初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【エスティマハイブリッドは損?得?】価格・減税や燃費・スペック・パワーからガソリン車と徹底比較

トヨタの人気ミニバン「エスティマ」には、ガソリン仕様車とハイブリッド仕様車の2車種あります。同じ車種でハイブリッド車はガソリン車に比べ購入価格が割高で、購入に躊躇される方も多いのではないでしょうか?しかし割高のハイブリッド仕様車が売れているのも事実、今回は不動の人気を誇るエスティマに焦点を当てて、ハイブリッドとガソリン車の価格差や減税率、スペックを比べて燃費の歩湯版を比較、どちらがお買い得かを検証します。

トヨタ エスティマとは?

トヨタ エスティマ

現行のトヨタ エスティマは2016年にマイナーチェンジされたトヨタ自動車が誇るミニバンの代表格です。
よくアルファードと比較される車なのですが、エスティマユーザーとアルファードユーザーは使用目的や年齢構成が差別化されています。

エスティマは販売から20年近く経っていいるにもかかわらず、ファンが多く、エスティマを乗り継いでいるユーザーが多いことで知られています。

ガソリン車は2016年のマイナーチェンジから2.4Lエンジンのみの仕様になっていて、V6 3.5Lモデルは廃盤となり、モデルが統合されました。

トヨタ エスティマハイブリッドとは?

トヨタ エスティマ ハイブリット

エスティマハイブリッドは2代目プリウスが販売されたのに続き、トヨタでは2番目のハイブリッドモデルとして2001年から販売されています。

大きな特徴として、ガソリン車と同じエンジンを積みながら、プリウス譲りのハイブリッドシステムを搭載していることです。
大きな車体の安全性を確保するためにブレーキシステムにも工夫が施されています。
また、今でこそトヨタのハイブリッドミニバンに広まった電気式四輪駆動システムE-Fourは、エスティマが世界初装備でした。

トヨタのハイブリッドミニバンの先駆けですが、今も最先端を走っている大変人気の車種です。

エスティマとエスティマハイブリッドのCMは?

エスティマをUFOに見立てて放送されたCMで、コピーもそのままトヨタのUFOとされていました。
非常にユニークで印象に残るCMです。

文字と音楽だけのCMなのですが、「この車に乗ると非日常が楽しめます!」というコンセプトの、メッセージ色の強いCMです。
CGですがうさぎに鹿の角を付けてこちらを見据えるシーンはなんとも不思議な感覚になります。

エスティマについてもっと詳しく!

エスティマとエスティマハイブリッドの外装デザインを比較

トヨタ エスティマ AERAS PREMIUM-G 2016年
トヨタ エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUM-G 2016年
トヨタ エスティマ AERAS SMART 2016年
トヨタ エスティマ ボディーカラー

エスティマとエスティマハイブリッドの外見を見比べても、違いはフロントグリルにあるエンブレムのカラーとリアトランクのバッジが違うだけです。

デザインはガソリン仕様車もハイブリッド仕様車も変わりがありません。
2016年からフロントデザインが一新され、アッパーグリルが大型化しました。
このグリルが非常に特徴的です。

ボディーカラーは10色、ミニバンとして初のブラックルーフと組み合わせたツートン仕様が好評です。

エスティマとエスティマハイブリッドのスペックの違いは?

トヨタ エスティマ/エスティマハイブリット
エスティマエスティマハイブリッド
全長(mm)4,820
全幅(mm)1,810
全高(mm)1,730~1,7451,760
車両重量(kg)1,7001,970
最小旋回範囲(mm)5,9005,700

エスティマとエスティマハイブリッドのスペックの違いは車重にあります。
リチウムイオンバッテリーとハイブリッドシステムに伴う重量増加は200kg以上の増加になっています。

エスティマとエスティマハイブリッドの内装インテリアを比較

トヨタ エスティマ AERAS PREMIUM-G 2016年 内装
トヨタ エスティマ AERAS PREMIUM-G 2016年 内装
トヨタ エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUM-G 2016年 内装

ガソリン仕様車とハイブリッド仕様車の内装は一見すると見分けがつかないデザインです。

写真上がガソリン仕様車、下がハイブリッド仕様車で、大きな違いはハイブリッド用のバッテリーの搭載位置が前席の左右コンソールボックスの下に配置されているため、前席から後席へウォークスルーができないようになっています。
また、1列目の「ハイブリッドコンソールボックス」後面に、ハイブリッドカー特有の大容量エネルギーを生かして最大1,500Wの電源供給を可能にするAC100Vアクセサリーコンセントが標準装備されています。
これは2011年3月11日に発生した東日本大震災では、災害時の緊急用電源として被災者の携帯電話の充電や湯沸かしなどに活躍しました。
当時はエスティマハイブリッドの独自機能でしたが、これをきっかけに、各社で電源供給機能を備えた車種が登場しています。

エスティマとエスティマハイブリッドの室内スペックを比較

エスティマエスティマハイブリッド
室内長(mm)3,010
室内幅(mm)1,580
室内高(mm)1,255

エスティマとエスティマハイブリッドの室内寸法は同じ寸法で作られています。
先にも記載したとおり、ハイブリッド仕様車には予備電源として使えるハイブリッドコンソールボックスが標準で装備されています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK