初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新時代の軽自動車】トヨタ ピクシス エポックの実燃費の口コミや値引きのコツなど要点5選

トヨタピクシスエポックといえば、トヨタが2012年から販売している軽自動車です。35.2㎞/Lという驚異的なすこぶる低燃費でエコに走れると評判なこのピクシスエポックの要点として、実燃費の評価や値引きの口コミも踏まえまとめてみました。

トヨタ ピクシス エポックってどんな車?

トヨタ ピクシス エポック

トヨタピクシスエポックは、2012年にトヨタ自動車から販売されました。
フルモデルチェンジはまだ一度も行われておらず、2017年現在は初代のまま現役車として公道を走っている軽自動車です。

ピクシスという名前はトヨタ自動車の中でシリーズ化されています。
子会社のダイハツ工業からOEM供給を受ける形で、2011年にピクシスシリーズが誕生しました。

第1弾はダイハツ ムーブコンテがベースの軽トールワゴン「ピクシス
スペース」。
第2弾はダイハツ ハイゼットトラックがベースの軽トラック「ピクシス トラック」。
第3弾はダイハツ ハイゼットカーゴがベースの軽キャブオーバーバン「ピクシス バン」。
そして、第4弾のピクシスシリーズとして発表されたのが、ダイハツ ミライースをベースにした本記事で取り扱う車「ピクシス エポック」です。

ダイハツ ミライースについてはこちらの記事で!

トヨタ ピクシス エポック 初代

ピクシスシリーズはそれまでバンやワゴンなど、どちらかといえば商用車のような車がベースとなっていましたが、ピクシス エポックは初のハッチバック(軽セダン)タイプの車になりました。

数ある軽自動車の中でも、特に優れた低燃費と購入しやすい価格が特徴と言われています。

1:トヨタ ピクシスエポックの特徴

トヨタ ピクシス エポック

日常の足という、軽自動車の原点に帰ろうというコンセプトのもと、誕生したトヨタ ピクシス エポック。

そんなトヨタ ピクシス エポックは、トヨタブランドとしては初採用のシステムがいくつか搭載されています。

●低速域衝突回避支援ブレーキ機能
●誤発進抑制制御機能
●先行車発進お知らせ機能

そして、トヨタのCMでもよく謳われていた、VSC&TRCで構成された衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」を一部グレードに設定。

それらの機能により、ただでさえ高い燃費性能に加え、さらに安全性能、乗り心地、静寂性が強化されました。

2:トヨタ ピクシス エポックのスペックと価格

トヨタ ピクシス エポック 内装
トヨタ ピクシス エポック 内装

トヨタ ピクシス エポックの現行モデルは、2014年7月販売されたもので、以降3年近くマイナーチェンジもされていません。

本記事では、そんなトヨタ ピクシス エポックの現行モデルの中でもベーシックグレードの「D」のスペックを記載します。

エンジン関連のスペック

エンジン型式:KF
種類:水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力:36kW(49PS)/6,800rpm
最大トルク:57N・m(5.8kg・m)/5,200rpm

総排気量:658cc
内径×行程:63.0mm×70.4mm
圧縮比:12.2

燃料供給装置:EFI

足回り関連のスペック

ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン

サスペンション形式(前):マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):トーションビーム式コイルスプリング

ブレーキ形式(前):ディスク
ブレーキ形式(後):リーディング・トレーリング

最小回転半径:4.4m

駆動関連のスペック

駆動方式:FF
トランスミッションCVT(無段変速車)

変速比
前進:3.327~0.628
後退:2.230
最終減速比:4.272

ピクシス エポック現行モデル全グレードのカタログ燃費と価格

燃費:32.2~35.2㎞/L
価格:766,286~1,316,572円(税込)

ピクシスエポック

新車でも最安値グレードであれば、766,286円という驚異的な価格で購入することが可能なピクシス エポック。
それでいて、カタログ燃費が最高で35.2㎞/Lですので、かなりのエコな車といえるのではないでしょうか。

次のページ