MOBY

【史上最多販売台数】ランボルギーニガヤルドの実燃費やエンジンスペックから中古車価格まで

イタリアのスポーツカーブランドであるランボルギーニから販売されていたガヤルドは、製造終了してから4年が経ちましたが、現在中古車市場で大人気の車種です。ガヤルドにはクーペ、スパイダー以外に、多くの限定車もあり、”ベビー・ランボルギーニ”とされながらもフラグシップモデルであったムルシエラゴ、アヴァンタドールに負けないプレミアム感があるスーパーカーです。今回はランボルギーニ史上大ヒットしたガヤルドの中古車相場、実燃費、エンジンスペックなどをご紹介します!

ランボルギーニ・ガヤルドとは

ガヤルド LP 570-4 スーパーレゲーラ

ランボルギーニ・ガヤルドとは、イタリアのスポーツカーメーカーのランボルギーニが製造・販売していたスポーツカーです。ボディータイプはクーペとオープンタイプのスパイダーの2種類で、他に多くの特別仕様車・限定車も登場しています。

「ガヤルド」という車名は、18世紀に実在したスペインの闘牛飼育家”フランシスコ・ガヤルド”の名前から採っています。

ランボルギーニ・ガヤルドは、2003年から2013年まで製造され、ランボルギーニのフラグシップであったムルシエラゴ、アヴァンタドールより少し小型の「ベビー・ランボルギーニ」に属しながらも、排気量は5リッターでV型10気筒エンジンという大きなエンジンを搭載し、価格も新車で約2,000万円もするため世界中の有名歌手、一流スポーツ選手、有名俳優が乗っていたことがガヤルドが人気となった要因でもあります。

ランボルギーニ・ガヤルドを乗っていた有名人

ハリウッド俳優
●ジェレミー・ピヴェン(俳優)
●ジェイミー・フォックス(俳優)
●ピアース・ブロスナン(俳優)

歌手
●ジャスティン・ビーバー (歌手)
●リル・ウェイン(ラッパー)
●クリス・ブラウン(ラッパー)
●ショーン・コムズ(ラッパー)

サッカー選手
●ナニ(ポルトガル代表プロサッカー選手:マンチェスター・ユナイテッド所属)
●フランク・リベリー(フランス代表プロサッカー選手:バイエルン・ミュンヘン所属)

プロ野球選手
●中田翔(プロ野球選手:日本ハム所属)
●西岡剛(プロ野球選手:阪神タイガース所属)
●福留孝介(プロ野球選手:阪神タイガース所属)

タレント
●ビートたけし(芸人、映画監督、芸術家)
●手越祐也(NEWS)
●パンツェッタ ジローラモ(タレント・モデル)

その他スポーツ選手
●ランドール・ゲイ(アメリカン フットボール選手)
●井岡一翔(現WBA世界フライ級王者プロボクサー)

ランボルギーニに乗っている芸能人についてはこちら

ランボルギーニ・ガヤルドの先代モデル

ガヤルドは、ベビー・ランボルギーニの系譜に入り先代モデルが存在します。ガヤルドの先祖にあたる3台のランボルギーニを紹介していきたいと思います。

ランボルギーニ・ウラッコ

ランボルギーニ ウラッコ

1973年から1979年までの間に製造・販売されたランボルギーニ・ウラッコ。
デザインを担当したのは、カウンタックを手掛けたガンディーニでランボルギーニには珍しく4人乗車可能なスポーツカーです。

エンジンは3リッターV型8気筒、2.5リッターV型8気筒、2リッターV型8気筒の3種類で、"ウラッコ(Urraco)"というネーミングは「小さな牡牛」を意味しています。

よって、当時のフラグシップモデルのミウラよりもコンパクトなベビー・ランボルギーニという立ち位置をランボルギーニ社側も前面に出していました。

ランボルギーニ・シルエット

1976年から1979年までの間に製造・販売されたランボルギーニ・シルエット。
ウラッコと同時期に販売されていたため、搭載されたエンジンはウラッコと同じ3リッターV型8気筒でした。

3年間製造されたにも関わらず、総生産台数はわずか54台で、全くヒットすることなく販売終了となりました。

ランボルギーニ・ジャルパ

ランボルギーニ ジャルパ

出典:https://en.wikipedia.org/

1981年から1989年の間に製造・販売されたランボルギーニ・ジャルパ。
車名は当時有名だった闘牛の品種からきています。

エンジンはシルエットよりも排気量を大きく3.5リッターへとなり、時速100kmまでの加速が6秒、最高速度が234キロ。
カウンタックよりも大きさ、価格とも抑えられ、それでもパワーはそこそこある乗りやすいスポーツカーでしたが、これもヒットにつながらず410台の販売したのちに販売終了となりました。

