初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダS-MXは恋愛仕様車】カスタム例や内装&実燃費から車中泊の評価は

1996年に販売されたHONDAのコンパクトミニバンの先駆けとも言える車です。販売価格の安さから当時の若者に絶大な支持を受け、独特のフラットシートや豊富な小物入れ、箱型の外観や使い勝手の良い内装から「動くラブホテル」と別名が付いたくらいでした。今回はこのS-MXを見直して、その人気の秘密に迫ってみました。

ホンダS-MXはなぜ「恋愛仕様」なのか?

1996年式 ホンダ SM-X 外装

筆者が考える最もホンダらしいミニバンがこのS-MXです。
販売当時はまだ高校生だった筆者はこのS-MXのCMで流れていた「恋愛仕様」という強烈なキャッチコピーが頭から離れず、高校生ながらホンダのディーラーで実車を見て、心躍らせていた思い出のある車です。

ホンダのS-MXのコンセプトは新しい形のデートカーをコンセプトに、この車の各機能は「恋愛」になぞらえた作りになっています。
ベース車は当時ミニバンの地位を確立しつつあった「ステップワゴン」です。
ファミリーカー色の強かったこのミニバンを手頃なサイズと価格で販売されたのがこのS-MXでした。
外観から内装、インテリアや各種装備品まで細かく深掘りして見てみましょう。

ホンダの歴史についての詳しい解説はこちら

ホンダS-MXは箱型コンパクトワゴンの先駆け!

1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X 外装

今流行のコンパクトミニバンの先駆けはこのS-MXだと断言できます。
ベースはステップワゴンを用い、当時はステップワゴンのオマージュだと言われましたが、特別仕様車や販売後のカスタムが非常に多く存在したことや、アフターパーツが販売店で購入、取付ができたことも踏まえ、明らかにステップワゴンの客層とは一線をひくデザインと人気だったのです。

販売当初のスペックは以下の通りになっていました。

■全長:3,950mm
■全幅:1,695mm
■全高:1,735-1,765mm
■ホイールベース:2,500mm
■車重:1,330-1,390kg

乗車定員は販売当初4人乗り、次項のインテリアで詳しく解説しますが、ステップワゴンのサードシート部分を切り取ったようなデザインとなっていました。
プラットフォーム及びメカニズムはステップワゴンとほぼ同様にリアハッチを含めたドアもフロント2枚、リア1枚(右がスライドドア)の配置でした。

エンジンはB20B型、直4DOHC2.0Lを装備、トランスミッションは4速ATのみの設定でした。

エンジンスペックは?

前期型、後期型共に同じ水冷直列4気筒横置きのB20B型というエンジンが使われています。

以下がそのエンジンスペックです。

■排気量:1,972cc
■最高出力:130PS/5,500rpm(前期型) 140PS/5,500rpm(後期型)
■最大トルク:18.7kgf·m/4,200rpm(前期型)19.0kgf·m/4,200rpm(後期型)
■燃料タンク容量:65L(FF)60L(4WD

S-MXのベース車であるステップワゴンの最新情報はこちら

ホンダS-MXの内装はまさに恋愛仕様!

1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X 外装

この車の特徴とも言えるインテリアは非常に広々としています。
コラムATを採用、フロントシートをベンチシートにして運転席と助手席の境目を無くし、シートこそ独立可倒式とされていました。
また、ステップワゴンとの違いはサイドブレーキが運転席の右側に配置されていたこと。

今では足踏式のサイドブレーキや電気式が主流ですが、当時はそのような装備がなく、サイドブレーキの配置位置を工夫することで運転席と助手席の間から邪魔な装備を取り去る事に成功したのです。

ホンダS-MXの車中泊も可能な多彩なシートアレンジ

シートアレンジがカップルを燃え上がらせた!

1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X 外装
1999年式 ホンダ SM-X 外装

S-MXは実に多彩なシートアレンジが可能でした。
それだけではなく、フロントからリアまで完全にフルフラットに出来るのです。ベンチシートを採用していた理由はこのフルフラット仕様にするためで、凹凸を極力なくしたベンチシートは毛布一枚で車中泊ができるほど快適な寝心地でした。

さらにフルフラットにすると枕元にティッシュボックスがすっぽりとハマるグローブボックスがあり、まさに恋愛仕様。
カーセックスを目的に開発されたのではないか?と当時はそんな批評もあったくらい、若いカップルに向けた車だったのです。

フルフラットができる車のまとめについてはこちら

ホンダS-MXのマイナーチェンジでどこが変わった?

