初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スバル新型レガシィアウトバックD型最新情報!価格や燃費・性能・発売日は?

スバルが2018年モデルの新型アウトバックをニューヨーク国際自動車モーターショーで発表しました。現在、日本ではレガシィアウトバックとして売られている車種の2018年モデルであり、レガシィーがまだ残ってくれることにスバリストとしては嬉しくないでしょうか。フォレスターと並ぶスバルのフラグシップSUVであるアウトバックの価格や燃費・性能・そして気になる日本での発売日はいつになるのか探ってみましょう。

新型レガシィアウトバックD型マイナーチェンジの変更点まとめ

新しいレガシィアウトバックはこうなる!

2018年式 スバル アウトバック
2018年式 スバル レガシィアウトバック
2018年式 スバル レガシィアウトバック
2018年式 スバル レガシィアウトバック

2018年、スバル レガシィアウトバックがD型にマイナーチェンジします。
新たなレガシィアウトバックには外観の大幅は変化を感じられません。
しかし、よく見てみると随所に変更した点が見られます。
これらの写真がされた背景から、雄大な自然を駆け抜けるSUVとしての力強さを感じさせます。
2017年モデルとどこが変わり、どこまで性能が上がったのか紹介していきます。

【主な変更点まとめ】
・新造形のフロントグリルとフロントバンパー
・ヘッドライト形状が変更
・センターコンソールが一新
・ディスプレイの大型化

スバル レガシィアウトバックについての記事はこちら

スバル新型アウトバックのプレスリリースについてはこちら

東京モーターショーにレガシィアウトバック Limited smart Edition登場!

スバル レガシィアウトバック Limited Smart Edition

東京モーターショー2017で、レガシィアウトバックの特別仕様車、Limited Smart Editionが展示されています。
Limited Smart Editionは、レガシィアウトバックの最上級グレードの持つ上質感はそのままに、機能性を向上させたモデルです。
グリルやホイールが専用になり、ウルトラスエード4シート、ダークエンボスシルバー調加飾パネルなどを採用しています。
また、8インチの大型ナビゲーションシステムは、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応しています。

東京モーターショーについてはこちら

東京モーターショーのコンパニオンについてはこちら

スバル新型レガシィアウトバックD型の外装(エクステリア)デザイン

2018年スバル新型レガシィアウトバック(北米仕様)

2018年式 スバル レガシィアウトバック

2017年モデル スバル レガシィアウトバック

2016年 6代目 スバル レガシィアウトバック

新造形のフロントグリル、フロントバンパー

グリルの形状デザインが変更されています。
グリルのメッキの一本のライン上にスバルのエンブレムがあるデザインとなり、メッキ部分の量は2017年型から少なくなり黒を基調としています。
フロントバンパーの形状も若干の変更があります。
フォグランプ付近の形状と、グリルからフロントバンパー中央部分のエアダクトにかけて2本のラインが含まれているデザインへと変わっています。

ヘッドライト形状とLEDターンランプ付ドアミラー装備

2018年モデル スバル レガシィアウトバック

ヘッドライトの形状は、内側がV字型へと変更されています。
2017年モデルになかったヘッドランプ光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドランプを採用しています。
ドアミラーはLEDターンランプ付ドアミラーを採用し、空力や静粛性、他車からの視認性を高めています。
LEDターンランプ付ドアミラーとは、ドアミラーにサイドターンシグナルランプを搭載し、LEDにより高い被視認性を得ることができるものです。
また、ドレスアップ効果もあります。

リアバンパー

画像からはわかりませんが、リアバンパーはマットブラックのクラッディングを拡大し、フロントフェイスと統一感のあるデザインになると思われます。

スバル新型レガシィアウトバックD型の内装(インテリア)デザイン

2018年モデル スバル新型レガシィアウトバック(北米仕様)

2018年モデル スバル レガシィアウトバック

2017年モデル レガシィアウトバック

2016年 6代目 スバル レガシィアウトバック

インパネ・センターコンソールの一新とディスプレイの大型化

2018年新型レガシィアウトバックでは、センターベントグリルやエアコンユニットと一体的にまとめ、ディスプレイは8インチへと大型されました。
また、インパネの中心部分はハイグロスブラックを基調とし、淵をシルバーフレームで囲いクールな印象を与えます
さらに、一部のグレードではインパネとドアトリムにステッチが施されていて高級感が増しています。

フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを採用

フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを採用し、遮音性能を向上させています。

スバル新型レガシィアウトバックD型のパワートレイン

2018年モデル スバル新型レガシィアウトバックのスペック

【基本情報】2018年モデルスバル新型アウトバック(米国使用)
モデル2.5i3.6R
ボディサイズ(mm)
4,824 x 1,840 x 1,680
ホイールベース(mm)2,745
最低地上高(mm)220
エンジン2.5L水平対向 4 気筒
FB25 エンジン
3.6L水平対向 6 気筒
EZ36 エンジン
排気量(cc)2,4983,630
トランスミッションリニアトロニック
最高出力(hp/rpm)175/5,800256/6,000
最大トルク(lb.-ft./rpm)
※【 】内はN・m(kg・m)/rpm
174/4,000
【235(24.0)/4,000】
247/4,400
【334(34.1)/4,400】
タイヤサイズ(前)225/65 R17、(後)225/60 R18
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
乗車定員5 名

