初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【青森県の道の駅おすすめランキングTOP10】本州最北端の絶景から温泉情報も

青森県といえばリンゴやニンニクが名産品として有名です。他にも青森県近海の日本海、津軽海峡、太平洋で獲れる魚介類も美味しいと評判です。さらに有名な温泉地も多くあり観光地として訪れる人も少なくありません。今回はそんな青森県にある、特産品を購入ができ、美味しいグルメを食べることもできるおすすめの道の駅ランキングTOP10をご紹介します。

青森県の道の駅の特徴は

青森県 八戸港 鯖の水揚げ 道の駅
青森県 足湯 道の駅

青森県は全国有数の農業産出県であり、食料自給率はカロリーベースで118%と高いです。
主要な農産物はリンゴ、ナガイモ、ニンニク。漁業においても全国有数の水揚高を誇る八戸港があり、ウニ、いくらといった高級海産物は北海道と同じくらいに安くて美味しいです。

道の駅も直売所で新鮮な農産物・海産物が購入できるところが多くあり、全国的に有名な温泉もいくつかあります。
今回は青森県の魅力ある道の駅のほかに、その近くにある名湯の紹介もしていきます。

青森県のドライブスポットについてはこちら

第10位: 道の駅みんまや【青森県の道の駅おすすめ人気ランキング】

概要・特色

道の駅みんまやは、青森県東津軽郡外ヶ浜町にある国道339号の道の駅です。愛称は「龍飛岬(たっぴみさき)」。津軽半島の最先端に設置して本州最先端にある道の駅です。一帯は津軽国定公園に指定されており、豊富な自然に恵まれ、風光明媚な風景は他の観光地の追随を許さない絶景です。

グルメについては紫陽花「あじさい」というレストランがあり、地域の食材を活かしたメニューが人気です。

冬期は道の駅が閉鎖されており、現在平成28年11月9日(水)から平成29年4月下旬まで閉鎖されています。

行っておきたい施設

●青函トンネル記念館
青函トンネル工事の過程の説明を中心に構成されており、地下の交流体験坑道まで800mのケーブルカーが運行するなど、観光や学習の場となります。
記念館入館料:400円(子供200円)
体験坑道乗車券:1,000円(子供500円)
セット券(記念館入館料+体験坑道乗車券):1300円(子供650円)

基本情報

【基本情報】道の駅みんまや
営業時間8:40~17:00(最終入館16:30)
※駐車場・トイレは24時間利用可能
休館日冬期閉鎖期間以外は無休
電話番号0174-38-2301
住所〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜99
駐車場普通車178台、大型車10台、障害者用2台
充電スタンドなし
割引JAF会員割引あり
トイレ男女合計36基、身体障害者用2基
施設案内公衆電話、FAX、特産物販売所等、レストラン、無料休憩所、情報コーナー、体験施設、博物館・美術館、Wi-Fi

「道の駅みんまや」のサイトはこちら

第9位:道の駅 浅虫温泉【青森県の道の駅おすすめ人気ランキング】



概要・特色

道の駅 浅虫温泉(あさむしおんせん)は、青森県青森市にある国道4号の道の駅です。
愛称は「ゆ〜さ浅虫」であり浅虫温泉の近辺にあります。
施設内の6階にある最上階の展望台からは陸奥湾が一望でき、併設されている展望温泉では景色を見ながらゆったりと温泉につかることができます。

行っておきたい施設

●展望浴場「はだか湯」
展望浴場「はだか湯」からは、陸奥湾や湯の島を眺めながら温泉を楽しむことができます。

【基本情報】展望浴場「はだか湯」
利用時間7:00~21:00(受け付けは20:30まで)
料金大人350円、小学生150円、幼児(2~6歳)60円

おすすめのグルメ


●りんごとバニラのミックスソフト 330円
バニラとりんごのシャーベットが2層になっており、シャーベットはりんごの風味がさわやかとバニラの甘みの相性は抜群です。

基本情報

【基本情報】道の駅浅虫温泉
営業時間9:00~19:00、9:00~21:00(7・8月)、9:00~18:00(12月~3月)
※駐車場・トイレは24時間利用可能
休館日年中無休
レストラン:毎月第2木曜日
電話番号017-737-5151(FAX 017-737-5153)
住所〒039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷341-19
駐車場普通車156台、大型車13台、障害者用5台
充電スタンドなし
割引JAF会員割引あり
トイレ男(大)8基・(小)13基、女20基、身体障害者用5基(オスメイト対応)
【24時間可能トイレ:男(大)3基・(小)7基、女10基、身体障害者用2基】
施設案内公衆電話、FAX、特産物販売所等、レストラン、無料休憩所、情報コーナー、公園・子供広場、温泉、博物館・美術館、郵便ポスト