1999年式 ホンダ SM-X 外装
1999年式 ホンダ SM-X 外装
1999年式 ホンダ SM-X 外装

1999年にマイナーチェンジされたS-MXですが、前列のベンチシートを独立シートに変更しています。
シートの変更は先代のフロントベンチシートが思ったよりも評判が悪かったためで、独立式にして後席とウォークスルーできる様になりました。

フルフラット仕様にできなくはないのですが、運転席と助手席の真ん中に大きく穴が空くような形になっていて、オプションやアフターパーツでセンターを埋めるコンソールが販売されていたくらいです。
このマイナーチェンジから乗員が5人になりました。

ホンダS-MXのCMを振り返る

ホンダS-MXのCMは「恋愛」というフレーズを織り交ぜて放送されていました。
このCMを見てS-MXを購入しに行ったユーザーは数知れず、そのくらいのインパクトの有るコピーと映像でした。

S-MX開発者はこの手のモデルは若年層にこそ必要だとの考え方があったため、より若者向けに開発しました。
結果、狙い通り若年層を始め、手頃な価格からステップワゴンのターゲットであった若いファミリー層にも受け入れられました。
ボディーサイズこそ全幅も全高もステップワゴンと大差なく、全長が短いバージョンと捉えられたのでしょう。
意外と幅広い世代に受け入れられた車でもありました。

ホンダS-MXはメーカー公認のカスタムカーだった!

2000年式 ホンダ SM-X 外装
2000年式 ホンダ SM-X 外装

ホンダS-MXは露骨にアメリカ車のバンを意識していたためか、アフターパーツを数えても相当数が販売されています。
メーカー公認でローダウン仕様車も販売されていて、エアロパーツやホイール、ダウンサスをはじめホンダ純正品も豊富に揃っていました。

今でこそカスタムカーのベース車として中古市場で取引されていますが、販売当初からローダウンモデルやアフターパーツを多く販売していた車種は珍しく、ホンダが若年層に向けて展開していた車だったのです。

ホンダS-MXの実燃費は?

1999年式 ホンダ SM-X 外装

当時まだecoや低燃費が叫ばれていない時代の車ですから、このS-MXは燃費や省エネを意識されている車ではありません。
しかしながら実燃費は一体そのくらいだったのでしょうか?
口コミサイトのレビューをまとめました。

燃費】 自分は普通にチョイ乗り使いで8km/Lが最高です。 砂浜走行したときは正直ガクンと燃費は落ちて今までで5km/Lが最低です。 まあ8km/Lが平均値な感じで今時の車としては悪い方ですね

出典:http://www.carsensor.net/

燃費がいまひとつ(最高で9km)

出典:http://www.goo-net.com/

燃費は都内日中で7~8km、高速でも10kmがやっと。

出典:http://www.goo-net.com/

燃費はユーザーの皆さん総じて8km/L、高速だと少し伸びて10km/L、よくも悪くもなく、今のミニバンと比べて遜色なく走ってくれる点は特筆すべき所ではないでしょうか?

デザイン、足回りの評判はすべてのユーザーに不満はありません。
また、やはりデートカーとして使用されていたユーザーも見受けられました。
ホンダのコンセプトのままに、売れていたことが判ります。

ホンダS-MXの中古車は?

2017年3月現在S-MXの中古車は23台でした。
残念ながら売れた台数は多かったのですが、販売終了から10年以上経っていて、中古でも実車を探すのは困難かもしれません。

カスタムベース車としての需要があるため、中古車で販売されたらすぐに売れてしまう事も考えられます。
価格は10万円を切る物から70万円を超えるモノまで様々、年式と程度に寄ると考えてください。

ホンダSM-Xの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


今でも異彩を放つSM-Xの復活を願う!

1990年式 ホンダ SM-X 外装

S-MXが当時なぜ絶大な支持を受けたのかをまとめてみました。
いかがだったでしょうか?

ホンダはこのS-MXに一定の手応えを感じていたはずなのに2002年に販売を打ち切ってしまいます。
コンセプトはモビリオ、モビリオスパイクに受け継がれるのですが、個性のある車だっただけにモビリオスパイクでは代替とはいかず、しばらくの間、中古市場でこのS-MXが高騰していたこともありました。

筆者が思うに、若年層の車離れが進んでいる昨今の原因は、自動車メーカーが若年層を強烈に引きつけるカリスマ的車を出していない様に感じます。
このS-MXのような強烈に個性を発信した車がもう一度ホンダから発売されることを切に願うばかりです。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ホンダの新型ミニバンに関連する記事はこちら

ミニバンに関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す