ランボルギーニの現行車についての記事はこちら

ランボルギーニ史上最高のセールスを記録したガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4

1999年からアウディの傘下となったランボルギーニは、大きな資本と整った生産管理のもとで開発力と生産能力が飛躍的に向上します。

その象徴というべきが、ガヤルドの大ヒットです。2003年から2013年の間でクーペが9,640台、スパイダーが4,352台、計13,992台も販売し、ベビー・ランボルギーニのカテゴリーだけではなく、ランボルギーニで一番売れた車種になりました。

また、さまざまな特別仕様車や限定車を登場させ、プレミアム感を引き出したのもガヤルドの商品力を上げた要素でしょう。

ランボルギーニ・ガヤルド歴代車

ガヤルドには前期(2003年~2008年)、中期(2008年~2012年)、後期(2013年)とあります。中期と後期は外観の違いのみですが、前期と中期ではエンジンの排気量やパワーも違っており、中古車価格相場でも前期と中期以降を境に値段が大きく変わってきます。

ここでは歴代のガヤルドとスパイダーモデルの外観を見ていきたいと思います。

前期(2003年~2008年)

前期型ランボルギーニガヤルド

前期型ランボルギーニガヤルド

出典 :©everystockphoto.com/ Tjeerd

中期(2008年~2012年)

中期 ランボルギーニ ガヤルド

中期 ランボルギーニ ガヤルド

後期(2013年)

後期 ランボルギーニ ガヤルド

後期 ランボルギーニ ガヤルド

スパイダー

ランボルギーニ ガヤルド スパイダー

ランボルギーニ ガヤルド スパイダー

ランボルギーニ ガヤルド スパイダー

ランボルギーニ・ガヤルドのスペック・燃費・価格

ガヤルド LP 570-4 Blancpain Edition

ガヤルドのスペックを前期、中期、後期を見ていきましょう。

2003年式 ガヤルド
ベースグレード(前期モデル)
2008年式ガヤルド
LP560-4(中期モデル)
2012年式ガヤルド
LP560-4(後期モデル)
ボディタイプ・ドア数・乗員定員クーペ2・ドア2・2名
型式GH-JFGE11ABA-GECEHABA-GECEH
全長×全幅×全高(mm)4,300×1,900×1,1654,345×1,900×1,1654,326×1,900×1,166
ホイールベース(mm)2,5602,5602,560
トレッド前/後(mm)1622/15921632/15971,633/1,598
車両重量(kg)1,4301,5001,500
エンジン種類V型10気筒DOHC40バルブ
総排気量(cc)4,9615,2045,204
圧縮比11.012.512.5
最高出力[ps(kW)/rpm]500(367)/7,800560(412)/8,000560(412)/8,000
最大トルク[kg・m(N・m)/rpm]52.0(510)/4,50055.1(540)/6,50055.1(540)/6,500
燃料供給装置ランボルギーニL.I.E.電子制御マルチポイントインジェクション
燃料タンク容量(L)90
駆動駆動方式フルタイム4WD
トランスミッション6MT/6AT6MT/6AT6AT
足回りサスペンション形式(前・後)ダブルウィッシュボーン
タイヤサイズ(前)235/35 ZR19
タイヤサイズ(後)295/30 ZR19
性能最高速度(km/h)309325325
0-100km/h加速(s)4.23.73.7
燃費 街乗り/高速/平均 (km/L)4/8.1/5.44.5/10/6.84.8/10/7.1
新車価格
※【 】内はMT車
19,635,000円
【18,585,000円】
25,331,250円
【24,281,250円】
24,764,250円

ランボルギーニ・ガヤルドの中古車価格は

車 購入 商談 ディーラー

ランボルギーニ・ガヤルド前期・中期・後期・スパイダーの中古車価格相場

価格
ガヤルド前期(2003年~2008年)910~1,790万円
中期(2008年~2013年)1,488~2,200万円
後期(2013年)1,965万円
ガヤルド スパイダー1,324~2,878万円

中古車サイト「グーネット」を参考にガヤルドの前期・中期・後期・スパイダーと中古車価格を調べてみると、価格は最低でも1,000万円から。
走行距離は少ないものが大半ですが、中には5万キロ以上走行しているものも数台あります。

それでも1,000万円以上ということから、中古車市場でもガヤルドは人気があることが伺えるでしょう。
また、限定車も多いため、比較的古い年式でも、スペシャルモデルで高額なものも少なくありません。

さすがにスーパーカーだけあって、購入するなら少々値が張ってもそれなりに良質なものを購入したいところ。


LP570−4 …
2200.0万円
本日の在庫
42
平均価格
1420.1 万円
本体価格
910 ~ 2200 万円


LP560−4 …
2350.0万円
本日の在庫
17
平均価格
1842.2 万円
本体価格
1288 ~ 2878 万円

ランボルギーニの中古車についてはこちら

ランボルギーニ・ガヤルドの実燃費は

ガソリンスタンド

ランボルギーニ・ガヤルドの実燃費を調べるため、口コミサイトを見ていきましょう。

実燃費に関する口コミ

2006 Lamborghini Gallardo5.0L V10 GAS Standard 6 Speed
Total Miles Tracked:10,564Miles、City:50%、Highway:50%、Avg MPG:14.4MPG

