初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱デリカD:2はコンパクトだけどデッカク使える】実燃費などの評価やカスタム例など要点7つ

三菱デリカD:2は、スズキが生産・販売するソリオのOEM車(兄弟車)です。1.2Lの低燃費エンジンとコンパクトクラスのトールワゴンを組み合わせ、街乗りでも遠出でも使い勝手のいい車となっています。本記事ではカスタムから実燃費や内装の評価など三菱デリカD:2の魅力について解説してまいります。

三菱 デリカD:2の歴史

初代デリカD:2は2011年に登場

デリカD:2

初代デリカD:2は、2011年に発表・発売された三菱のコンパクトクラスのトールワゴンです。
初代デリカD:2は、スズキのOEM車で、3代目ソリオの兄弟車となっています。

吸排気VVTを採用した1.2Lの4気筒DOHCエンジンを搭載し、67kW[91PS]/6,000rpmのパワーと118N・m(12.0kgf・m)/4,800rpmのトルクで軽快な走りを実現しつつ、JC08モード燃費20.6km/Lという優れた経済性を発揮していました。

初代デリカD:2は、兄弟車のスズキ ソリオで人気の高かったカスタムグレードである「ソリオバンディット」にあたるカスタムグレードが用意されていませんでしたが、そのかわり、ソリオには設定のなかった、兄貴分のデリカD:5を彷彿とさせるメッキグリルをオプション設定するなど、独自色を出していたのが特徴となっています。

スズキ ソリオ・ソリオバンディットについては以下の記事をご覧下さい。

2代目デリカD:2は2015年に登場

三菱デリカD:2

2015年にデリカD:2は2代目MB36S/MB46S型としてフルモデルチェンジしました。
初代デリカD:2同様に、OEM車であるソリオの兄弟車となっています。

次項より、この2代目デリカD:2について、詳しく解説してまいります。

三菱 デリカD:2は2種類のハイブリッドエンジンを選べる!その評価も

重要なポイント

三菱デリカD:2は、2種類のハイブリッドエンジンが選べます。
2015年の発売当初は小型のモーターとバッテリーでエンジンをアシストして、低燃費を狙う「マイルドハイブリッドエンジン」のみの設定でしたが、2017年1月に、モーターによるアシスト走行はもちろんのこと、モーターのみのEV走行をも実現するパラレル方式の「ハイブリッドエンジン」車も追加販売となりました。
それぞれのエンジンについて、詳しくご紹介いたします。

パワフルな走りと低燃費を両立した「ハイブリッド」エンジン

デリカD:2 Dual jet engine

三菱デリカD:2のハイブリッド車は、10Kw[13.6PS]/3,185-8,000rpm、30N・m[3.1kg・m]/1.000-3,185rpmのパワーを持つ小型高性能の駆動用モーターを採用し、スムーズでパワフルな走りを実現しつつ、優れた低燃費を両立しています。
また、低中速時にはエンジンを使わないEV走行も可能となっており、ハイブリッドらしい静かで低燃費な走りを実現しています。

【駆動用モーター】

デリカD:2モーター

【ハイブリッドシステム走行イメージ】

デリカD:2ハイブリッドイラスト

三菱 デリカD:2ハイブリッドエンジンのスペック

スペック

【エンジンスペック】
型式:K12C
弁機構・気筒数:DOHC 16バルブ吸排気VVT・4気筒
総排気量(L):1.242
最高出力「ネット」(kW[PS]/rpm):67[91]/6,000
最大トルク「ネット」(N・m[kg・m]/rpm):118[12.0]/4,400
燃料供給装置:電子制御燃料噴射
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

【モータースペック】
型式:PB05A
最高出力「ネット」(kW[PS]/rpm):10[13.6]/3,185~8,000
最大トルク「ネット」(N・m[kg・m]/rpm):30[3.1]/1,000~3,185
種類:交流同期電動機

【燃料消費率】
JC08モード (国土交通省審査値) (km/L):32.0

【主要燃費向上対策】
ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、5速自動マニュアル変速機

★搭載グレード
HYBRID SX、HYBRID SV Navi Package、CUSTOM HYBRID SZ Navi Package

より身近に低燃費を実感「マイルドハイブリッド」

デリカD:2 発電機

三菱デリカD:2の「マイルドハイブリッド」車は、モーター機能付き発電機にその秘密が隠されています。
このモーター機能付き発電機は、加速時のアシストや再始動時に力を発揮するモーター機能を有しており、小型軽量でありながら高性能なため、コンパクトカーにピッタリなシステムと言えます。

