初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【アルティスはダイハツ唯一のセダン】性能や実燃費と内装評価から中古車価格まで

ダイハツが販売しているハイブリッドセダン「アルティス」は、トヨタ「カムリ」のOEM車ですがその違いは?実燃費や内装のオーナーの声は?あまり見かけないレアなセダン、ダイハツ・アルティスの評価、フルモデルチェンジの可能性までお伝えします!

ダイハツ アルティスとは?

4代目 アルティス(前期型)

ダイハツ アルティス 2016年型

ダイハツ アルティス 2016年型

アルティス(ALTIS)とは、ダイハツ工業が販売しているセダンです。
アルティスはトヨタ「カムリ」のOEM車ですが、軽自動車が主力であるダイハツでは数少ない3ナンバーの普通乗用車であり、ダイハツのフラッグシップモデルでもあります。

初代アルティスは2000年に発売され、現行の4代目アルティスは2012年に発売されました。
ハイブリッド専用車として発売された4代目アルティスは、商用であるハイゼットカーゴのハイブリッドモデルを除けば、ダイハツで初のハイブリッド乗用車となっています。

ダイハツ アルティスの燃費性能は、OEM元である9代目カムリと同様に23.4km/Lという低燃費を実現しており、内装の質感においてもカムリと遜色はありません。
ハイブリッドバッテリーをコンパクトにすることで、室内空間の広さも十分に確保しており、ゴルフバッグであれば4セットを収納できる440Lの積載量も備えています。

4代目アルティスには、自動ブレーキなどの先進安全装備こそありませんが、衝突時の被害を軽減する「全方位コンパティビリティボディ構造」や、歩行者への被害を最小限に抑える「歩行者傷害軽減ボディ」、「むち打ち傷害軽減フロントシート」、合計7個の「SRSエアバッグシステム」を標準装備することで、高い衝突安全性を実現しました。

4代目 アルティスの新車価格

ダイハツ アルティス(4代目)ハイブリッド Gパッケージ

4代目アルティスは、単一グレードの「ハイブリッド “G パッケージ”」のみが販売されます。
ボディカラーは全8色です。

▲4代目アルティス新車販売価格(税込)
ハイブリッド “G パッケージ”:3,427,527円

4代目 アルティスのパワートレイン

4代目 アルティスのパワートレインには、2.5Lの直列4気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせたものが搭載されます。
駆動方式はFF(前輪駆動)で、トランスミッションはCVTの設定です。

4代目 アルティスの基本スペック

▲エンジン
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:2,493cc
最高出力:160PS(118kW)/5,700rpm
最大トルク:21.7kgf・m(213N・m)/4,500rpm

▲モーター
種類:交流同期電動機(永久磁石式同期型モーター)
最高出力:143PS(105kW)
最大トルク:27.5kgf・m(270N・m)

駆動方式:FF
トランスミッション:CVT

▲車体寸法・車両重量
全長:4,850mm
全幅:1,825mm
全高:1,470mm
ホイールベース:2,775mm
車両重量:1,540kg

OEM元のトヨタ・カムリとの違いは?

トヨタ カムリ ハイブリッド Gパッケージ 2013年

こちらがダイハツ アルティスのOEM元であるトヨタ カムリです。
基本的に同じデザインですが、フロントグリルが違いますね。
外装も内装も基本的には同じと言って問題がないでしょう。

ダイハツ・アルティスもカムリのフルモデルチェンジに合わせてフルモデルチェンジされる可能性があります。

アルティスのOEM元のフルモデルチェンジについてはこちら

ダイハツ アルティスの実燃費評価は?

