初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ポルシェ社選】レア&記念すべき車ランキングTOP5!やっぱり911?

言わずと知れた高級車メーカー、ポルシェが自社の公式YouTubeチャンネルにて、レアなポルシェ、記念すべきポルシェTOP5を紹介する動画が配信しました。どれも価格がつけがたい車種ばかり。そんなレアな車を解説します。もっとも価値のあるポルシェとは一体どれなのでしょうか?

ポルシェが紹介するTOP5シリーズ

ポルシェ ランキング

ウィークリー企画として、ポルシェ公式YouTubeチャンネルにて、自社で選ぶTOP5シリーズを公開しています。
その中でも、今回は第1話「レアなポルシェTOP5」と「記念すべきポルシェTOP5」を紹介していきたいと思います。

ポルシェ公式動画:レア車ランキング Top 5

ポルシェ公式動画:記念すべき車ランキング Top 5

ポルシェ社についての関連記事はこちら

【レアな車ランキング 第5位 】ポルシェ 911 ターボ S (964)

ポルシェ 964 外装

スーパーカーチャンピオンシップを獲得したことを記念して発表された、964型 911 ターボSは、1992年 964型911ターボの改良モデルとして開発されました。
最高出力は360PSで、18インチホイールや赤キャリが迫力を強めてます。
記念に尽くされた限定車のため、たった86台しか作られませんでした。
当時の販売価格は、285.000ドイツマルク。
日本円にして約1824万円でした。

ポルシェ新型911の最新情報についてはこちら

【レアな車ランキング 第4位 】ポルシェカレラ GTS

左:ポルシェカレラ GTS 右:924ターボ

ポルシェカレラ GTSは1981年に50台限定で作られました。
そのうち初めの一台はホワイトカラーでの販売でしたが、後の49台は販売促進のためインディアンレッドでの生産になりました。
最高出力は245PSで最高速度はなんと310キロ。
当時110.000ドイツマルクでした。
日本円にして約704万円。

ポルシェ新型カレラの最新情報についてはこちら

【レアな車ランキング 第3位】ポルシェ 911 GT1

ポルシェ 911 GT1

1996年にル・マン24時間耐久レースで初めて登場し、突然2位、3位入りしたため一躍有名になりました。
1998年にはル・マンを制覇しました。
最高出力は544PSです。
GT1規定では少なくとも20台の公道仕様を生産することが規定されていたため、ポルシェは911GT1 Strassenversion(ストリートバージョン)を開発、公共道路を走ることを認可されたポルシェ 911 GT1 は全部で21台作られました。
その影響で車の値段は上がり、当時1.500.000ドイツマルクでした。
日本円にして約9600万円。

【レアな車ランキング 第2位】ポルシェ911 SC/RS

ポルシェ911 SC/RS

ポルシェ911 SC/RSは、1984年のWRCに参加するためPorscheはGroup B のホモロゲーションを取得するために作られました。
911SCをベースにした限定マシンでたった20台しか生産されなかった、とってもレアなポルシェです。
911SCより400kg以上軽量化されています。最高出力は、250PS。
当時販売価格は、188,100ドイツマルクでした。日本円で約1200万円

【レアな車ランキング 第1位】ポルシェ 356 アメリカロードスター

ポルシェ 356 アメリカロードスター

356アメリカロードスターはわずか16台しか製造されなかった大変貴重なモデルです。
有名なレーサーであるピーター・カニンガムなどのドライビングによりポルシェの名声を高めるのに貢献しました。
当時のUSドルで4600USドル。
日本円にして約1240万円。

ポルシェのオープンカーに関連するおすすめ記事はこちら

【記念すべき車ランキング 第5位】ポルシェ911クラブクーペ

ポルシェ911 クラブ クーペ
ポルシェ911 クラブ クーペ

2012年にポルシェ・クラブの設立60周年を迎えました。
ポルシェクラブとは1952年にドイツのヴェストファーレンで7人のポルシェ愛好家によって設立された、いわばファンクラブです。
その設立60周年の記念にポルシェ・ファミリー・カラーのブリュースター・グリーで作られ、ポルシェを彷彿とさせる特別仕様車が13台だけで製造されました。
販売価格は約1400万円です。

【記念すべき車ランキング 第4位】ポルシェ911 スピードスター

ポルシェ 911 スピードスター

2011年、ポルシェの市販モデルや限定生産モデルのカスタマイズを担う、ポルシェ ・エクスクルーシブが25周年を迎えることを祝い、新たな「911スピードスター」が997モデルに基づいて発表されました。
「911スピードスター」は従来のスピードスターの短いウィンドシールドや特徴的なバブル形状のリアを引き継ぎました。
この限定911スピードスターは全世界限定で356台限定で売り出され、日本でも6台が販売されました。
当時の価格は約3000万円でした。

【記念すべき車ランキング 第3位】ポルシェ911スポーツクラシック

2009年に再びポルシェはわずかな台数のみを生産する「911」のアイデアを復活させる開発を始めました。
ポルシェ、スポーツの古典的で歴史的な外装色のグレーを参考にしてインテリアも徹底的に洗練されました
世界250台限定モデル、左ハンドルの「911スポーツ クラシック」は、販売価格は約2000万円を超えました。

【記念すべき車ランキング 第2位】ポルシェ911 ターボs (964)

ポルシェ 911 ターボS

1992年に注目される911が「911ターボS」の形で発売されました。
ポルシェ・モータースポーツとポルシェ・エンジニアの協力の結果、86台の車両が建設されました。
この車両の重量は「911 ターボ」より、180kg削減することができました。
最高出力は580PS。
日本円にして約1,824万円。

【記念すべき車ランキング 第1位】次の新型車

ポルシェ 貴重な車1位

"what is up next?"
「さて、次の車は?」と、期待が高まる第1位。

ポルシェ社はビデオ内で「常に最新の車種がポルシェ史上最高の車になる」というの考えもと新たな自動車を開発していると述べており、「記念すべき車ランキング1位」は次に発表される新型車になる、とのことです。

次の新型車の発表に目が離せないですね!

結局ポルシェの貴重な第1位とは

ポルシェ現行カイエン

ポルシェ カイエン S 外装 2015年型

ポルシェ社が選ぶレアな車、記念すべき車のTop 5をご紹介してきましたがいかがでしたか?

さすが長い歴史をもつだけあり、桁違いの値段で販売されていたり、普段あまり走っているところを見ないような車種が多くありましたね。

また、「次に発表される車が記念すべき車ランキングの1位になる」と断言できることからポルシェの圧倒的な自信が伺えます。
私個人としましては、大きさ的に新型カイエンなのではないかと予想しております。
記念すべき1位が明かされるのが楽しみですね!