初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【今さら聞けない】JC08モードとは?燃費基準と実燃費との違いは?

JC08モードは燃費の測定方法の1つで、2011年4月以降の自動車に表示が義務付けされました。 この記事ではJC08モードでの燃費基準や実燃費との違い、JC08モードでの燃費ランキング、国際基準「WLTP方式」での燃費測定などを紹介します!

JC08モードは燃費の測定方法の1つ

車 燃費

2011年4月以降、型式認定を受ける自動車にJC08モードの燃費値表示が義務付けられました。
それまでは「10・15(じゅうじゅうご)モード」で測定されていましたが、測定方法が実際の使用条件と離れていることや、実際走行したときの差が大きくなることを指摘されていました。
そこで実際の走行パターンに近い測定法である「JC08モード」が取り入れられています。

JC08モードの燃費計測方法・走行パターンは?

燃費 イメージ

自動車の燃費値は審査機関「独立行政法人 交通安全環境研究所」で測定しています。
自動車メーカーは新型車を開発し一般に販売する前に、国が定めた「型式指定検査」を受けなければなりません。
その検査の中に、「JC08モード燃費」が含まれます。

市街地や郊外の走行を想定し、一定のパターンで車を走らせます。そのときの燃料の消費量から1リットルあたりの走行距離(燃費)を算出します。
「テストコースなどで走行試験しているの?」と思われがちですが、燃費測定時はコースや道路に車を走らせるわけではありません。
試験場にあるシャシダイナモメータ(測定器のローラー)に車を載せて、タイヤを回転させ、燃費を測定します。
ただ、このまま燃費測定をすると実際の走行や車種による違いがでてしまうので、事前にテストコースで計測した「走行抵抗値」を元にシャシダイナモメータに負荷設定してから測定します。

燃費測定は、実際の運転に近くなるように、コールドスタート(エンジンが冷えた状態からスタートする)で測定が始まります。
最高速度は約81.6km/h、平均速度は約24.4km/h。複雑な加減速を繰り返し、20分4秒で想定走行距離8.171kmを走ります。
エアコンはオフ、ハンドル操作もありません。

JC08モード 走行イメージ 速度計 加速度計 走行距離

JC08モードと実燃費に差が出る理由

フロントウィンドウ 雨

自動車の燃費は、以下のような理由で変化します。

・使用環境(気象条件・渋滞など)
・運転方法(急発進・エアコン使用など)

先ほどの説明にもありましたが、JC08モードでの燃費測定は、「屋内での計測」「エアコンなど電装品はオフ」「ハンドル操作なし」といった一定の条件で行われています。
燃費の計測は一定の走行状態で計測しているため、実際の走行と比べると「数値が違う!」ということがどうしても起こってしまいます。

実燃費はJC08モードの70~80%程度といわれているため、やはり差は大きいと感じてしまいますね。
ですが、10・15モードからJC08モードに切り替わったように、より実際の走行時に近くなるように日々研究が重ねられています。

JC08モードでの燃費ランキングを紹介!

ハイブリット車のJC08モード燃費ランキング(2017年4月現在)

トヨタ プリウス 2015年型

第1位 トヨタ・プリウス 40.8 km/L
第2位 日産・ノート(e-POWER) 37.2 km/L
第3位 トヨタ・プリウスPHV 37.2 km/L

ハイブリット車の代名詞ともいえるトヨタ・プリウスは、40.8 km/Lという脅威の燃費とスポーティなデザインが話題になりました。さらに2017年2月には、プリウスPHVも発売しました。
そんなプリウスに次ぐ燃費性能を持っているのが日産ノートの「e-POWER(シリーズ方式ハイブリッドシステム)」モデルです。
国内発売台数も2017年1月にトップになったことから、燃費のよい車は人気が高いことがわかります。

コンパクトカーのJC08モード燃費ランキング(2017年4月現在)

マツダ デミオ ディープクリムゾンマイカ 4代目

第1位 マツダ・デミオ(クリーンディーゼルエンジン) 30.0 km/L
第2位 トヨタ・パッソ、ダイハツ・ブーン 28.0 km/L
第3位 スズキ・ソリオ(マイルドハイブリット) 27.8 km/L

他社ではラインナップが少ないクリーンディーゼル車のマツダ・デミオは、ガソリン車やハイブリット車とはまた違う、エコカーの選択肢として人気があります。
ガソリン車ではトヨタ・パッソ、姉妹車のダイハツ・ブーンが低燃費です。
そしてスズキ・ソリオはマイルドハイブリッド(減速時のエネルギーを利用して発電、加速時にその電力を活用してエンジンをアシスト)という独自の技術を使っています。

軽自動車のJC08モード燃費ランキング(2017年4月現在)

スズキ アルト 2014年型 X レッド1

第1位 スズキ・アルト、マツダ・キャロル 37.0 km/L
第2位 スズキ・ラパン 35.6 km/L
第3位 ダイハツ・ミライース、スバル・プレオプラス、トヨタ・ピクシスエポック35.2 km/L

ハイブリット車を除くガソリン車で最も低燃費なのが軽自動車のスズキ・アルトと姉妹車のマツダ・キャロルです。
スズキ・アルトは国内累計販売数500万台を突破したこともあり、歴史の長い定番モデルでありながら最新の技術を取り入れて多くの人に愛されています。
そんなスズキ車を追うのが、ダイハツ・ミライースです。ダイハツのエコ技術「イーステクノロジー」は、エネルギーを効率良く使う工夫で燃費の向上を行っているのが特徴です。

JC08モードからWLTPへ

高速道路 合流

日本独自の燃費表示である「JC08モード」ですが、2018年10月から国際基準「WLTP方式」へ移行する予定です。
WLTP方式は「低速」「中速」「高速」「超高速」の4段階の速度で燃費を計測します。
走る道路の違い「市街地」「郊外」「高速道路」で燃費が変化するため、より実態に合わせた表示となります。
しかし、測定ルールはJC08モードでの測定よりも厳しいルールとなるため、燃費が低く表示される傾向があります。
ただ、より実際の走行に近い燃費がわかるということは、車選びの参考に便利になりますね。

WLTPの詳しい解説についてはこちら

JC08モードからWLTPへ!燃費測定技術も進化する

車 エコ

出典 :©Shutterstock.com/ graphicsdunia4you

2011年から燃費値表示が義務付けされているJC08モードでの燃費測定は、実際の走行パターンに合わせて、一定の環境下で行われていることがわかりました。
ですが、「実燃費とかけ離れている!」と感じている人も多いでしょう。
しかし、WLTPへの切り替えや、測定方法をより実際の走行に近づける努力などで、実燃費との差は徐々に縮まっています。今後の計測技術や計測方法の発展に期待しましょう!

高燃費な新型車に関連する記事はこちら

燃費性能が良い自動車についてはこちら

燃費を向上させるならおすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す