このマイルドハイブリッドシステムにより、優れた低燃費を実現しています。

【マイルドハイブリッドシステム走行イメージ】

デリカD:2マイルドハイブリッド走行イメージ

三菱デリカD:2マイルドハイブリッドのスペック

デリカD:2

【エンジンスペック】
型式:K12C
弁機構・気筒数:DOHC 16バルブ吸排気VVT・4気筒
総排気量(L):1.242
最高出力「ネット」(kW[PS]/rpm):67[91]/6,000
最大トルク「ネット」(N・m[kg・m]/rpm):118[12.0]/4,400
燃料供給装置:電子制御燃料噴射
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

【モータースペック】
型式:WA05A
最高出力「ネット」(kW[PS]/rpm):2.3[3.1]/1,000
最大トルク「ネット」(N・m[kg・m]/rpm:50[5.1]/100
種類:直流同期電動機

【燃料消費率】
JC08モード (国土交通省審査値) (km/L):27.8(4WD車は23.8)

【主要燃費向上対策】
ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング機構、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルクコンバーター、自動無段変速機

★搭載グレード
HYBRID MX、HYBRID MZ、HYBRID MZ Navi Package、CUSTOM HYBRID MV

デリカD:2の走り・エンジンの評判・口コミは?

デリカD:2の現行モデルの口コミ件数が少ないので、兄弟車であるスズキ・ソリオでの評判も交えながら検証していきたいと思います。

まずはデリカD:2の口コミからです。

まず、すごく広い車内でありながら燃費が気になっていたのですが、燃費が良すぎるのでまずそこがすごく良かったので、燃費が良い事によって車の維持費を抑えられるとこが良かったです。また、車内が広いので後部座席をフラットにしてますが後部座席が子供の遊び場所になってますし、子供も居心地が良いみたいです。また、個人の趣味であるスケボーの道具も車に積んで出かけられるのでいろんなシーンで楽しめるので、これから長い間お世話になる車になりそうです。また、運転も快適に出来て安全面としてビックリした事がアドバンステクノロジーが二つのカメラで人やクルマを認識してくれるので自動ブレーキが搭載されてるので、それがすごく安心して今でも乗れてますし、自分の運転でこういった機能に頼らず毎日に運転したいと思ってますし、購入して良かった一台です。

出典:http://www.carsensor.net/

以下はソリオの口コミになります。

ソリオは素晴らしい、世間の評価やオーナーの方の高評価。
コストパフォーマンスは最高。実燃費もすごく良く他社のハイブリッドよりJC08モードの達成率はよすぎ。評論家の評価も高くコンパクトカーではずば抜けていて文句なし。敵はスズキ車くらいか? 200万円前後で買える車としては満足車。軽自動車で無駄でいらない装備つけて軽く250万円いく車がある現状は??? 軽自動車の意味が?
軽自動車も昔あった280馬力までや軽自動車の64馬力みたいに価格制限しないと
スズキやダイハツは買いやすく安全で子育てママにピッタシの車を努力して作ってるが、、、。

出典:http://www.goo-net.com/

試乗したら安全面な走り、全てにいい車です。
SVでも安心感はある。
アクセルワークの慣れは? 価格がコストパフォーマンスしてませんが、軽いからまぁまぁ。

出典:http://www.goo-net.com/

おしゃれで上品なデザイン。
素晴らしい駆。
スズキの得意分野。

出典:http://www.goo-net.com/

5AGSのアクセルワークは慣れが必要。
慣れれば面白いかな? 普通のチョイ乗りや子育てママには5AGSでは? CVTも出始めの頃よりは相当ましになりましたが、ATが一番相性がいいと思う。外国車やレクサスか多段AT採用してる意味がわかる。

出典:http://www.goo-net.com/

【ここがポイント!】
ハイブリッド、マイルドハイブリッドとも走りに関しての評価は。おおむね好評と言えそうです。ハイブリッド車のEV走行は、少し力強さが物足りないといった声も聞かれましたが、それが大きな不満になるほどのものではないといった感じです。

三菱 デリカD:2は精悍なカスタムの外装も選べる!その評価は?

