初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタスープラ(JZA80型)は90年代の名車】カスタム例からスペックや維持費まで

トヨタスープラ(JZA80型)とは、1993年に発売され2002年に排ガス規制に適合できずに生産終了となったトヨタのスポーツカーです。2代目トヨタスープラは、映画や漫画に登場したり、レースで活躍した名車です。カスタムやスペック、維持費など分析していきます。

トヨタ スープラ(JZA80型)を解説!

トヨタ スープラ SZ A80 2002年

トヨタ スープラ(JZA80型)とは、1993年に発売され、2002年に販売が終了した、トヨタのフラッグシップ2ドアクーペ車です。1990年代に、第2世代GT-RやRX-7、NSXといったライバル達とレースなどで激しく争っていました。
映画や漫画に登場するほど、チューニングのベース車両としての人気もありましたが、排ガス規制により、2002年に生産終了となりました。トヨタのフラッグシップ車として、長い期間生産された2代目スープラについて解説します。

トヨタスープラの歴史

名車スープラとは?

トヨタ スープラは、セリカXXの後継車として開発されました。
ちなみに海外では、セリカXXもスープラと呼ばれていましたが、ここでは国内でスープラの名称が与えられたモデルについて書いていきます。

トヨタ スープラ 初代

トヨタ スープラ A70型

1986年に初代スープラが発売されました。
セリカXXから引き継いだ直列6気筒エンジンとソアラと共通のプラットフォーム(骨格部分のこと)により、FR車(フロントエンジン後輪駆動)として優れたパフォーマンスを発揮しました。
全日本ツーリングカー選手権に出場し、いきなりデビューウィンを飾るなどレースでも活躍しましたが、日産GT-Rの台頭により1990年に撤退しました。

2代目スープラ(JZA80型)とは?

2代目スープラは、R32GT-Rや、RX-7などのハイパワー車に対抗して開発されました。
直列6気筒3リッターエンジンは、ターボ車では当時の自主規制(馬力規制のこと)一杯の馬力である280psを発揮しました。
2代目の形式番号は、JZA80型で通称A80型スープラと呼ばれています。
発売当初からトヨタのフラッグシップ(旗艦)スポーツカーとして人気がありました。
GT-RやRX-7、NSXと国産のスポーツカーが氾濫していた90年代当時、名車と呼ばれるライバル達としのぎを削っていました。
ルマン24時間耐久レースへの参戦、SUPER GTのGT500クラスにて活躍するなど、モータースポーツの分野でも活躍しました。
2002年の排ガス規制に適合出来ずに、惜しまれつつも生産終了しました。

自動車の排ガス規制に関連するおすすめ記事はこちら

トヨタ スープラ(JZA80型)のスペックは?

スープラのスペック

トヨタ スープラ MK4

2代目スープラは、直列DOHC6気筒2JZ型エンジンを搭載していました。
2JZ-GTEターボエンジンでは馬力規制のため、280psに押さえられていましたが、チューンすれば簡単に400馬力以上の出力を得られました。
2JZ-GEエンジン(自然吸気エンジン)では、馬力は225ps、トルクは29.0kg/mでした。
燃費とフィーリングのいいNAエンジンを好むユーザーも多数いました。
ノーマルの状態でのパワーウェイトレシオ(重量÷馬力=加速性能)では5,32kg/pとなり、非常に優秀な加速性能を持っていました。

トヨタ スープラ グレードの違いについて

スープラ RZがターボ搭載モデルで、6MTと4ATの選べられる上位モデル。
スープラ SZがNA(自然吸気エンジン)モデルでした。
最上級グレードのGZは4ATのみでマニュアルはなし、本革シート、フロントリップスポイラー、エアロトップ(屋根の取り外し)などのラグジュアリー仕様です。
ちなみに、SZにもエアロトップ仕様があります。
1994年のマイナーチェンジでSZ-Rのミッションも5速から6速MTとなります。
1996年のマイナーチェンジで、エアロトップは廃止され、GZグレードは廃止されました。
代わりにABS(アンチロック式ブレーキ)や、エアバッグが全グレード標準装備になりました。
1997年からターボモデルがVVT-i(可変バルブタイミング)を搭載し、トルクが46.0kgf·mまで向上しました。
ステマチック(ハンドルのボタンでシフト)や、REAS(オイルの循環でダンパーを調整)などの装備も加えられました。
最終モデルの当時価格は、SZが295万円、RZが448万円です。

トヨタ スープラ 2JZ-GEエンジンモデルのスペック

エンジン種類2JZ-GE
排気量3.0L
最高出力165[225]/6,000
最大トルク284[29.0]/4,800
トランスミッション5MT/6MT/4AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ スープラ 2JZ-GTEエンジンモデルのスペック

エンジン種類2JZ-GTE
排気量3.0L
最高出力206[280]/5,600
最大トルク431[44.0]/3,600
451[46.0]/3,600(後期型)
トランスミッション6MT/4AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,5201,8101,275
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5501,5104
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm
車両重量:kg 乗車定員:人

