初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ワイルド・スピード ICE BREAK 映画公開】劇中車は何?メイキング映像も紹介

ワイスピ最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK」が4月28日から公開されました!劇中に登場する車を紹介!ロング版予告ムービーもご紹介します。シリーズ8作品目となるワイルドスピード アイスブレイクには、日本車をはじめ、超高級車や有名クラシックカーが数多く登場します。

ワイルド・スピード アイスブレイク 2017年4月28日公開!

シリーズ第8作目


毎回ド派手な演出とカーチェイスに往年の名車から最新のスーパーカーまで惜しみなくぶっ壊すこれぞアメリカ映画の決定版ワイルド・スピードの最新作「ワイルド・スピード アイスブレイク」が4月28日から公開となりました。
TV CMやYouTubeでの予告映像で既にご存知の方も多いでしょう。

クラシックカーの聖地 キューバでの撮影

劇中のワンシーンでキューバのドラッグレースのシーンがあります。キューバと言えば昨年アメリカ合衆国と国交を回復したばかり。それまでは経済制裁でアメリカを始めEU、日本などの国々から輸出入禁止措置を取られていて、新車はおろか、自動車の部品はろくに手に入らなかった国でした。
筆者は、国境を超えてキューバへ行けるようになってから一度だけ訪れた事があったのですが、そこはもう60年代のアメリカ車が現役で走っている自動車博物館のような国でした。確かに未舗装の道路や、幹線道路も整備が行き届いておらず、空港からホテルまで20分の道をトラブルで4時間かかった思い出がある場所です。
キューバの人たちは陽気で、いかにも南国の国らしく時間にルーズでしたけど、いい思い出です。

破壊される日本車

劇中の一部分ですが、今回も日本車は多く劇中車として使われています。高確率で潰されてしまいますが、よーく見てると日本未発売モデルの北米仕様車が劇中に使われてておもしろいですよ!
派手でカッコいいスポーツカーも良いのですが、隠れキャラ的な各国の車を探すのも、ワイルド・スピードを見る楽しみの一つですね。

登場車種① 警察車両はフォルクスワーゲン

まず最初にこちら、アメリカの警察車両です。暗くてよく見えませんが、フォルクスワーゲン ゴルフでしょうか。筆者は以前アメリカのヴァージニア州に住んでいたのですが、警察車両はビュイックだったような記憶があります。閑静な住宅街で、比較的治安も良かったため、さほどサイレンは鳴り響いていなかったのですが、NYのハーレムは5分に一度サイレンが鳴ってました。

登場車種② ランボルギーニ ムルシエラゴ

まず紹介するのはランボルギーニ ムルシエラゴです。ムルシエラゴはアヴェンタドールの先代にあたり、ランボルギーニフラッグシップモデルでした。
スーパーカーのカーアクションシーンがこの映画の見どころの一つです。CGを使わない撮影で、ランボルギーニ以外にもフェラーリやベントレーなどの超高級車を氷上で走らせてしまっています。
今回の舞台の一つはアイスランド。撮影もアイスランド現地で行ったようで、氷上を疾走するスーパーカーは必見です!

登場車種③ ダッジ チャレンジャー

チャレンジャーは、ダッジが1970年より販売しているマッスルカーです。画像のチャレンジャーは3代目にあたり、現在も販売されているモデルです。
前作「ワイルドス・ピード SKY MISSION」では、主人公ドミニクのパートナー、レティが操縦していました。
最新作 ワイルド・スピード アイスブレイクでも、このようなアメリカンマッスルカーが多数登場します。

登場車種④ メルセデスベンツ AMG GT

ワイルドスピード アイスブレイクの公式予告映像で、メルセデス ベンツ AMG GTの姿がはっきりと確認できます。
AMG GTはメルセデス・ベンツの最高級スポーツカーです。ロングノーズ・ショートデッキという古典的なスポーツカースタイルをしたAMG GTは、一体誰が運転するのかは映画を見てのお楽しみに!
2017年3月に開催されたジュネーブ・モーターショーでは、AMG GTの4ドアモデルが世界初公開され話題を呼びました。

登場車種⑤ シボレー コルベット スティングレー

名車と言われるクラシックカーも、ワイルドスピード アイスブレイクには登場します。
最新作に登場するシボレー コルベット スティングレーは1960年代に販売された2代目コルベットで、主人公のパートナー、レティ・オルティスが登場する予定です。
コルベットは歴代モデル全てに一貫して駆動方式FR、OHVエンジンを採用する生粋のアメリカンマッスルカーです。