三菱デリカD:2は、メッキグリルが精悍な標準タイプの「デリカD:2」とOEM車のスズキソリオバンディットにあたるカスタムモデル「デリカD:2カスタム」の2種類の外装が選べるのが特徴です。

デリカシリーズの顔ともいえるメッキグリルが特徴の「デリカD:2」

標準ボディとなる「デリカD:2」は、デリカシリーズと共通イメージのフロントマスクが特徴です。ボデイカラーはいずれもモノトーンで6色用意されています。

薄型LEDヘッドライトが精悍な「デリカD:2カスタム」

「デリカD:2カスタム」は、OEM車であるスズキソリオのカスタムモデル ソリオバンディットにあたるモデルで、専用デザインの薄型LEDヘッドライトの採用により、より精悍なイメージでまとめられています。
デリカD:2カスタムのボディカラーは、標準のデリカD:2と同じ6色の設定ですが、デリカD:2カスタムは、ルーフとそれ以外のボディと塗り分けたツートンカラーが2色用意されており、よりスペシャルな雰囲気を味わうことができる設定となっているのが特徴です。

【デリカD:2カスタム専用薄型LEDヘッドライト】

デリカD:2の外装スペック

【外寸】
全長/全幅/全高(mm):3,710/1,625/1,745
ホイールベース(mm):2,480
トレッド 前/後(mm):1,435/1,440
最低地上高(mm):140

【車両重量】
車両重量(kg):990

デリカD:2の外装の評判・口コミは?

車 男性

©Shutterstock.com/ Nestor Rizhniak

以下の口コミも姉妹車、ソリオの口コミを参考にしています。

サイズ感。バランスがいい。

出典:http://www.goo-net.com/

どの色合いもソリオに似合っていて、色の選択が難しい。

出典:http://www.goo-net.com/

コンパクトで横幅も1625で、1690にしないところが憎い。なんでもかんでも、横幅1690、1695にする他社とは違って偉い。1625でもかっこよく作れますよ。パランスよくまとまっていて、子育て家族にぴったり。他社も1600くらいでかっこいいデザイン出してよ、1670なんて中途半端なサイズじゃなく。

出典:http://www.goo-net.com/

【ここがポイント!】
外装のデザインは好き好きなので、さまざまな意見があるようですが、ユーザーは気にいって購入したという方が大半のようです。
軽自動車との質感、見た目を気にするユーザーが多い傾向にあるようなのが特徴かもしれません。

三菱 デリカD:2の内装はアウトドアにぴったり!みんなの評価も

デリカD:2インテリア

三菱デリカD:2は、そのボディサイズからは想像ができないほどの「広々した室内空間」が人気となっています。
特に、アウトドアユースにもってこいで、車中泊にも使える広さが魅力です。

三菱 デリカD:2で車中泊をしてみたい方は、以下のスズキ ソリオの記事が参考になるかもしれません。

運転のしやすさと開放感の高いインパネ

デリカD:2インパネ

メーターパネルはセンタータイプとして、視認性の良さと同時に、左右の開放感、広々した空間を演出しています。

使いやすく、広いラゲッジルーム

デリカD:2ラゲッジ寸法

デリカD:2のラゲッジルームは、開口部を限りなく広く、低く設計されていますので、使いやすさが抜群です。
荷物の量に合わせてリアシートを倒すことでゴルフバックやキャンプ道具など荷物の量や定員にあわせた使い方ができます。

デリカD:2の内装スペック

【室内スペック】
室内長(mm):2,515
室内幅(mm):1,420
室内高(mm):1,360
定員(名):5

デリカD:2の内装の口コミ・評判は?

女性 サイドミラー

以下の口コミもスズキ ソリオを参考にしています。

子供が室内で立つことができる。着替えの時などに便利。

出典:http://www.goo-net.com/

空間が広い。

出典:http://www.goo-net.com/

【良い点】
デザインと室内の広さ。

出典:http://www.goo-net.com/

ソリオは子育てママには最高です。
運転しやすいし、一番は車内の広さに感動。
両側スライドドアはヒンジドアと違って小さい子どもがいる家庭にはすごく重宝してます。

出典:http://www.goo-net.com/

全体的や内装デザインはいいが、タコメータ-がないのは違和感あり。マイルドハイブリッドが本命。

出典:http://www.goo-net.com/

【ここがポイント!】
デリカD:2のインテリアですが、質感が高い点と収納スペースが豊富にある点がユーザー共通の美点として感じられているようです。賛否が分かれたのは「センターメーター」。開放感という点では評価されていますが、見やすさではイマイチであるという声が多く聞かれました。センターメーターは好みによって左右されるところと言えるでしょう。

次のページ

この記事の執筆者

よっしーこの執筆者の詳細プロフィール

13年間自動車ディーラーで営業していた経験を生かして自動車・バイクのライターをしています。ドライブ・ツーリングが大好きで、そのジャンルの記事も得意です。 現在はフォルクスワーゲンのダウンサイジングターボ車にハマっています。愛車はフォルクスワーゲン・パサートです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK