イニシャルDに出てくる車って何?漫画「頭文字D」に登場する車まとめ

漫画に登場する車は時に印象的に感じ、車好きにはとても興味をそそられる存在ですよね? そこで今回は走り屋漫画の金字塔「頭文字(イニシャル)D」の第一部に登場する主な車を紹介していきます。

頭文字Dとは?

出典:http://www.amazon.co.jp/

頭文字Dはしげの秀一による日本の漫画作品で、それを原作にしたテレビアニメや実写映画化もされました。
通称「イニD」の愛称で親しまれています。

おおまかなストーリーは、峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする走り屋の若者たちを描いた作品です。

漫画は週刊ヤングマガジンにて、1995年30号から2013年35号まで連載され、単行本は全48巻が刊行されました。

トヨタ AE86型「スプリンタートレノ」

出典:http://fun2drive.co.jp/

出典:http://prcm.jp/

主人公である藤原拓海搭乗車種。
1983年にトヨタ自動車が発売した小型の乗用車「スプリンター」のスポーツモデルです。
この型式番号の「AE86」からスプリンタートレノは、俗に「ハチロク」という愛称で親しまれています。

自然吸気の1.6Lエンジンと後輪駆動の組み合わせ、旧態的なサスペンションは、当時のレベルからしても単純な構造であり、他の国産スポーツカーと比較して見劣りしていました。
しかし、構造が単純だったが故に改造が容易であったこと、当時新規開発された4A-GEU型エンジンを搭載したことが、チューニング志向の強い層の支持を得ました。

頭文字Dで取り上げられたことにより、カルト的な人気を博し、現在でもプレミアム価格で取引されています。

日産 S13型「シルビア」

出典:https://ja.wikipedia.org/

出典:http://dengekionline.com/

主人公の先輩である池谷浩一郎搭乗車種。
1988年5月に発売し、歴代シルビアの中で最も販売台数が多く、若者を中心に爆発的に売れました。

当時すでに少なくなっていたミドルクラスの後輪駆動車で、スポーツ走行にも適した設計であったことにより、スポーツ走行用の様々な改造パーツが開発され、サーキットや峠などで走るための走り屋御用達マシンとなっています。

マツダ FC3S型「RX-7」

出典:http://fun2drive.co.jp/

出典:http://dengekionline.com/

主人公のライバル高橋涼介搭乗車種。
マツダが開発したスポーツカー「RX-7」の1985年に発売された2代目です。

インタークーラー付きターボが搭載され、最高速度はメーカーテストで238.5km/hを記録。
ポルシェ944との類似性が自動車雑誌などで話題となり、初代に引き続き「プアマンズ・ポルシェ」の呼称が使わたが、その性能はスポーツカーとして十分な性能を発揮しています。

マツダ FD3S型「RX-7」

出典:http://fun2drive.co.jp/

出典:http://dengekionline.com/

主人公のライバルであり前述の高橋涼介の弟、高橋啓介搭乗車種。
1991年12月、2度目のフルモデルチェンジによりFD3S型RX-7が発売されました。
車体の軽量化やエンジンの高出力化を図るなど、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに掲げる車両として開発が続けられましたが、日本国内市場および北米市場におけるスポーツカー需要の低下や、ターボ過給機付ロータリーエンジンの環境対策の行き詰まりなどの理由により、2002年8月に生産終了となってしまいました。

日産 R32型「スカイラインGT-R」

出典:http://gio.www.goo-net.com/

出典:http://dengekionline.com/

主人公のライバル中里毅搭乗車種。
1989年に登場した通常のスカイラインとは別の高性能スポーツカーです。
デビュー後のカーレース会では破竹の快進撃を続け、累計4万3661台という「GT-R」史上最高の販売台数を記録しました。
現在のモータースポーツ会でも第一線で活躍しており、多くの車好きから支持を得ています。

ホンダ EG6型「シビック」

出典:http://blog.livedoor.jp/

出典:http://genten.seesaa.net/

主人公のライバル庄司慎吾搭乗車種。
通称「スポーツシビック」と呼ばれた5代目シビックです。
荒れた路面での乗り心地やうねりのある路面での追従性が大幅に向上しており、これまでのシビックの中で最も優れた乗り味とハンドリングを実現し、盛んにスポーティイメージを強調し、人気を得ました。

日産 「シルエイティ」

出典:http://sugamojef.xsrv.jp/

出典:https://twitter.com/

主人公のライバル佐藤真子と沙雪搭乗車種。
日産「180(ワンエイティ)SX」の車体にS13型シルビアの前部を接合した車両です。
両車は姉妹車の関係にあるためパーツの互換性が高く、流用が比較的容易に行え、この特徴をうまく利用したのがシルエイティと言われる車両です。

その始まりは、あるチューニングカー愛好者が180SXの前部を破損した際に、「リトラクタブルヘッドライトは修理するのに部品代が高くつくため、台数が多く部品代の安い姉妹車のシルビアの前部を使ったらどうだろうか」という発想をしたことが原点とも言われています。

出典:http://gio.www.goo-net.com/

出典:http://gio.www.goo-net.com/

ことらが元になっているS13型シルビアと180SXです。

どれも魅力的な車です!

いかがでしたか?

今回は第一部に登場する車だけを紹介したので、これはほんの一部です。
これ以降にもたくさんの魅力的な車が搭乗するので、漫画だけではなくアニメや映画を見て楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す