初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【画像で振り返る】スーパーカー消しゴムの人気モデル7選!復刻はあるのか?

スーパーカー消しゴムを憶えていますか?1970年代のスーパーカーブームに流行った消せない消しゴムです。消しゴムという名前があったから堂々と学校の休み時間にBOXYのボールペンで弾いて遊んだ人も多いはず。そんな懐かしいスーパーカー消しゴムは果たして復刻するのか?

スーパーカー消しゴムって何?

消しゴム

©️久太郎

スーパーカー消しゴムとは1970年代中頃、主に小学生男子の間で流行ったスーパーカーの形をした消しゴムです。
単に「カー消し」と呼ばれることもあります。
消しゴムといっても、実際は消しゴムとしての使えるものではありません。
しかし消しゴムという名称があったからこそ、学校に持っていってもおもちゃではなく「消しゴムだから」いう理由で堂々と持って行った記憶があります。
大きさは数種類存在しましたが、小学生の間で流行ったのは3cm前後で消しゴムとして筆箱に入るサイズです。
色はカラフルで、赤、橙、黄、緑、青、白、黒など原色そのもので、ボディもタイヤも窓ガラスも1色です。

第一次スーパーカーブームと共に

1975年に漫画雑誌に連載開始された「サーキットの狼」の影響で始まったとされる第1次スーパーカーブームに後押しされる形で、スーパーカー消しゴムの人気もどんどん上がります。
スーパーカーグッズは消しゴムの他にも、カード、下敷き、筆箱、ポスター、ジュースの王冠など当時スーパーカーはスーパーアイドルといっても過言ではなかったのです。

スーパーカー消しゴムの遊び方

©️久太郎

スーパーカー消しゴムの遊び方は簡単です。
机にコースを作り、スーパーカー消しゴムを横に並べ、順番にボールペンのノック部分を利用してスーパーカー消しゴムを弾いて遊ぶ「スーパーカー消しゴム・レース」。
ボールペンのノックで弾いて、より目標近くに停められるかと競う「スーパーカー消しゴム・ゴルフ」。
机の上で、同じくボールペンのノックで弾きながら、相手を机から落とす「スーパーカー消しゴム・相撲」。
地域によって、他にも異なる遊びもあったようですが、使われる道具は必ずボールペンなのです。

神器!BOXYのボールペン

BOXY ボールペン

©️久太郎

ノック式のボールペンであれば何でもいいというわけでは無く、スーパーカー消しゴムを持っていれば、必ず一緒に持ち歩いていたのが「BOXY」のボールペンです。
なぜBOXYボールペンなのか?
BOXYボールペンは本体の断面が円形では無く、両サイドが平面になっていて、机に置いた時の安定感が重宝されたのです。
相手を正確に狙うためには弾く角度の精度が求められるからです。
弾く距離を稼ぎたい時は、ノック部分のバネを取り出して、手で伸ばしたり、強力なバネに交換するといった改造する者もいました。
そのBOXYボールペンは現在も100円で販売されているロングラン製品です。

タイヤに小細工する強者も!

ボールペンの改造では弾く距離には限界があることがわかると、スーパーカー消しゴム自身を改造することになりました。
タイヤ部分の4点にオイルを塗ると確かに距離は伸びるのですが、机がベトベトになってしまうのでダメでした。
またタイヤ部分に瞬間接着剤を盛って、滑らせる強者も現れました。
画鋲を差す者、タイヤの接地面を削る者など、何でもありでした。

スーパーカー消しゴムの人気モデル7選

スーパーカー消しゴム

©️久太郎

スーパーカー消しゴムはかなりの種類がありました。
当時のスーパーカーブームでは結構マイナーだった車種も消しゴムとして存在していました。
その中でもどの車種が人気だったのでしょうか?

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】ランボルギーニ カウンタック

キング オブ スーパーカー!

スーパーカー消しゴム カウンタック

©️久太郎

まずは何といっても、キング オブ スーパーカーである「ランボルギーニ・カウンタック」です。
必ずひとり1個は持っていました。
色違いや大きさの異なるものなどをコレクションしている男子が多くいました。
当時は、ガルウィングと呼ばれた真上に開くドアがこの車の最大の特徴でした。

ランボルギーニ・カウンタックに関連するおすすめ記事はこちら

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】ランボルギーニ ミウラ

世界最初にスーパーカー!

スーパーカー消しゴム ランボルギーニ ミウラ

©️久太郎

スーパーカーの中でもミウラは特別な存在です。
初めてスーパーカーと呼ばれた車だからです。
なんで「三浦」なの?日本人の苗字なの?と思った人も少なからずいたことでしょう。
実は闘牛牧場の名前「ミウラ」から付けられたと言われています。
車高は1mぐらいしかなく、実車を見るとその低さに驚きます。

ランボルギーニ・ミウラに関連するおすすめ記事はこちら

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】フェラーリ 365GT4BB

カウンタックの永遠のライバル

スーパーカー消しゴム フェラーリ 365GT4BB

©️久太郎

そのランボルギーニのライバルと言えば、やはりフェラーリです。
その中でもカウンタックの直接的なライバルは、フェラーリ365GT4BBです。
フェラーリはランボルギーニと最高速度を争っていたライバルです。
カタログデータでは、フェラーリ365GT4BBは302km/h、ランボルギーニ・カウンタックは300km/hとたったの2km/hの差です。
正に永遠のライバルなのです!

