初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェ新型911の発売日は2019年か!フルモデルチェンジで価格と性能は?

ポルシェを代表するスポーツカー「911」が、2018年に新型へのフルモデルチェンジを計画しているようです。新開発のプラットフォームを採用し、PHVモデルの追加もあると噂される新型911。本記事では、新型ポルシェ911の最新画像や最新情報について紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

ポルシェ911が2018年に新型へフルモデルチェンジか?

新型ポルシェ911のスパイショット

ドイツの自動車メーカー・ポルシェが誇るフラッグシップスポーツ「911」が、2019年モデルへのフルモデルチェンジを計画しているようです。
既に新型911のテストモデルとされる車両のスパイショットも捉えられており、全体のシルエットがしっかりと確認できます。

本記事では、新型911の最新情報をまとめています。
是非ご覧ください。

【最新情報】新型ポルシェ911ターボがスクープ

ポルシェ 911 ターボ 外装 スクープ
ポルシェ 911 ターボ 外装 スクープ
ポルシェ 911 ターボ 外装 スクープ

テスト走行中の新型ポルシェ911ターボのプロトタイプがスクープされました。
外装については、991世代のミュールボディのため、最新デザインの詳細なデザインは未だにわかりませんが、フェンダーがワイドフェンダーになっていることから、トレッドの拡大が予想されています。
ライバル車のマクラーレン720Sを考慮し、パワートレインには最高出力を610psほどの向上が
目指されるのではないでしょうか。
※ミュールボディとは開発中の最新パワートレインを載せた現行または過去のボディのことを指します。

ポルシェ911とは?

901型 初代ポルシェ911

ポルシェ 911 901型 外装

ポルシェを代表するスポーツカー

ポルシェ911は、ドイツの自動車メーカー・ポルシェ(Porsche A.G.)が1964年から製造・販売しているスポーツカーです。
長年にわたってポルシェのフラッグシップモデルを務めている911は、優美なデザインと優れた走行性能、そして1,000万円以上するという価格帯によって、世界中の車好きから憧れのスポーツカーとして認識されています。

伝統のRR方式

911は伝統的にRR(リアエンジン・リアドライブ)方式の後輪駆動を採用しています。
RR方式は発進時の駆動力に優れ、ブレーキ性能が安定するというメリットがありますが、その一方で高速走行時の安定性に欠けるというデメリットもあります。
RR方式で安定性を確保するには、高いボディ剛性と工作精度の確保が必要になるため、現在ではポルシェなど一部のメーカーを除いて、RR方式はほとんど採用されていないのです。
そのため、初代モデルから一貫してRR方式を採用し続けている911は、ポルシェの高い技術レベルを体現したモデルだと言えるでしょう。

RR駆動の詳しい解説はこちら

現行型ポルシェ911 カレラS

ポルシェ 911 カレラS 2016年

現行型の911は2011年に発売された991型で、初代から数えると7代目のモデルとなります。
現行型911における最大の特徴は、車体の大部分にアルミニウムを使用することで、先代モデルからの大幅な軽量化を図ったという点です。

現行型911は、軽量のボディにポルシェ伝統の水平対向6気筒エンジンを搭載し、排気量は3.0Lと3.8Lの2種類、最高出力はモデルによって違い、最大で580PS/6,400rpm(911ターボS)を発揮することができます。
駆動方式はRRと4WDで、トランスミッションは7速MTと7速PDK(ポルシェ独自のデュアルクラッチ式AT)の設定です。
また、0-100km/h加速は3.0秒で、最高速度は330km/hという圧倒的なスピードを誇ります。

▲現行型911の新車価格:12,440,000~28,650,000円(税込)

ポルシェ911の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ポルシェ911についてのより詳しい記事はこちら!

新型ポルシェ911の最新画像!

画像は、新型911とされる車両を捉えたスパイショットです。
細部にはカモフラージュが施されていますが、全体的なシルエットは確認することができ、現行型よりも全幅が広くなっていることが分かります。
また、リアには特徴的な一直線のLEDランプも確認できます。
これと似たランプは、ポルシェが開発中の電気自動車「ミッションE」にも装備されているので、ポルシェにおける今後のスタンダードなスタイルとなるのかもしれません。

ポルシェ・ミッションEに関連する記事はこちら

新型ポルシェ911の走行動画!

新型ポルシェ911のテスト走行がヨーロッパでスクープされました。

特徴的なテールランプのデザインなども確認することができます。

このモデルが開発最終段階であることは間違いないでしょう。

新型ポルシェ911はターボエンジン搭載!RR方式にも変化?

ポルシェ 911S 水平対向6気筒

上の写真は現行モデルのエンジンです。

新プラットフォームの採用でRR方式がより柔軟に!

新型911には、新開発の「モジュラー・スポーツカー・プラットフォーム」が採用されます。
新型911が採用第1号車となるこのプラットフォームは、エンジンの搭載位置などを柔軟に設定できるという特徴があり、911伝統のRR方式にも対応することができます。
新型911は当然RR方式が基本になると思われますが、今回の新プラットフォームを採用することで、よりRR方式に適した位置にエンジンを搭載できるようになるかもしれません。

水平対向6気筒のターボエンジンを搭載!

新型911のパワートレインには、3.0Lの水平対向6気筒ターボが搭載されます。

PHV(プラグインハイブリッド)モデル開発中止に

かねてから噂されていたPHV(プラグインハイブリッド)モデルですが、開発中止となったことが、911の開発責任者を務めるアウグスト・アハライトナー氏によって明らかにされました。

ポルシェは昨年ハイブリッド仕様を設定する意向を明らかにしていたため、今回の発表は予想外の展開となりました。

新型ポルシェの価格と発売日は?

現行ポルシェ 911ターボ S

ポルシェ 911ターボ S 外装 2015年型

新型911は2019年モデルということで、ワールドプレミアは2018年の秋頃と予想されます。
発売日はそれ以降となり、日本へのデリバリー開始は2019年の春頃になるのではないでしょうか。

現行の911が1,300万円から2,630万円ほどですが、新たにプラットフォームを一新し、3.0Lの水平対向6気筒ターボを採用することから、価格が高くなることも十分にありえます。

新型ポルシェ911の予想価格は1,400万円からの発売になるのではないでしょうか?

新型ポルシェ911に期待!

現行型911

ポルシェ911

新型ポルシェ911に関する最新情報はいかがでしたか?
ポルシェのフラッグシップモデルである911が、7年ぶりのフルモデルチェンジを行うということで、世界中のスポーツカー好きが期待に胸を膨らませています。
次世代のスポーツカーへと進化するであろう新型911は、果たしてどのような姿を見せてくれるのでしょうか?
MOBYでは、今後も新型ポルシェ911の最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

ポルシェの新型車の記事はこちら!

スポーツカーに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...