初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【要注意】月極駐車場の定義とは?探し方や借り方から相場費用まで

月極駐車場を利用したことはありますか?月極駐車場は自宅に駐車スペースがない場合などに、車の保管場所として利用されることがあります。今回の記事では、月極駐車場についてその定義や種類、探し方と借り方はどうすればよいのか、相場費用はどうなっているのかについて、注意点も含めてご紹介します。

月極駐車場とは

駐車場

©iStockphoto.com/Chesky_W

「月極駐車場」という看板を見かけて「げっきょくちゅうしゃじょう」と読んでしまったとか、「ずいぶん手広くサービスを提供している会社だなぁ」と勘違いしてしまった、という笑い話は車に乗っている方なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

月極(つきぎめ)駐車場とは、賃料などの条件を定めて1か月単位で賃貸される有料駐車場のことで、一般的に貸主と借主の間で賃貸借契約を結ぶ有料駐車場です。

自宅に駐車するスペースを用意できない場合、自宅から2km以内で常時駐車が可能な月極駐車場であれば、車庫証明での保管場所として認められます。
職場や通学先に駐車場を確保したい時なども、月極駐車場は選択肢の1つとなるでしょう。

月極駐車場の種類

自走式駐車場

駐車場

ドライバーが自分で車を運転して駐車スペースに出し入れする方式で、路面が舗装されているかどうか、屋根やシャッターの有無といった違いがあります。

車の出し入れに時間がかからず、車のサイズに関する制限も比較的少ないですが、屋根のない平面駐車場では車が汚れやすかったり、防犯面で劣るデメリットがあります。

機械式駐車場

機械式駐車場

機械によって自動車を出し入れする方式で、車の乗ったパレットを上下に移動させる昇降式や何段か重ねて駐車する多段式、パレットを循環させる循環タワー式などがあります。

自走式駐車場と比べると防犯面に優れている一方、全高や全長などに制限がある、出し入れに時間がかかる、機械のメンテナンスや故障時には使用できなくなるといったことが難点といえるでしょう。

月極駐車場の探し方

検索

インターネットで検索する

近年ではインターネット上での月極駐車場の仲介サービスが提供されるようになっていて、検索サイトも多く見られます。

地域や賃料、車のサイズ、自走式・機械式などの条件を指定できる検索サイトもありますので、自宅に居ながら地域の相場を調べたり、離れた場所の物件を比較するといったことも簡単にできるでしょう。

地域の不動産屋で探す

月極駐車場を借りたい場所がある程度絞られている場合、その地域にある不動産屋に問い合わせてみる方法があります。

地元に根ざしている不動産屋であれば周辺の情報も集まりやすいですし、タイミングがあえばインターネットなどに公開される前に良い条件の物件を見つけられるかもしれません。

自分で回って探す

車庫証明の保管場所に使う月極駐車場を探している場合など、希望の地域を自分で回ってみるのもよいでしょう。

インターネットや不動産屋の扱う物件では仲介や事務手続きの手数料を支払わなければいけないことも多く、貸主も仲介業者に手数料を支払っている場合、そのぶん賃料を高めに設定していることもあります。

貸主と直接契約できる月極駐車場が見つかれば、手数料が発生しないので初期費用を抑えることができますし、賃料などの条件交渉をするチャンスもあるでしょう。

契約前には必ず下見!

敷地に面した道路が狭かったり、出入り口の段差が高すぎて車の出し入れができないなどとなってしまっては本末転倒です。
駐車場まで行く道が坂道になっているなど、一見ささいに思えても毎回となると意外と負担に感じてくることもあります。

立地条件や賃貸料に目が行きがちですが、いずれの場合でも月極駐車場を契約する前には必ず現地を確認するようにしましょう。

月極駐車場の借り方

契約

月極駐車場を借りる時には、貸主と借主の間で書面による賃貸借契約を結ぶのが一般的です。

契約の際に必要となる書類は物件によって異なりますが、車検証の写し、本人確認書類(免許証や住民票など)、印鑑証明などが必要となるケースが多いようです。
月極駐車場の申込書や契約書には印鑑が必要となるので、印鑑も用意します。

賃料の支払方法(現金、口座引落など)の手続きを行った後、指定された月分の賃料や敷金、礼金などを支払います。
不動産屋などの仲介物件の場合は、ここで手数料も支払います。

契約条件を確認し、問題がなければ契約書を取り交わして契約完了となります。

個人契約や不動産屋で仲介してもらった場合、必要書類が揃っていれば1日で契約を完了となることが多いですが、インターネット経由で契約する場合は必要書類の送付や審査、契約書の返送などにかかる時間も考慮して、月極駐車場を使い始めたい日から余裕をもって手続きを始めるとよいでしょう。

契約条件の確認を忘れずに!

契約

©iStockphoto.com/ dolgachov

支払方法や契約期間はもちろん、解約や契約更新したい時の手続き方法も重要です。
敷金、礼金などの初期費用もうっかりしやすい項目ですが、忘れずに準備しておかなければいけません。

車庫証明に必要となる「保管場所使用承諾書」を発行してもらう場合、発行手数料がかかったり、車庫とばしの防止などで数か月分の賃料の前払いや解約できない期間が設けられていることもあります。

契約書を取り交わす際には、それらの契約条件もしっかり確認するようにしましょう。

月極駐車場の相場費用

お金 1000円札

月極駐車場の相場費用は、大まかには住宅と同様に都市部ほど高く、郊外に行くほど安くなる傾向がありますが、同じ都道府県内でも市街地と郊外で相場が違いますし、立地条件や設備によっても変わります。

インターネット上で募集している物件を見てみると、やはり東京23区内のような大都市は30,000~50,000円前後と高額なところが多く、ベッドタウンの駅近郊では10,000~15,000円、郊外になると3,000~5,000円程度といったところがよく見つかります。

それでも契約状況や貸主の都合などによっては、良い物件が割安で募集していることがあるかもしれません。

探している地域の相場を1つの目安として丹念に月極駐車場を探していけば、良い条件の物件にめぐりあう確率も高くなるのではないでしょうか。

月極駐車場探しは余裕をもって良い条件で借りよう

駐車場

©Shutterstock.com/Singhanart

今回は月極駐車場の定義と種類、探し方や借り方、相場費用について解説しました。

不動産屋や自分で探す以外にも、最近ではインターネットで地域や賃料などの条件を指定して簡単に比較できるようになっていますので、相場費用を調べたりするのにも便利に利用できるでしょう。

ただし、インターネットでの契約には時間がかかることもありますので注意が必要です。
契約の前には、実際に現地に足を運び、契約条件もしっかり確認しましょう。

月極駐車場は車の維持費として毎月かかる費用になりますので、余裕をもって探して良い条件で借りたいですね。

駐車場に関するおすすめ情報はこちらの記事

ドライブに関するおすすめ情報はこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す