ガソリンスタンド 給油

アルティスのJC08モードでのカタログ燃費は以下の通りです。

▲2.5L FF車:23.4km/L

続いて、4代目アルティスの実燃費を紹介したいのですが、アルティスはカムリのOEM車ということもあり、レビューの数も少ないので、代わりにOEM元である9代目カムリの実燃費データを紹介します。

▲9代目カムリの実燃費:15.0~17.0km/L

実燃費はカタログ値の7割程度が適正値だと言われているので、4代目アルティス(9代目カムリ)は、十分にそれを達成していると言えるでしょう。
ユーザーからの評価も高く、2.5Lという排気量の割に燃費が良いと好評のようです。

ユーザーによる実燃費評価(9代目カムリのレビュー)

通勤メインでエアコンオフで15~22オンで13~16です。
HVなので交通状況によって変わりやすいですね。
高速はエンジン主体なので120km巡行で17kmくらい。ここはホンダを見習って欲しいです。
あれだけの車格&同排気量の約二倍の燃費なおかつレギュラー仕様なのでおおむね満足でしょう

出典:http://review.kakaku.com/

燃費は15km/Lくらいで平均しますが、たまに30km/L近い場合が春先や秋のエアコンのいらない時期は計測できる。
高速は90~100キロ走行で18~23km/Lです。

出典:http://review.kakaku.com/

通常の街中運転で17K程度のためこれは良い。長距離高速道路を試したくなる。

出典:http://review.kakaku.com/

ダイハツ アルティスの内装評価は?

4代目 アルティスの内装

ダイハツ 4代目 アルティス 内装

ダイハツ 4代目 アルティス 内装

4代目アルティスの内装は、高級車と呼ぶには少々物足りませんが、値段相応に質感が高くて居心地も良く、スタンダードなセダンとしては十分なものに仕上がっています。
また、IR(赤外線)カット機能付ガラスを標準装備し、メーカーオプションには電動ルーフも用意されているなど、ドライブに役立つ快適装備が揃っています。

※以下のユーザーレビューは、アルティスのOEM元であるカムリのものを引用しています。

ユーザーによる内装評価(9代目カムリのレビュー)

4輪ストラットサスペンション。先代ACV40は、ふわふわした柔らかい味付けで直進安定性にやや欠ける感があったが、今モデルは適度に硬さがあり、高速での運動性能や直進安定性も優れており、かといって路面の凸凹は適度に吸収してくれ、乗り心地に悪影響を与えるほどではない。長距離クルーズに非常に適したセッティングになっているように感じている。実際、高速を200kmほど走ったが、運転疲れは先代よりも明らかに少なかった。

出典:http://review.kakaku.com/

日本での販売価格から高級車としてみると安っぽいです。が、アメリカでの位置づけの通り量販車と考えれば普通。とくに優れているものはありませんが長く使うならシンプルに落ち着いていて、ちょうといい塩梅。

出典:http://review.kakaku.com/

やはりターゲットの年齢層が高めなのか物凄いシンプルでスッキリです

出典:http://review.kakaku.com/

インテリア:ありふれたデザインではあるが、落ち着いた配色と相俟って少し高級感が漂うように思う。

住居性:一回り大きい車のため、室内にゆったり感がある。全席、後席とも足回りに若干の余裕がある。静粛性と相俟って長距離ドライブでも疲労感が少ない。

出典:http://review.kakaku.com/

ダイハツ アルティスの中古車価格は?


ハイブリッド G…
239.0万円
本日の在庫
2
平均価格
208.0 万円
本体価格
177 ~ 239 万円

アルティスはOEM元であるカムリと比較すると、流通台数が多くはありません。
中古車も数が少ないので、状態の良い個体を見つけられたらラッキーだと思いましょう。
現時点でもアルティスの中古車は1台のみとなっています(2017年3月時点)。

なお、カムリは2017年の夏に10代目へのフルモデルチェンジを計画していますが、アルティスに関しては情報が無いので、今代限りでアルティスは販売終了となるかもしれません。

アルティスはダイハツ唯一のセダン

ダイハツ アルティス 2016年型

ダイハツ アルティスの実燃費や内装の評価、中古車価格の紹介はいかがでしたか?

ダイハツの現行ラインナップでは、唯一のセダンタイプであるアルティス。
カムリのフルモデルチェンジを追うようにアルティスもフルモデルチェンジするか、今年中に姿を消してしまうかもしれないので、新車で手に入れたいのであれば、購入を急いだ方が良いでしょう。

ダイハツの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

セダン車に関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...