新型フェラーリの詳しい解説についてはこちら

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】ロータス ヨーロッパ

サーキットの狼の主役

スーパーカー消しゴム ロータス ヨーロッパ

©️久太郎

ランボルギーニもフェラーリも人気でしたが肩を並べて人気が高かったのは「サーキットの狼」で主人公が乗っていた「ロータス・ヨーロッパ」でした。
漫画の中では小排気量で非力なヨーロッパが軽量であることを武器に、大排気量のランボルギーニやフェラーリをコーナーリングで抜くというシーンをスーパーカー消しゴムの遊びでも再現していたのです。

サーキットの狼に登場した車両についてはこちら

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】ポルシェ930ターボ

ロータス・ヨーロッパの宿敵!

ポルシェ930ターボ

©️久太郎

本来の名前はポルシェ911ターボなのですが、開発コードの930の方が有名になり930ターボと呼ばれるようになったようです。
「サーキットの狼」にてロータス・ヨーロッパの宿敵として描かれていたのが人気につながり、当時ターボの加速はどの車にも負けいない脅威だったのです。

ポルシェ新型911の最新情報についてはこちら

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】トヨタ 2000GT

日本が誇るスーパーカー!

【アマゾン価格】在庫切れ(2017年4月現在))
日本が世界に誇る和製スーパーカーです。
流れるような曲線のボディラインは女性を思わせる美しい造形です。
スーパーカーの証でもあるリトラクタブル・ヘッドライトも装備しています。
アマゾンで販売されているスーパーカー消しゴムです。

このスーパーカー消しゴムの現在の価格はこちらで紹介!

トヨタ 2000GTの詳しい解説についてはこちら

【スーパーカー消しゴムの人気モデル】日産 フェアレディZ

日産も負けてはいない!

【アマゾン価格】在庫切れ(2017年4月現在)

日産からはフェアレディZ 240ZGが代表です。
トヨタ2000GT同様、ロングノーズ、ショートデッキが当時のカッコイイ基準です。
スーパーカー消しゴムはやはりこの絶妙な形が好評でした。
特にフェアレディZの方は、車の造形に詳しい人でないと魅力が伝わりにくいかもしれません。

このスーパーカー消しゴムの現在の価格はこちらで紹介!

日産新型フェアレディZの最新情報についてはこちら

スーパーカー消しゴム人気モデルはまだまだある

スーパーカー消しゴム

©️久太郎

スーパーカー消しゴムにはまだまだ人気だったモデルがあります!
ランボルギーニ・イオタ、フェラーリ246GTディノ、フェラーリ308GTB、ランチャ ストラトス、デ・トマソ・パンテーラ、マセラティ ボーラといったヨーロッパ勢は「サーキットの狼」に登場するので人気があった車です。
スーパーカー消しゴムの中には、車名がよく分からないものも結構ありました。
車の底に刻印されている車名を見て、笑ってしまうものさえあり、クオリティは製造メーカーによって違いました。
みんなで「ドアの形が違う!」「もっとシャープじゃないの?」など話すのがスーパーカー消しゴムを楽しいとこでもありました。

スーパーカー消しゴムは復刻するのか?

スーパーカー

©️久太郎

1978年頃に沈静化したスーパーカーブームから39年経ちますが、スーパーカー消しゴムの復刻を望みたいところです。
しかし復刻となるとやはり現代のスーパーカー、ランボルギーニ アベンタドール、ラ・フェラーリ、マクラーレンP1、ブガッティ シロン、パガーニ ウアイラといった最新のスーパーカーのスーパーカー消しゴムが出るでしょう。
当時の70年代のスーパーカーをモデルにしたスーパーカー消しゴムを愛しているものとしては少しさびしい気持ちにもなります。
今の所、スーパーカー消しゴムが復刻され販売されているという情報は残念ながら聞きません。
また現在は、昔とは異なり権利使用料もきちんと管理されていますので、ビジネスとして成り立つかという課題もあります。
BOXYボールペンが現役で待っているというのに残念です。

スーパーカー消しゴムを買うなら車のイベントのお店をのぞいてみよう!

スーパーカー消しゴム 出店

©️久太郎

スーパーカー消しゴムは実はネットオークションだけでなく各地で開催される車のイベントで入手できます。
最新車を展示したものから、ノスタルジックな車を集めたもの、オーナー主体のものまで色々あります。
それらのイベントにて出店しているお店を覗いてみてください。
ミニカーや車雑誌を取り扱っているお店の中にひっそりとスーパーカー消しゴムを取り扱っているお店があったりします。
そんなに多くの種類はありませんが、店に入るとついつい購入してみたくなります。
近くで車のイベントがある際には是非探してみてはいかがですか?

新型スーパーカーに関連するおすすめ記事はこちら

スーパーカーに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...