さらにプレマシーはアクセラをベースにして開発されている。トヨタハイブリッドシステムはノア/VOXYでの搭載実績がある。アクセラのハイブリッドもプリウス/ノア/VOXYとほぼ同じスペックである。以上の事を鑑みるに、プレマシーへのハイブリッド搭載はあり得ないというほどの話でもないと思う。

出典:http://anopara.matrix.jp/

ライバルはエクシーガか!?

マツダのミニバンの代表格MPVと販売不振のビアンテは統合され、
スライドドアを採用しないCX-9という7人乗りのミニバンになるとの情報も聞かれます。

新型プレマシーは7人乗りで走行性能の高いミニバンということで、
ライバルはスバルのエクシーガになりそうです。

4WDの設定もあり、エクシーガにはないスライドドア搭載と、使い勝手はプレマシーの方が一歩リードという感じだ。

出典:http://car.mediasky.jp/

気になる価格は?

調べてみると220万円〜240万円と予想されているようです。
同タイプのトヨタ・ウィッシュやスバル・エクシーガあたりを意識した価格設定となりそうですね。

来春にはお目にかかれるようですので楽しみに待ちましょう!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す