エンジン・足回りなど

エンジンは、2017年モデルと変わらず2.5L 水平対向 4気筒FB25 エンジンですが、エンジンとCVTを改良とチューンナップがされ、メリハリのある気持ちの良い加速感のあるものへと進化。
その他にもブレーキ、サスペンションのセッティングと、電動パワーステアリングの制御や操作安定性の向上と、ハンドルを切った時の旋回性やコーナリングフィーリングなどにもチューニングが施されました。
駆動方式は全ラインナップAWDに統一されます。
また、最低地上高が20mmアップしています。

2017年モデル アウトバックとスペックの変更は

これから示すスペックは2017年モデル レガシィアウトバックのものです。

【基本情報】2017年モデル スバル新型アウトバック(日本仕様)
ボディサイズ(mm)4,815×1,840×1,605
ホイールベース(mm)2,745
最低地上高(mm)200
エンジン2.5L 水平対向 4気筒
FB25 エンジン
排気量(cc)2,498
最高出力〔ネット〕[kW(PS)/rpm]129(175)/5,800
最大トルク〔ネット〕 [N・m(kgf・m)/rpm]235(24.0)/4,000
タイヤサイズ(前)225/65 R17、(後)225/60 R18
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
乗車定員5 名

2018年モデル スバル新型アウトバックと2017年レガシィアウトバックのスペックを比較すると、大きな変更はありません。
ボディサイズの変更はあるものの、ホイールベースの変更がないため、シャシーの大幅な変更も見られません。
3.6L水平対向 6気筒EZ36 エンジンは海外のみモデルであり、日本では2.5リッターエンジンのみの展開です。
日本の2018年モデルへの導入はないでしょう。

スバル新型レガシィアウトバックの安全装備

アイサイト コアテクノロジー

自動ドアロックシステム

細かい安全装備として、20km/h以上で走行時に自動的にロックがかかる、自動ドアロックシステムも搭載されました。
この自動ドアロックシステムは自動車が停車時やドライバードアが開閉された時以外にも、エアバッグが展開された時にも自動で開きます。

アイサイト ツーリングアシスト

マイナーチェンジしたレヴォーグやWRX S4に搭載されたことも有り、新型レガシィアウトバックにもスバルを代表する先進運転支援システム「アイサイト ツーリングアシスト」が搭載される可能性が高いです。
アイサイト ツーリングアシストとは、既存のアイサイトをより進化させた、より運転中の披露を軽減することを目的とした技術です。

直線だけでなく、カーブでもステアリングを自動で操縦し、ドライバーをアシストします。
進化したアイサイト ツーリングアシストでは100km/hでは400Rのカーブまで自動で旋回することが可能です。
先行車を認識し、自動で追従するクルーズコントロール機能にも磨きがかかり、120km/hまで作動速度が引き上げられました。

アイサイトセイフティプラス

アイサイトセイフティプラスは、運転中のヒヤリや死角を減らすための安全装備です。
車線変更時に危険を知らせてくれる後側方警戒支援システム「スバルリアビークルディテクション」から始まり、前方の光を検知し状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる「ハイビームアシスト」がドライブ中のヒヤリとする場面を減らしてくれます。

また、運転中の死角を減らすための機能も充実しています。
う乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時に、後方の死角を減らす「スマートリアビューミラー」。
そして前方と左前方の死角を減らす「フランと&サイドビューモニター」も搭載しています。

スバル新型レガシィアウトバックの燃費

ガソリンスタンド 給油

2018年モデル スバル新型レガシィアウトバックの燃費は、エンジンの変更と燃費面での改善が見られないため、2017年モデルと燃費の変更はないといっていいでしょう。
したがって、2018年モデル 新型レガシィアウトバックの燃費はJC08モードで14.6km/Lです。
ですが、チェーンアップされたこともあるため、僅かな燃費の変動が見られることもありえます。

ガソリン代節約の裏技についてはこちら

スバル新型レガシィアウトバックの価格は?

価格 お金 現金 費用 税金 維持費

2018年モデル スバル新型アウトバックはステアリング連動ヘッドランプ、LEDターンランプ付ドアミラー、フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを装備しています。
さらに、インパネとドアトリムにステッチを施し、8インチディスプレイも装備しています。
しかし、大きな新技術の追加はなく、前回のモデルチェンジでは、約2万円ほどの違いが無いことから、今回のマイナーチェンジでもそれほど値上がりしないと思われていました。
新型アウトバックの新車価格は330万円からです。

▼以下は米国での販売価格表です。

2018 SUBARU OUTBACK
Outback 2.5i2万6,810
Outback 2.5i Premium2万8,910
Outback 2.5i Limited3万3,610
Outback 2.5i Touoring3万7,405
Outback 3.6R Limited3万6,310
Outback 3.6R Touring3万9,605
[単位]米ドル

スバル新型レガシィアウトバックD型に期待

2018年式 スバル アウトバック

今回のスバル新型レガシィアウトバックの発表はマイナーチェンジでしたが、2014年に発売された5代目モデルからすでに4年経っているため、フルモデルチェンジを待ち望んでいる方も多いのではないでしょうか。
フルモデルチェンジではありませんでしたが、レガシィアウトバックはマイナーチェンジでも私たちスバルファンをワクワクさせてくれる車でありました。

スバルの新型車の最新情報についてはこちら

SUVに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK