初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

どんな小さな傷も車につけない完璧な方法「プチプチエアロパッケージ」

ウインカーを出さない県ランキング1位に選ばれた岡山県が画期的なカスタムパーツを開発しました!その名は「プチプチエアロパッケージ」!これで事故のない平和な世界が来るのでしょうか?ウインカーを出さないことで起こる事故や罰金、ウインカーを出すルールをおさらいして、交通事故を未然に防ぎましょう。

ウインカーで合図を出していますか?

車 ウインカー

出典:©Shutterstock.com/ JNP

ウインカーをきちんと出すことで、周囲に自分の車の動きを早めに伝えらるため、事故防止につながります。

そんな大切なウインカーですが、調査によると岡山県はウインカーを出さない県ワースト1といった結果になりました。
不名誉な結果になってしまった岡山県。しかし、実は画期的な装備の開発を進めていました!

日本一ウインカーを出さない岡山県から画期的な装備が登場?

こちらが日本一ウインカーを出さない岡山県民のために開発された交通事故防止の装備です!

プチプチエアロパッケージ

プチプチエアロパッケージ

車体を包む透明な「プチプチエアロパッケージ」は、元々のカラーに合わせて柔軟に変化します。
写真は車のカラーがホワイトであるため、まるで白熊のようなフワフワ感が出ています。

ビビットなカラーに装着するとふんわり優しい印象になるでしょう。
もちろん、ぶつかっても「気持ち安心」なソフトな触感です。車体の傷も防止できます。

歩行者用プチプチエアロパッケージ

プチプチエアロパッケージ

ダウンコートにも見えるモダンなデザインの「歩行者用プチプチエアロパッケージ」。
スーツや普段着の上に着ても余裕があるゆったりサイズです。衝撃から頭を守る帽子もボリュームがあってかわいい印象です。

建物もプチプチで包まれている!

プチプチエアロパッケージ

車や歩行者だけでなく、建物もプチプチで守られている街があります!安全対策はバッチリですね。

実は岡山県の運転マナー向上の動画「Bubblepack Town」

歩行者や自転車と車がぶつかってもニコニコ、車同士がぶつかってもニコニコ。
一見平和に見える世界ですが、その異様な光景はジワジワと恐怖を感じます。
後半にある「岡山県では50分に1回、交通事故が起きている」の言葉と映像は、「こんな世界は存在しない」ということが伝わりますね。

この動画は岡山トヨペットが「交通事故ゼロ・プロジェクト第3弾」として制作した動画です。
2017年4月6日(木)~15日(土)は春の全国交通安全運動ということもあり、ウインカーを出さない県・岡山県の運転マナーを向上させるのにピッタリの作品です。

実際に岡山県が行っている施策「★合図」

岡山県ではウインカーを出さずに車線変更・右左折をするということは以前から問題になっていました。

そのため、2005年に路面表示に「★合図」が導入され、2016年2月の時点で県内28ヶ所に表示があります。
交差点の手前30mに表示があることで、規定通りのタイミングでのウインカーを促していますが、なかなか改善は難しいようです。

香川県は路面表示に「オリーブマーク」

また、ウインカーを出さない県 第2位の香川県にも同様の路面表示があります。

こちらは香川県らしく「オリーブの実」で表現されています。よく見るとオリーブの実の向きが異なっています。
これは路面表示の進行方向を示す矢印に合わせて、オリーブの実の向きを変えるという小技がきかせています。

地域によって特徴的な路面表示があることは驚きですね。

ですが、「ウインカーを出さない」などのルール違反が起こるのは、岡山県や香川県だけではありません。
どこで運転しているときも、ウインカーは必ず出すようにしましょう。

ウインカーを出さなかった時に起こる交通事故

交通事故

ウインカーを出さないことで、以下のような事故が起こる危険があります。
・左折時に左側走行中の自転車・バイクの巻き込み
・右折直進事故(右直事故)
・車線変更時の追突

ウインカーを出さなかったことが原因で事故が起こると、相手から「まさか曲がるとは思わなかった!」と必ず言われることになります。
車同士の事故はもちろん、歩行者や自転車、バイクを巻き込む事故につながる可能性も大きいため、ウインカーで周囲に自分の動きを確実に伝えましょう。

ウインカーを出さないと違反!

違反 レッドカード

道路交通法 第53条(合図)では、右左折などでウインカー(方向指示器)を出すことが定めています。
また、道路交通法施行令21条に以下のような詳細の規定があります。
・交差点の30m手前でウインカー(右左折の合図)を出す
・進路変更する3秒前にウインカー(右左折の合図)を出す

違反した場合は、第120条 第8項により5万円以下の罰金を支払うことになります。

教習所では習ったはずですが、「忘れていた!」という人も多いのではないでしょうか。
この機会に思い出して、規定のタイミングでウインカーを出しましょう。

プチプチで対策…ではなくウインカーを必ず出しましょう!

ウインカー

交通事故防止のためにプチプチで対策をしましょう…ではなく、必ずウインカーを出しましょう!

ウインカーは車の中から自分の動きを伝えるための大切なコミュニケーションツールです。
右左折や車線変更をきちんと周囲に伝えることで、事故防止になることはもちろん、気持ちよく運転できます。

今一度、ウインカーでの合図の基本を見直してみませんか?

他の車のエンタメ・おもしろ情報はこちらの記事!

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す