初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【アウディA1/A1スポーツバックは軽快な乗り味】実燃費から試乗評価を紹介

アウディがA1・A1スポーツバックを発売から若い顧客を増やし、販売台数を伸ばしてきています。価格は約300万円となり、コンパクトカー市場に登場した高級車A1・A1スポーツバックは、ドライバーを高級車に乗っている感覚にさせてくれるのでしょうか。乗り心地の評価や内装の高級感、そして実燃費や維持費などを紹介していきます。

アウディA1とは

アウディA1 urban racer limited

A1はドイツの自動車メーカー・アウディが生産・販売している乗用車であり、欧州の乗用車分類法ではBセグメントに属するコンパクトカーです。
日本では2011年1月11日に発売され、発売当初はエンジンが1.4リッター直4TFSIとトランスミッション7速Sトロニックの組み合わせのみでした。

2015年6月にマイナーチェンジと1リッターエンジン追加

2015 アウディA1 外観
2015年式 マイナーチェンジ アウディA1 ヘッドライト

2015年6月には、1.0 TFSI、1.0 TFSIスポーツが追加され、1.0リッター直3TFSIエンジンが搭載されました。
また、同時にマイナーチェンジがなされヘッドライト、LEDランプ、前後バンパーやワイドになったシングルフレームグリルなどのデザイン変更がなされました。

TFSIとは

アウディ エンジン TFSI

A1には「1.4TFSI」といったようにモデル名にTFSIがつきます。
これは何かというと、直噴システムと過給器を装着したアウディのガソリンエンジンの総称であり、TがTurbo、FSIはFuel Stratified Injectionを意味します。
低排気量であってもパワフルかつ低燃費を実現したアウディ独自のエンジンです。

7速Sトロニックとは

7速Sトロニックは、アウディに搭載するトランスミッションです。
1-3-5-7速と2-4-6速をそれぞれ担当する2つのクラッチを持ち、一方のクラッチをつないだときに、もう一方が次のギアを選択してスタンバイしており、瞬きをするほどのわずかな時間でシフトチェンジを行うため、ギアが変わるときの途切れ感とトルクが途切れることなく、なめらかな加速が味わえます。

アウディA1の次期モデルに関する情報はこちら

アウディA1スポーツバックとは

2015年式 マイナーチェンジ アウディ A1 スポーツバック

A1スポーツバックは、3ドアのA1に対し5ドアになっているものがA1スポーツバックです。
発売は2012年6月でA1よりも2年遅れで登場しました。
A1とA1スポーツバックはエンジン、トランスミッションは変わりなく、燃費も変わりません。
A1は3ドアの4人乗りに対し、A1スポーツバックは5ドアの5人乗りとなっているので、ファミリーユースにはA1スポーツバックがおすすめです。

アウディA1/A1スポーツバックの外観

アウディA1

2015年式 マイナーチェンジ アウディA1 外装
2015年式 マイナーチェンジ アウディA1 外装

A1スポーツバック

アウディA1スポーツバック

出典:©everystockphoto.com/ M 93

アウディA1スポーツバック

出典:©everystockphoto.com/ M 93

外観は、アウディを感じさせるフロントマスクと”スポーツコンパクトカー”を意識させる速そうな雰囲気があります。
一方では、女性から見れば”小さく可愛らしい”と思わせるコンパクトカーとしての愛らしさも感じさせる一面も持っています。
スタイルにアウディとしてのアイデンティティを残しつつも、小さく上手くまとめたデザインでしょう。
A1とA1スポーツバックを見比べれば、3ドアと5ドアという違いだけで、それ以外に特別な変化は見られません。

アウディA1/A1スポーツバックの内装は

アウディ A1 admired plus limited 内装
2015年式 マイナーチェンジ アウディA1 内装
2015年式 マイナーチェンジ アウディA1 内装

アウディA1の内装は、カッコよさを非常に感じます。
インパネなどに使われている樹脂など、材質についての高級さや重厚感はありませんが、インパネに2連の円形エアコンや、それぞれのスイッチや内装部品の淵をメッキで囲っているあたりはドイツ車らしい作りです。

アウディ A1 スポーツバック 内装

後部座席はコンパクトカーであるがゆえに狭さがあります。
A1スポーツバックは5人乗りですが、後ろに大人3人が乗車すれば窮屈感を感じてしまうでしょう。

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...