登場車種⑥ ベントレー コンチネンタルGT

ベントレーはイギリスの超高級車メーカーです。登場するコンチネンタルGTは、6.0L W12または4.0L V8エンジンが発生する強靭なパワーと、豪華な内装が特徴です。
最新作では俳優タイリース・ギブソンが演じるローマン・ピアースの愛車として登場します。ホワイト&レッドのド派手なボディカラーが、まさにローマンの役柄を表しています。
タイリース・ギブソンはプライベートでもベントレー・コンチネンタルGTを所有しており、そのような背景も調べてみると面白いかもしれませんね。

登場車種⑦ プリムス GTX

ヴィン・ディーゼルが演じる主人公ドミニク・トレットが乗り込むのは、プリムスGTXです。
プリムスはアメリカの自動車メーカー「クライスラー」のブランドです。GTXは1967年から1974年まで、2世代にわたって発売されたスポーツカーです。最新作 ワイルド・スピード ICE BREAKに登場するのは2代目GTXとなります。
ドミニクは7作目「ワイルド・スピード SKY MISSION」で同ブランドのクーダとロードランナーを操縦しており、プリムスのスポーツカーによく搭乗しています。

登場車種⑧ シボレー インパラ 1961年型

シボレー インパラ 1961年型はドム(ドミニク・トレット)が乗っています。
「アメリカン・ドリーム」を象徴の1つとなっていた当時のアメ車のデザインは今でも色褪せることがありません。
映画ではこの車の登場とその後どうなるか、ドムの人間味溢れるストーリーに注目してご覧になってみてください。

ワイルド・スピード ICE BREAK 予告動画とメイキング映像

ワイルド・スピード ICE BREAK ロング版本予告

ワイスピ最新作のメイキング映像も公開

ワイルド・スピードのYoutube公式チャンネルが、すでにいくつかのメイキング映像を公開しています。
アクションシーンの撮影方法や俳優陣のオフショットなど、映画館へ行く前に見ればより一層映画を楽しめる動画となっています。

登場車種のカスタムパーツにも注目!

こちらのショットにはある有名メーカーの部品が使われています。おわかりでしょうか?
主人公ドミニクが乗るダッジも恋人役レティの乗る車も、レカロシートが装備されていますね。
こんな所で有名なアフターパーツが使われていたり、がっつりカスタムされた車が登場するなど、物語のスピード感以外に着目すると本当に面白い車やモノが本編には隠れています。

これがワイルド・スピードが日本で受け入れられている理由のひとつ。他にはド派手な爆発シーンとカーチェイス、コレばっかりは日本中どこを探しても不可能なシーンで、せいぜい京滋バイパスを深夜に通行止めにするくらいが関の山、レインボーブリッジは封鎖できません!

新作ワイスピ劇中車が来日していました!

3月下旬に都内でお披露目イベントを開催

今回の公開に合わせて世界中のワイスピ”ファミリー”が夢に見たお祭り企画である、劇中車が日本にきていました。九州から北海道まで、日本全国を縦断、ワイルド・スピードファンならず、多くの人の注目を集めていたようです。
今回日本にやってくるのは第一作から主人公ドミニクが乗り続けている主役車の「ダッジ・チャージャー」で、派手な宣伝用の10tトラックに積載し全国30か所以上を周り宣伝されていました。

「ワイルド・スピード ICE BREAK」で壊れる車の数は過去最高?


ワイスピ最新作では日本車だけでなく世界中の高級スポーツカーやクラシックカーが幅広く登場し、今回ご紹介した車種以外にも、多くの名車が登場します。
また、映画の中で破壊される車の数はワイルドスピード・シリーズ中過去最高だという話しも出ています。

ワイスピ第8作「ワイルド・スピード ICE BREAK」は2017年4月28日から全国公開されます。
今までに一度もワイルドスピードを見たことがない人でも十分に楽しめるストーリーでファンでなくても必見の映画です。
最新作を見た後に、旧作を順番に見ていくのはいかがでしょうか。
1作目から見てもよしですが、ワイルドスピード・シリーズはシリーズの順番とストーリーの時系列は一致していないので、ストーリーの古い順番から見てみるのもおすすめです。

では、まずはGW中にぜひ「ワイルドスピード ICE BREAK」を楽しんでください!

ワイルドスピードに関する記事!

ワイスピ好きにおすすめのドラマ・映画・アニメに関する記事!

名車・スポーツカーに関する記事

この記事の執筆者

haroこの執筆者の詳細プロフィール

某大手自動車部品メーカーの元エンジニアです。みなさんが楽しんでいただけるような記事を書いていきます。よろしくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す