初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【見逃せない】タイヤのスキール音とは?放置すると危険?対処法についても

「キーーッ」、タイヤの悲痛な叫びにも聞こえるスキール音。ドライバーが意図せずに発生するスキール音を放っておくと危険な状況へ追い込まれる可能性も!? スキール音が発生する原因を探り、日頃からのメンテナンスによる対処法を紹介します。

タイヤのスキール音とは?

芝生とタイヤ

車の急発進時や急停車時、又はコーナリング中に「キーーッ」や「クォーーッ」などという音を耳にしたことはありませんか?
その甲高い音がタイヤのスキール音です。

スキール音の発生源は、タイヤのトレッド(路面に触れる部分)と路面との間で留まりと滑りが繰り返されることによって発生する、スティックスリップと呼ばれる自励振動です。
(自励振動とは、振動させる力が作用していないにも関わらず、摩擦によって誘発される振動のことです。)
俗にびびりとも呼ばれており、ゴムの劣化等でワイパーが「びびる」のも同じ現象です。

タイヤが限界を超えたときの悲鳴=スキール音

きついカーブを速い速度で曲がるとタイヤが「鳴く」これがスキール音の代表です。
タイヤの性能以上の速度でカーブを曲がる時に発生するスキール音以外にも発生する原因があります。
この記事ではこの点にスポットライトを当ててご紹介します。

スキール音発生の原因は?

タイヤの群れ

経時変化によるタイヤの硬化

音が発生する原因として、タイヤの経年劣化が考えられます。

タイヤのゴムは、オゾンや紫外線にさらされるだけでも劣化します。
少し乱暴な例えですが、古い輪ゴムが切れやすかったり、硬くなっていたりするのと同じです。

輪ゴムよりも遥かに過酷な環境下での仕事を強要されるタイヤのゴムには、劣化を抑制する老化防止剤が含まれています。
しかし、その老化防止剤はタイヤ専用洗剤等で過度な洗浄をすると、汚れと共に落ちる事になります。
又、ゴムは油が付着したまま放置すると変質する為、油性のタイヤワックス等でも悪影響を受けてしまいます。

このようにダメージを受け続けると、タイヤのしなやかさが失われてしまい、ヒビ割れや異音が生じる原因になります。

空気圧の不足

次に、タイヤの空気圧の低下が考えられます。

空気中に2割程含まれる酸素は、タイヤの分子に取り込まれたり、すり抜けたりしている為、空気圧は徐々にではありますが自然に低下してしまいます。
もしもタイヤが少し潰れたように変形していれば、空気圧が不足しています。
自動車メーカーから指定された空気圧よりも少ないとタイヤのたわみが大きくなり、異音が発生しやすくなります。

その他の原因

その他に、マンホールの上や地表の滑らかな立体駐車場等でもスキール音は発生することがあります。
こうした摩擦係数の低い場所でのスキール音は、タイヤに問題が無くても起こる現象ですので、気にする必要はありません。

また、グリップ力の低いコンパウンドを使用している安価なタイヤほど、スキール音が発生しやすい傾向にあるようです。
(タイヤのコンパウンドとは、天然ゴムや合成ゴムに炭素やオイルなどの添加剤を配合した複合ゴムの事で、トレッド部に使用されています。)

スキール音は放置すると危険?

放置タイヤ

では、以前よりもスキール音が気になる状態で乗り続けると、どうなるのでしょうか。

空気圧が低下した状態

まず、空気圧が低いまま走行するとタイヤの転がり抵抗が増すので、燃費が悪化します。
逆に高い場合は、段差などでコード(タイヤの骨格を形成する補強材)が切れやすくなるという事態になってしまいます。
加えて、空気圧の過不足時に共通して発生する可能性が高いトラブルが「偏磨耗」です。
その名の通り、タイヤが偏って磨耗している状態で、タイヤの寿命を縮めてしまいます。
更に、ブレーキや走行性能の低下を招き、場合によっては異常な振動が発生して運転に支障をきたす恐れがあります。

ヒビ割れが生じた状態

次に、ヒビ割れしたタイヤの場合は硬化しているため、本来のグリップ力が失われています。
また、エア漏れが生じる可能性もあり、最悪の場合にはバーストが発生する危険性があります!
(空気圧が不足している場合もバーストが起こる可能性が高まります。)

バーストしたタイヤの画像

バーストしたタイヤ

バーストとは、走行中にタイヤが突如として破裂する恐ろしい現象です。
状況によっては周囲を巻き込む大事故に繋がりかねません!

バーストについては以下の記事も参考にしてください。

タイヤのスキール音の対処法

空気圧低下への対処

タイヤの空気圧調整

前述の通り、空気はタイヤゴムの分子間をすり抜けたりしているので、時間経過と共に空気圧が低下することは免れません。
月に1回程度は、ご自身で、又はガソリンスタンドやタイヤ販売店などで、エアゲージを使用して空気圧を確認しましょう。

参考までに、指定空気圧は運転席ドアの開口部や給油口等に貼られているラベルや取扱説明書で確認できます。

老化への抵抗

ヒビ割れが発生したタイヤは、その度合いにより対処方法が異なります。
細かく浅いヒビであれば問題ありません。

しかし上の画像のような状態では、亀裂がコードに達している可能性もあります。
使用を控え、なるべく早めにタイヤ販売店などで診てもらいましょう。

また、購入から5年以上経過しているタイヤは、異常がみられない場合でも、タイヤ販売店などで点検することをおすすめします。

ひび割れの対処法については以下の記事もどうぞ。

スキール音防止の為のタイヤのメンテナンス

レンチ 工具 メンテナンス

残念ながら、経年劣化は避けられませんので、日頃のお手入れの際に心掛けて欲しい事を挙げてみました。

・タイヤは水のみで洗浄し、汚れが落ちない場合は希釈した中性洗剤を使用した後に、水でよく洗い流して空拭きしてください。
・タイヤワックス等を使用する場合は、有機化合物(油)の含まれない、液状の水性タイプを使用する事でタイヤへの影響を抑えられます。
・タイヤを外して長期間保管する場合は、暗く涼しい場所を選び、縦置きで保管してください。
・ホイールに装着したまま保管する場合は、空気圧を適正値の半分程度にしてから平積みに。
その際、タイヤに含まれる成分が染み出して床などを汚す可能性があるため、板やダンボールを敷きましょう。

タイヤの悲鳴に耳を傾けよう

鴨とタイヤ

タイヤのシンプルで黒い容姿からは想像できない繊細な一面も紹介しましたが、いかがでしたか?
車で唯一、路面と接触して対話するタイヤは、1tをも超える車の走る・止まる・曲がるを黙々と受け止め続けています。
時折上げるその悲鳴には、重要なメッセージが隠されているかもしれませんので、ご注意を!

タイヤの交換についての記事はこちら