スープラの走行性能のクチコミ

トヨタ スープラ 外装

出典:©Shutterstock.com/ Paul Stringer

スープラJZA80型のレビューが無かったため、4代目スープラのオーナーによる口コミ情報をまとめてみました。

NAですけれども十分ですね。吹け上がりもいいです。
【走行性能】
高速でのハンドリングは、素晴らしいですし、ブレーキもいいです。ミニバンなんて相手にならないですよ。

出典:http://review.kakaku.com/

現役でも非常に高い戦闘力のある車です。コーナーリングもよく、車重がありますが、車と対話できる感覚です。

出典:http://review.kakaku.com/

純正REASのサスは街乗り・ワインディング程度でなら十分すぎるほどのスペック。やわらかすぎず、硬すぎず。

出典:http://review.kakaku.com/

オーナーの大半が、走行性能に満足しているようですね。今の車にはない魅力に溢れている車です。
FRのハイパワー車ですので、操る楽しみがある車といえます。
サスペンションの出来が良く、コーナリングや高速性能は抜群のようです。

トヨタ スープラ(JZA80型)の実燃費

スープラJZA80型の実燃費についてのレビューが無かったため、4代目スープラの実燃費を口コミでまとめました。

ターボ車に比べれば良いのではないでしょうか?
平均8km/L前後でしたので、不満はないです。

出典:http://review.kakaku.com/

【燃費】ハッキリ言うと悪いです、ただこの車を選ぶ時点で燃費など考えてはいけませんw

出典:http://review.kakaku.com/

燃費は23区内を気を使って走って6前後。気にせずだと5前半。
自分以外で3人乗せて大阪まで高速110km/h巡航で行った時が8ちょっと。

出典:http://review.kakaku.com/

NAだとリッター7~8kmですが、ターボだと市街地ではリッター5kmほどになります。
あまり燃費で選ぶ車ではないようです。
オーナーの大半は、燃費を気にせず楽しく乗っているようです。
スポーツカーらしい燃費だといえます。

トヨタ スープラ(JZA80型)の維持費

ワイルドスピードの登場車種その7:トヨタ・スープラ A80

スープラの維持費は、自動車税から計算します。
登録から13年以上経過しているので、年間で56,100円です。
燃費はリッター6kmですので、年間5,000km走行したとして116,000円です。(ハイオクリッター140円で計算)
任意保険は1年あたり10万円として、自賠責は1年1万5,000円です。タイヤ代、車検代、オイル交換費など合わせると40万円ほどかかる計算になります。
走行距離や、任意保険などは個人差がありますので参考程度に考えてください。今から20年くらい前の車として考えると、維持費はある程度かかります。


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ スープラ(JZA80型)のカスタム事例

元の2JZエンジンがチューンベースとして優秀であることから、500馬力オーバーも狙える強度を持っています。
スカイラインGT-Rの名機RB26型エンジン同様、700馬力オーバーのチューンも可能なエンジンです。
映画「ワイルドスピード」でも登場し、北米での人気の高さも伺えます。チューンベース車としてブーストアップ(ターボの加給圧を上げること)や、タービン交換などにも容易に対応します。
もちろん、エアロパーツも豊富にあります。長期にわたって生産されたA80型スープラには、チューンナップのベース車両に適した車といえます。

ワイルドスピードに登場する車両に関連するおすすめ記事はこちら

トヨタ スープラ(JZA80型)はトヨタの名車

スープラはなぜ今でも人気があるのか?

映画だけではなく、漫画「湾岸ミッドナイト」でも2代目スープラは登場します。悪魔のZに挑むライバル相沢の愛車でした。
排ガス規制で生産終了してからもレースで走っていたり、その人気は続いていました。
1990年代の日本は、チューニングして峠やサーキットを走る車好きの黄金期だったのです。
その時期に登場した車は第2世代GT-Rや、RX-7(FD)や、NSXやランサーエボリューション、インプレッサといった名だたるライバル車がありました。

スープラと名車トヨタ2000GTの関係

トヨタ2000GTは、いわずと知れた名車です。
スープラも、初代スープラの発売当初3000GTというキャッチコピーを使用していました。
2000GTはヤマハ製のDOHC(ツインカム)エンジンを搭載していました。
スープラ(JZA80型)では、トヨタとヤマハが共同開発したサスペンションREASが装備されています。
ダンパーのオイルの循環を左右で調節するシステムです。そういうところも2000GTを連想させます。

トヨタ2000GTの詳しい解説についてはこちら

スープラは90年代の名車!

2代目スープラJZA80型はハイパワーのライバルひしめく90年代のトヨタのフラッグシップです。
9年間もの間、様々な改良を経て、一線級の性能を発揮していました。
FRのハイパワー2ドアクーペとして、映像作品にも登場しました。
パーツの豊富さで、今でもチューンベース車として愛好されています。
これからもチューンされた80スープラ(通称)が活躍するでしょう。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

トヨタの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

スポーツカーに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

タケロクこの執筆者の詳細プロフィール

ロックギタリストでありながら、車、バイク好きの関西人です。マニュアルのダイハツ テリオスキッドが現在の愛車で、バイクはNC750Sに乗っています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す