初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【大型トラックの運転手は給料が高すぎる?】意外に快適な職場環境について!

大型トラックの運転手を目指そうとしている方は多いです。免許取得の費用や期間はどれくらい必要なのか?また、実際の運転手の求人や給料はどのようなものか?一般的に給与は高いと聞くが、労働環境はきつくないか?などについてご紹介します。

大型トラックの運転手の資格を取得するには?

教習所

大型二種免許を取得するには、次の一定の要件を全て満たさなければなりません。

1.21歳以上であること。
2.普通自動車免許を取得してから、3年以上の方(ただし、免停期間は除く)。
3.視力 両眼で0.8以上。深視力2mの距離で、平均誤差2cm以内(眼鏡・コンタクトは使用可能)
4.10mの距離で90デシベルの警報音が聞こえること。
5.色別 赤、青、黄の色別が、はっきりできる方。

となっています。
要するに、視力、聴力に問題がなく信号の色がちゃんと分かる方で免停がなければ、免許を取得してから3年以上の21歳以上のすべての方が対象になります。

大型トラックの運転手になるための教習所費用はどれくらい?

教習所

大型免許の取得費用と期間はどれくらい?

大型免許の取得費用と期間は、現在所持している免許の種類によって異なります。

中型免許(MT車) 約10日 25万円程度
普通免許(MT車) 約13日 35万円程度
中型免許      約 7日 23万円程度

その他に必要なもの

その他に必要なものは、次のようなものがあります。
1.仮免許申請交付手数料 2,800円
2.規定時間を超えて、技能教習や検定補習を受ける場合 約9,500円

また、入校手続きする際に用意しなくてはならないのが印鑑や眼鏡(必要な人のみ)です。
ただでさえ、費用が諸々含めると30万円近くかかってしまうのに、規定時間を超えたら毎回1万円弱の出費が増えます。
そういった負担を増やさぬよう、教習所で渡される教本の予習、復習をしながらイメージトレーニング、そして教官の言うことをよく聞くようにしましょう。

大型免許についてさらにくわしく

大型トラックの運転手の給料は?求人募集をチェック!

給料 財布 価格 お金 費用 税金

大型トラックの運転手の給料は?

地域により格差はありますが、大型トラック運転手の1か月の給料が30万円を下回ることはまずありません。

約35万円~50万円ぐらいのようです。
給料に幅があるのは、大型免許を取得したばかりで経験が浅かったり、年齢が若い、決められたルート配送などは比較的35万円に近い線になります。

基本的に配送する距離が延びる程、給料が上がるシステムの会社がほとんどです。
なので、免許とりたての頃は、短距離で固定客を配達することから始め、慣れれば長距離を任せてもらうという昇給システムになっているところが多いです。

大型トラックの運転手の給料を探す

以下は全国版の求人情報サイトです。
「求人検索スタート」と書かれたところにある日本地図の中から、働きたい都道府県をクリックします。
「簡単検索」で「物流・運輸・設備」を選択し、「この条件で検索」をクリックします。
「キーワードで検索する」のボックス内に「トラック」と書き込み、「検索」ボタンをクリックすると検索結果が表示されます。

大型トラック運転手の待遇は?

1.大型免許の取得をバックアップしてくれる会社もあります。
個人で負担するには高額ですが、会社が費用を面倒みてくれるところもあります。
ただ、より費用が安く日数が少なくて済む「合宿免許」が主流のようです。
会社としては、1日も早く現場で活躍してもらいたいからです。

2.賞与が出る会社もある。
物流企業は中型免許だと、月の給料は高くても賞与が寸志程度であることが多いのですが、大型トラック運転手だと賞与が出る会社もあります。
年収ベースで考えると大きい額になります。

大型トラック運転手の仕事は大変?意外に快適な職場環境について

トラック 大型

トラック運転手の仕事は基本的に荷物を積み、目的地まで無事に運んで降ろすことで、他は基本的に自由です。
もちろん、荷主、荷受けとの最低限の挨拶や会話は必要ですが、トラックの中では基本的に一人なので、人間関係の煩わさしさはないです。

長距離だと当然1人の時間が長いので、その分ストレスのかかる時間は減ります。
ただし、距離が長いと時間が読めないため、睡眠時間を確保するのに自腹で高速を運転する人もいるようです。
そういったきついイメージがある一方で、意外と快適な職場環境である面もあります。

1.車両の大きさは「バックアイカメラ」がカバー
最近の傾向として荷主からの信頼を得るのにバックアイカメラは必需品と言えます。

私自身、物流企業でトラックの誘導を10年間行ってきましたが、バックアイカメラを装備していなかったり、故障した状態で荷主の所へ行っても荷受けを断られることもあると聞いたことがあります。

2.長距離運転の負担を軽減する「エアサス搭載車」
最近はエアサスの車両が増えてきましたが、これは荷物だけでなく、運転手への振動も軽減するもので、意外と運転は快適です。

3.エンジンを切ったままでエアコン稼働が可能
以前は荷受け付近でのアイドリングで近隣住民からクレームが出るのを恐れ、暑くてもエンジンを切らないといけなかったのですが、最近はエンジンを切ってもエアコンは稼働できるものが主流です。

大型トラックの運転手は人手不足で需要大

大型 トラック

【大型トラックの運転手は給料が高すぎる?】意外に快適な職場環境について!の記事はいかがでしたか?

最近は若者の車離れもあり、各物流企業は大型トラックを運転できる人材確保に頭を痛めています。
そのため、免許取得などのバックアップをしている会社は多くあります。
もちろん、毎月40万円近い収入を期待できる分、睡眠時間の確保との戦いですが、とてもやりがいのある仕事です。

今回の記事を参考にしていただき、大型トラック運転手への道が開けることを願ってます。

トラックに関連する記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す