衝撃対決!「”FJクルーザー”vs”ジムニーシエラ”」はどっちが優れている?

FJクルーザーは幅2mもある大きな車です。方やジムニーシエラは1.6mのコンパクト車です。この比べようの無いような両車について、車体や基本装備、エンジン性能などから、それぞれが持つ能力をまとめていきます。

FJクルーザーとジムニーシエラってどんな車?

まずは両車を紹介します。

FJクルーザー

元々は北米用の車だったのですが、仕様やスタイルが人気で日本でも発売することになったそうです。
北米用らしい大柄でパワフルな迫力あるタイプですね。

価格は324万円~347万くらいです。

ジムニーシエラ

軽自動車にもジムニーがありますが、コンセプトはほぼ同じで非常に高い走破性能をもつ車です。

小振りですが、実は様々なシーンで活躍している車だったりもします。

価格は167万円(5MT)~178万円(5AT)くらいです。

両車はクロカン

FJクルーザーとジムニーシエラはクロカンと呼ばれます。

クロカンはクロスカントリーの略で、オフロード走行を目的とした車です。
かなりの雪の中やでこぼこ道、未開の山道などを走破できるように作られています。

SUVはクロカンよりももう少しオンロード寄りのスポーツ車といったイメージです。

両車はサイズこそ違いますが、同じオフロード車です。

クロカンとはクロスカントリーの略で、悪路走破性に優れるという意味合いが強いクルマを指します。

一方、SUVはSports Utility Vehicleの略で、多目的、スポーツというキーワードがあります。

出典:http://info-sp.goo-net.com/

FJクルーザーvsジムニーシエラのスペック

左の数値はFJクルーザー、右の数値はジムニーシエラです。

■エンジン: 4000cc(V6DOHC)  1300cc(直4DOHC)
■最大出力〈ネット〉 kW(PS)/r.p.m. :
     203(276)/5,600  65(88)/6,000
■最大トルク〈ネット〉N・m(kgf・m)/r.p.m.:
     380(38.8)/4,400  118(12.0)/4,000

■車両重量: 1940kg  1060kg
■全長: 4.6m  3.6m
■幅: 1.9m  1.6m
■高さ: 1.9m  1.7m
■ホイールベースmm: 2,690  2,250
■トレッドmm: 1,605  1,355(後輪は1,365)
■ホイール: 17インチ  15インチ
■ディスクブレーキ: 前後輪  前輪のみ

■燃費(JC08モード): 8km/L  12.6km/L(5AT)

特徴的なのは3点
・FJクルーザーは4000cc(V6DOHC)、ジムニーシエラは1300cc(直4DOHC)です。
・FJクルーザーの重さはジムニーシエラ(1060kg)の約2倍で、パワーとトルクは約3倍です。
・FJクルーザーはジムニーシエラよりも1m長く、30cm幅が広く、14cm高いです。
 体積比では概ね1.7倍くらいになります。

ここまでですと、
・FJクルーザー
  大きい、高性能、パワフル
・ジムニーシエラ
  普通サイズ、普通の性能
と、なってしまいそうです。

相手が悪路故に、大きく力強いほうが絶対によさそうと思ってしまいますが、小さく軽いことの方が有利に働くこともあります。

FJクルーザー&ジムニーシエラの類似点

両車はクロカンを追い求めたタイプですので、見た目やスペックの差よりも類似点が多いです。

パートタイム4WD

2WD、4WD(高速)、4WD(低速)を「手動で切り替え」します。

自動制御での常時4WD(フルタイム4WD)もありますが、悪路ではパートタイム4WDが最も力を発揮するシーンです。

舗装路では2WD、ぬれた路面や林道、すべると危なそうなところは4WD(高速)、ゆっくり行かないと危険なすごい悪路は4WD(低速)と、用途で使い分けます。

■各モードの呼び名はメーカーごとに違うようです。
ジムニーシエラは2WD、4WD-H、4WD-Lと呼んでいます。
FJクルーザーはH2、H4、L4と呼んでいます。

例えば、林道や砂利道などのフラットなオフロードでは、4WD(4H、4WD高速)を選択すると、より確かな走りを実現。また、大きな駆動力を必要とする急な登坂路や悪路などでは、4WD-L(4L、4WD低速)を選択することで、優れた走破性を発揮します。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

※以下はFJクルーザーの情報ですが、基本的にジムニーシエラも同様に考えていただいたほうが良いです。
説明書はよく読んで、無理をしないようにしてくださいね!

■乾燥した舗装路面および高速道路では必ずH2で走行してください。H4またはL4で走行すると駆動系部品に悪影響を与え、駆動系のオイル漏れや焼き付きなどにより事故につながることがあります。また、タイヤの早期磨耗や燃料消費率の悪化につながることがあります。
■パートタイム4WDシステムについては、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

出典:http://toyota.jp/

乾燥路では「駆動部品に悪影響を与え、駆動系のオイルもれや焼き付きなど」(取扱説明書)、トラブルを起こす可能性があるほか、タイトコーナーブレーキング現象によって旋回性が落ちるため、使用しないのがやはり原則。このあたりは、同じくパートタイム4WDのジムニーと同じだ。

出典:http://www.motordays.com/

まずは「H2」から「H4」(ハイ4WD)へ切り換える。これは80km/h以下で可能とのことだが、この時、副変速機のレバーはかなり重く、実際には一旦止まってからやった方が、メカ的にも精神衛生上の良い。ゴリッという感じで切り替わる。

さらに「H4」から「L4」への切り替えは、いったん停止して、シフトレバーを「N」に入れた状態で行う。この場合はスコッと簡単に入る。ローレンジのギア比は、ハイの1.000に対して2.566。完全に極悪路専用だ。

出典:http://www.motordays.com/

オフロードを意識したフレーム

特にオフロードを意識したラダーフレーム(はしご型)を採用しています。

ロードタイプならば、走行中のねじれに対する弾力も重要なのですが、オフロードともなると曲がる要素すら許されないのでしょう。
非常に剛性の高いフレーム構造を採用しています。

オンロード車の場合はボディとの一体整形構造(モノコック)が多いです。

ラダーフレーム

英語 ladder type frame

フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサイドメンバー(サイドレール、縦通材)を前端から後端にわたって通し、その左右間を複数のクロスメンバー(横材)で結合して、はしごの足掛けのかたちにしたフレーム

出典:http://www.weblio.jp/

ジムニーシエラの骨格は本格4×4の伝統を受け継ぐラダーフレーム。サイドのフレームをクロスメンバーで補強することで、悪路走行中も衝撃をしっかりと受け止め、走行性能を高めています。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

岩石路の走行などにおける強い衝撃を、優れた強度、耐久性能で受け止めます。オンロード走行における安定感ある乗り心地にも貢献しています。

出典:http://toyota.jp/

高い走破性能

悪路を走るときに底突きや突入角度などは重要です。
普通の車に比べても高い車高で、相当に余裕があることがわかります。

画像は軽自動車のジムニーのデータです。
突入角度などの許容量は驚異的といえるのではないでしょうか。

シエラは軽よりも20cmほど全長が長くホイールベースが同じで、最低地上高が1cmほど低い(ホイールが1インチ小さい事も影響)ので、この数値よりは低くなりますが、見た目からしてもそれなりに近い数値にはなりそうです。
ただ、シエラはバンパーがちょっと大きいですね。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す