初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【要注意?】サンデードライバーの特徴や癖から対処法まで|見分けることはできる?

サンデードライバーとは?

サンデードライバーとは

平日に仕事やプライベートで車を運転することはほとんどなく、休日のみ車の運転をする、休日にしか運転する機会がない、もしくは休日でもたまにしか運転しないドライバーのことを一般的に「サンデードライバー」と言います。
ちなみに、運転免許を取得後、車を全然運転することなく、運転の基本や標識を忘れてしまった人を「ペーパードライバー」と言います。

同じサンデードライバーでも、運転の経験値やスキルの差があります。
ここでは、休日に運転する人のことを総称してサンデードライバーとして表現していますが、運転の経験値やスキルがポイントとなる場合は都度説明します。

逆の視点からの記事はこちら

サンデードライバーの特徴

サンデードライバーの特徴

サンデードライバーの特徴とはなんでしょう?
休日だけ運転する人でも、いつも同じ道で同じ目的地に車を運転して出かける人と、初めての道を長距離ツーリングする人では、同じサンデードライバーでも違いがあります。
個人差もあると思いますが、まずはサンデードライバーとしてわかりやすい特徴についてお話しします。

全てが教科書通りなんだけど

サンデードライバーの運転は基本教科書通りです。
それはとてもいいことなのですが、柔軟性がないという点が最大の特徴と言えます。

交差点を通過する直前に、信号が黄色になった場合の行動がわかりやすいです。
前の車に続いて信号機のある交差点を直進する際に、信号が黄色になって、前の車が急ブレーキで止まり、あわや!というケースに遭遇したことがありませんか?
確かに信号を守るのは交通ルールにおいても重要なことなのですが、車の速度、後続車の有無、信号のタイミングなどを考えた場合、そのまま直進するという判断も重要です。
運転に慣れている人だと、正面にある守るべき信号だけでなく、交差する道路側の信号や歩行者用信号を瞬時に確認して、自分が守る信号機の色が変わるタイミングを予測するようになりますので、信号が急に変わったからといって急に止まるというような行動は減少していきます。

車両感覚がない

先頭で信号待ちの際、信号の停止線に対してかなり距離をとって停車していることが多いようです。
これはペーパードライバーにもよく見られます。
運転初心者は教習所に停車位置の見極め方を習ったばかりなので、正確な位置で停車します。
停止線は、道路の幅、形状そして交差する道路から曲がってくる車、特に大型車の内輪差などを考慮して決められています。
よって、停止線を越えて停止するよりは、その手前で止める方がいいのですが、停止線から車1台分ぐらい開けてしまう人がいます。
これでは後続車に「道路で何かあったのでは?」と、余計なことを考えさせてしまう可能性があります。

全てがマイペース

マイペースは、本来いい意味で使われることが多いと思いますが、車の運転では渋滞や事故の原因になる可能性が高いです。

制限速度を遵守することは正しいことです。
しかし、片側2車線ある道路の場合、右側をずっと制限速度以下で走っているケースは道路上で問題を引き起こしやすくなってしまいます。

車は左側通行が原則です。
複数の車線がある場合、右側は追い越し車線です。

制限速度いっぱいで走行しているので、右でも左でも構わないという理由であったり、この先の信号を右折したいので、右側を走っているというケースも考えられます。
しかし、信号がすぐであれば良いのですが、まだ信号が見えない場所にも関わらず、ずっと右側を走っている場合は理由になりません。
しびれを切らした後続車が左側から追い越しをかける事態を誘発する原因にもなり得ます。
渋滞を起こさないよう車の流れを妨げないという走行にも注意を配る必要があります。
高速道路では、左車線が空いているにも関わらず、右車線を走行し続けていると通行帯違反として罰則となります。
渋滞にならないようその流れに乗るという柔軟性が必要な場合もあります。

サンデードライバーの癖

サンデードライバーの癖

サンデードライバーだけではなく、ペーパードライバーにもありがちな癖として、バックミラーをあまり見ないという癖があります。
前を見て運転することに集中しすぎて、バックミラーを見る余裕が無いようです。
これは非常に危険な癖です。
同時にサイドミラー、特に右ハンドルの場合は左側のサイドミラーをを見ない(見ることができない)人も多いです。
後続車の動きを把握していないと、いざという時に正しい動作ができなくなってしまいます。
ミラー確認を怠っていると、後続車が右側レーンに入ったことに気づかずに、同じく右レーンに入ろうとして衝突する、といった事故の可能性が高くなってしまいます。

ブレーキのタイミングが早い!