近隣の温泉情報

●国民保養温泉地 酸ヶ湯温泉旅館(すかたおんせんりょかん) (道の駅 浅虫温泉から39.7km、車で57分)
青森県民なら誰もが知っている温泉であり、ヒバ千人風呂という歴史ある混浴の温泉です。
酸ヶ湯に入りたいけど混浴に抵抗があるという女性には、混浴に入るための必須アイテムがあります。それは、「湯浴み(ゆあみ)着」であり、着用して温泉を楽しむことができます。

【基本情報】国民保養温泉地 酸ヶ湯温泉旅館
住所〒030-0111 青森県青森市荒川南荒川山国有林湯沢50
電話番号017-738-6400
利用時間ヒバ千人風呂 7:00~21:00(8:00~9:00は女性専用)
玉の湯 9:00~17:00
料金大人1,000円、小人500円
ヒバ千人風呂と玉の湯2か所利用(貸しタオル付き)

「道の駅浅虫温泉」のサイトはこちら

第8位:道の駅 ろくのへ【青森県の道の駅おすすめ人気ランキング】



概要・特色

道の駅ろくのへは、青森県上北郡六戸町にある国道45号の道の駅です。
愛称は「メイプルふれあいセンター」。
敷地内にあるメイプルふれあいセンターでは六戸町特産の農畜産物を直売しているほか、特産品を使って新しい商品を研究・開発しており、六戸町の観光中核施設になっています。
また、屋外には重要文化財に指定された旧苫米地家住宅が復元されています。

おすすめのグルメ

yamasanさん(@5rap)がシェアした投稿 -


●ラーメン(シャモロック肉入り)650円
シャモロックのチャーシューが、豚肉のチャーシューと違った味わいで美味しいという口コミが多数あります。

基本情報

【基本情報】道の駅ろくのへ
営業時間9:00~18:00
※駐車場・トイレは24時間利用可能
休館日12月31日~1月3日
電話番号0176-55-4134 (FAX 0176-55-4134)
住所〒039-2371 青森県上北郡 六戸町犬落瀬後田87
駐車場普通車22台、大型車6台、障害者用1台
充電スタンドなし
割引なし
トイレ男(大)2基・(小)4基、女5基、身体障害者用1基
施設案内公衆電話、FAX、特産物販売所等、レストラン、無料休憩所、情報コーナー、Wi-Fi

近隣の温泉情報

●星野リゾート青森屋
星野リゾート青森屋では、日帰り温泉が可能です。洗練された和風なデザインの内装と美しい青森の自然を堪能することができる、贅沢な温泉を体験することができます。
青森県内でも人気ランキングで首位になるほどの人気です

【基本情報】星野リゾート青森屋 日帰り温泉
住所〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56
電話番号0570-073-022
休館日-
大浴場(浮湯・ひば湯)利用時間8:00~23:00(最終受付22:00)
料金大人(中学生以上) 1,500円
子供750円
幼児(3才以下) 無料
貸出フェイスタオル・バスタオル付
備考毎週月曜日は定期清掃ため12:00~13:00休業
入浴制限日 4月28日(金)~5月5日(金)
※ゴールデンウィーク期間 8月2日(水)~8月15日(火)
※ねぶた・お盆期間 12月29日(金)~1月3日(水) 
※年末年始期間【入浴可能時間】8:00~15:00(最終入場⇒14時)
※上記期間以外にも、日にちにより営業時間が変更になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。(0176-51-1116)
元湯利用時間5:00~23:00(最終受付22:00)
料金大人(中学生以上) 400円
子供(小学生) 150円
幼児(4歳以上) 60円
幼児(3才以下) 無料

「道の駅ろくのへ」のサイトはこちら

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す