初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スズキスプラッシュの要点3選】実燃費への評価や故障の口コミについても

スズキ「スプラッシュ」は欧州のハンガリーで生産され、日本国内に輸入される形で販売されていたコンパクトトールワゴンです。欧州車らしい高い安全性能と走行性能を持っており、非常に高い完成度を誇っています。本記事では、スプラッシュのスペックや実燃費の評価、故障の口コミ等についてまとめているので、是非ご覧になっていってください。

スズキ スプラッシュとは?

スズキ スプラッシュ 外装

スズキ スプラッシュ 内装

スズキ スプラッシュ 内装

スプラッシュ(SPLASH)とは、スズキがかつて販売していたコンパクトトールワゴンです。
製造はハンガリーの「マジャールスズキ社」で行われ、日本では自社ブランドの輸入車として2008年から2014年まで販売されていました。

シルエットはトールワゴンらしくないですが、本車はヨーロッパ市場における「ワゴンR+(後のソリオ)」の後継車種として開発されており、2代目「スイフト」のプラットフォームをベースとした全高1,590mmのボディを持っています。

車高が高く全長が短いというスプラッシュのボディは、空力性能の面で不利になりますが、ルーフの後端を下げたり後輪前に整流版を装着するといった工夫により、トールワゴンでありながらも空力性能ではスイフトと同様の数値を実現しました。

また、本車は低価格でありながらも、欧州車基準の高い安全性能を持っており、サイドエアバッグや3点式シートベルト(プリテンショナー機構+フォースリミッター機構付き)、イモビライザー付きキーレスエントリー、横滑り防止装置等が標準装備されています。

内装はシンプルで実用性が高く、日本車というよりも欧州車らしい造りになっているのが特徴です。それでいて、細かい点では日本車らしい気配りも取り入れられており、非常に完成度が高くなっています。

スズキ スプラッシュの新車時価格

スプラッシュが販売されていた当時の新車価格は以下の通りです。

▶スプラッシュ新車販売価格(2014年4月)
ベースグレード:1,324,080円

スプラッシュは130万円台という価格で、装備も充実していたので、コスパに優れていました。

スズキ スプラッシュのテレビCM

スプラッシュのCMは、ヨーロッパで生産されたことを強調した内容となっています。
「美しい女性の、美しいクルマ。」というキャッチコピーの通り、女性ユーザーをターゲットにしているようです。

スズキ スプラッシュのパワートレイン

日本仕様のスプラッシュには、1.2Lの直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されます。
駆動方式はFF(前輪駆動)で、トランスミッションはCVT(日本市場専用)の設定です。

スプラッシュは、欧州車らしく走行性能にもこだわって作られており、ドイツ車風の足回りのセッティングによって、キビキビとした小気味の良い走りを楽しむことができます。

なお、海外仕様車には1.0Lの直列3気筒エンジンや、1.4Lの直列4気筒エンジン、フィアット製1.3Lの直列4気筒マルチジェット直噴ディーゼルエンジンも用意されており、トランスミッションは5速MTと4速ATの選択式でした。

スズキ スプラッシュの基本スペック

▶1.2Lエンジン
種類:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1,242cc
最高出力:91PS(67kW)/6,000rpm
最大トルク:12.0kgf・m(118N・m)/4,800rpm

駆動方式:FF
トランスミッション:CVT

▶車体寸法・車両重量
全長:3,775mm
全幅:1,680mm
全高:1,590mm
ホイールベース:2,360mm
車両重量:1,050kg

逆輸入車に関連する記事はこちら

スズキ スプラッシュの要点① 実燃費評価は?

ガソリンメーター

スプラッシュのJC08モードでのカタログ燃費は以下の通りです。

▶1.2L FF車:19.6km/L

スプラッシュの実燃費は以下の通りです。

▶平均実燃費:13.3km/L

カタログ燃費の7割の値が、実燃費だと言われているので、スプラッシュの燃費は十分それを達成しています。
コンパクトカーの燃費性能としても悪い方ではなく、走行性能も高いので、多くのユーザーが満足しているようです。

ユーザーによる実燃費評価

満タン法の実燃費は、燃料計の表示より約2km/h低い。実燃費は街乗りだと13km/l 、平坦な田舎道で16~17km/l、高速だと意外と伸びず18km/h程度。しかしアイドリングストップや最新テクノロジーのない普通のエンジン車としてはまずます。一番燃費がいいのは、60~70km/hくらいでの低回転安定走行。

出典:http://review.kakaku.com/

片道10kmの通勤で15~16kmkm/l、片道20kmを走ると18~19km/l

出典:http://review.kakaku.com/

4千キロの平均で16Km/Lは立派

出典:http://review.kakaku.com/

初代デミオで土日の買い物中心で9~10km/リットルでしたが、12km/リットル程度です。これも新しい車と比べると劣りますが、それが理由で買い替えるほどではありません。

出典:http://review.kakaku.com/

燃費向上に関連するおすすめ記事はこちら

スズキ スプラッシュの要点② 故障した場合のアフターケアは?

エンジントラブル 故障 オーバーヒート

出典 :©shutterstock / Ersler Dmitry

アフターケアは他のスズキ車と同じ!

スプラッシュはハンガリー製ということもあり、故障した場合の部品調達や修理費用の面で、日本製のスズキ車と比べてアフターケアが劣るのではないかと心配している人もいます。

ですが、海外生産とは言ってもあくまでスズキの車ですので、日本製のパーツも多く使用されており、部品調達の面では何の心配もないとされています。
また、修理費用に関しても他のコンパクトカーと何ら変わりは無いようです。

スプラッシュの故障に関する口コミ

生産工場が海外だからといってもスズキが国内で販売する以上は、
アフターサービスは国内生産車と同等のサービスを提供するはず。

そうでなかったらスズキの沽券に係わるぞ。
車好きではない一般ユーザーは生産工場なんて気にせずに購入するんだし。

出典:http://bbs.kakaku.com/

知人が所有しており、その方のお話しですが、部品納期や修理費用はスズキの他のコンパクトカーと変わらないそうです。
生産終了して20年とか過ぎれば部品納期の状況が変わるかもしれませんが…。

出典:http://bbs.kakaku.com/

スズキ スプラッシュの要点③ 中古車価格は?

スズキ スプラッシュ 外装

出典:https://ja.wikipedia.org/

スプラッシュの中古車は、多く出回っている訳ではありませんが、比較的安く入手できます。
新車が購入できない現在における唯一の入手手段ですので、スプラッシュの購入を検討している人は、中古市場で状態の良い個体を探してみましょう。

スズキ スプラッシュの現在の中古車価格はこちら


4型
65.0万円
本日の在庫
69
平均価格
45.0 万円
本体価格
14 ~ 99 万円

スズキ スプラッシュは日本風味の欧州車!

スズキ スプラッシュ 外装

スズキのコンパクトトールワゴン、スプラッシュはいかがでしたか?

ハンガリーで生産され、日本では輸入車という形で販売されたスプラッシュ。
そのつくりは、どこまでも欧州車らしくあり、それでいて日本車のテイストも持っているという不思議なスタイルです。

国内ではあまり見かけることもない独特の個性を持った車ですので、興味を持った人は是非購入を検討してみてください!

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

スズキの新型車に関連する記事はこちら

トールワゴン関連する記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す