運転し慣れていないので、ブレーキの感覚が体に染み付いていません。
そのため、どうしてもブレーキのタイミングが早くなりがちです。
後続車が運転に慣れていると、なぜここでブレーキを踏むんだろう?と考えさせてしまいます。

また、教習所ではカーブの手前ではブレーキを踏んで減速するようにと習います。
しかし、制限速度40km/hの道路で、30 km/hも出していないにも関わらず、教習所の言うとおりに道なりのゆるいカーブでもブレーキを踏まれると、後続車は焦ってしまいます。
ブレーキを踏んで減速しなくても曲がれるのにどうしてもブレーキを踏んでしまうという行動を、運転慣れしていない人はやりがちだと思います。

実は左折が苦手

左折は、車線の左側に寄ってから曲がるのが基本です。
しかし左折前に一旦右にハンドルを切ってから左折するドライバーがいます。
トラックやバスで見かけることがあるかもしれません。
道路幅に対して、内輪差が大きい車の場合、回転半径を大きく取るためにする運転方法です。
内輪差は前輪軸と後輪軸の幅が広いほど大きくなります。
乗用車にも内輪差はありますが、トラックやバスほど大きいものではありません。

特に左折しようとしている道路の停止線に車が一旦停車している時に、停止している車に当たらないよう、歩道や縁石に乗り上げないように一旦ハンドルを右に切るのでしょうが、車両感覚や内輪差がうまくつかめていないためにこのようなハンドルの切り方をしてしまうのかもしれません。

サンデードライバーの見分け方

サンデードライバーの見分け方

今までお話ししてきた特徴や癖から推測するしかありません。
それぞれ違った特徴はあれど、ペーパードライバーや運転初心者にも当てはあることがありますので、完全に見分けることは難しいです。

ペーパードライバーとの違い

ペーパードライバーとサンデードライバーの大きな違いは、前者はすべての動作がぎこちなく、後者は苦手の動作がぎこちないことでしょう。
また前者はどの道でも同じ状態ですが、後者は走り慣れている道はスムーズです。
しかし、道路を走りながらそのような細かい点を見極めることは難しいでしょう。
というよりも、両者を見極める必要はありません。
大事なのは運転に不慣れなドライバーを見つけた時にどのように対処するか?ということです。

ワンテンポ遅い動作

ウィンカーを出すタイミング、ハンドルを切るタイミング、ブレーキを踏むタイミング、ヘッドライトを点灯するタイミングなど、あらゆるタイミングが遅いと思った方が、道路上での対応も楽になります。
わざとワンテンポを遅らせているつもりはなく、ひとつひとつの動作を確実にこなすために、同時に操作することに慣れていないだけです。

公道上での対処の仕方

公道での対処の仕方

公道でサンデードライバーと思われる車を見つけても、慌てることはありません。
あなたが運転免許を取り立てだった時のことを思い出してください。
運転に不慣れな頃、自信がなかった頃は自身にもあったはずです。
気持ちに余裕を持って対応すれば大丈夫です。

前の車がサンデードライバーだと思ったら

急な動作に備えて対応として、十分な車間距離をとることをお勧めします。
バックミラー、サイドミラーをよく見ていない可能性があるからです。
適正な速度で走行しているのであれば、無理な追い越しをする必要もありませんが、追い越す必要がある場合は、前車のサイドミラーの死角を考えて注意しながら追い越しましょう。

右車線を左車線より遅い速度で走っていたら

ドライバーがサンデードライバーであるかどうか以上に、事故につながる可能性が高い運転ですので注意が必要です。
理由は前項でお話ししたように、サンデードライバーなど運転に慣れていない人はレーンチェンジが苦手なためです。

基本は左側通行なので、普通に左車線を走っていれば大丈夫です。
決して後ろから車間を詰めて煽ったり、左側から幅寄せしながら追い越しをするなど危険な真似はしないようにしましょう。

サンデードライバーにならないために!

サンデードライバーにならないために

運転する回数を増やし、経験を積むことが一番の近道です。
またいつもとは違う時間帯を選んで運転するのもいいでしょう。
条件の異なる状態で運転することで、上達速度が早くなります。

休日以外にも車を運転しよう

休日と平日では、車の交通量、走る速度、車種が異なります。
仕事で利用されている営業車、バン、トラックが混在し、他府県の車が多くなる地域もあります。
休日毎に運転しているドライバーでも、平日の運転には違和感を覚えるかもしれません。

また休日でも昼間にしか運転しない人は、夜間に運転してみると昼間とは異なる光景が見えるでしょう。
休日の同じ時間帯、同じ目的地だけではなく、積極的に運転することで、サンデードライバーを返上できるはずです。
またサンデードライバーやペーパードライバーと思われる車を見つけた際は、十分な車間距離を保ち、気持ちに余裕を持って対応してください。

ペーパードライバー向けの記事

交通事故についての記事

この記事の執筆者

久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至る。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 現在の愛車はちょっと古めのフェラーリです。 この車は、工業製品でありながら芸術品でもあり、次のオー...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す