出典:http://www.fuelly.com/

「車両総走行距離:17,001km、街乗:%、高速道路:%、平均燃費:6.1km/L」

2009 Lamborghini Gallardo GAS V10
Total Miles Tracked:4839Miles、Avg MPG:7.5MPG

出典:http://www.fuelly.com/

「車両総走行距離:7,787km、平均燃費:3.2km/L」

ランボルギーニ・ガヤルドの実燃費は4.5km/L

実燃費は3.2~6.1km/L。間を取って、4.5km/Lといったところでしょう。

同じぐらいの性能がある日産GT-Rの実燃費は7km/Lといわれているので、ガヤルドはGT-Rの約3分の2。
かなり悪いのは承知ですが、これから乗ろうと考えている方にとっては燃費関係ないのでしょう。

年間のガソリン代は?

ガヤルドに乗るのであれば、年間走行距離は3,000kmぐらいではないでしょうか。3,000km走行した際のガソリン代は実燃費4.5km/L、ハイオクガソリンがリッターあたり130円とした場合、年間のガソリン代は87,000円になります。

ランボルギーニの燃費についての記事はこちら

ランボルギーニ・ガヤルドの維持費

ガヤルド スパイダー

ランボルギーニ・ガヤルドの税金

自動車税:88,000円
自賠責保険:13,920円(車検時に24カ月の登録で27,840円の1年分で換算)
重量税:22,800円(13年経過扱い)

自動車保険

ガヤルドの保険料率クラスは対人6・対物5・同乗4・車両9です。以下の加入条件で見積もると年間の自動車保険料は160,600円になります。

●ガヤルドの自動車保険加入条件
契約者性別:男性
移住地:関東
保険契約者の年齢:30歳以上
運転者の限定:本人限定
初めての契約か?:乗換・継続契約
保険等級:14等級
3年以内の事故の有無:事故なし
対物賠償金額の設定:無制限
車両保険:つける
車の使用用途:日常レジャー
年間走行距離:3,000km
免許の色:ゴールド免許
自動車購入:中古車
ネット割引あり

15,000kmごとにクラッチ交換が必要

ガヤルドのマニュアルには、15,000kmごとにクラッチ交換が必要と記載されています。しかし、オーナーによって様々な意見があり、「5,000kmで故障し交換」、「ベストコンディションを維持するため8,000kmで交換」などさまざまです。

マニュアル通り15,000kmでクラッチを交換した場合、交換費用はディーラーで70万円、ショップで50万円程度です。ここは信頼置けるディーラーにクラッチを交換したとして、年間走行距離3000kmとした場合、これを年間維持費に換算すれば14万円。
さらに走行3,000kmに一度のエンジンオイル交換代で一回に約3,5000円。

この他にもメンテナンス費用が掛かると思われますが、クラッチ交換、エンジンオイル交換だけでも年間で175,000円かかります。

以上、ガソリン代、税金、自動車保険、メンテナンス費用など足し合わせた結果の年間維持費は405,780円。最低でもこれぐらい必要となります。
これは高いですね。

ランボルギーニ・ガヤルドの評価は

評価

出典 :©Shutterstock.com/ Sofi photo

ランボルギーニ・ガヤルドはオーナーにどのように評価されているのでしょうか。口コミサイトに投稿されたレビューを見ていきましょう。

オーナーのレビュー

【良い点】小回り・駐車がしやすい
【悪い点】装備あまりよくない

出典:http://www.goo-net.com/

【良い点】
室内空間が広い
【悪い点】
燃費・経済性がいい

出典:http://www.goo-net.com/

スーパーカーにしては、意外に乗りやすいというのが共通していわれています。

ガヤルドと同時期に販売されていた、ムルシエラゴは全長が4.6m、全幅が2.0mと相当な大きさがあるのですが、ガヤルドであれば、全長が4.3mと全幅が1.9m。この車体寸法は、日産GT-Rの全長4.6m・全幅1.8mと同じぐらいで、街中で運転するときに苦にならないサイズ感。

それで5リッターV10エンジンが搭載されているので、ガヤルドはコンパクトかつハイパワーなスーパーカーといっても良いぐらいでしょう。

ガヤルドはランボルギーニの救世主!

ガヤルド LP 570-4 スーパーレゲーラ

ランボルギーニ・ガヤルドについて紹介していきましたがいかがでしたか?

ランボルギーニ不遇の時代からアウディ傘下になり、2,000万円以上もするガヤルドを1万台以上売り上げた復活劇は凄いことです。
ガヤルドの後継モデルであるウランカも発売初年度の販売台数が2,242台と好調なセールスを続けています。ランボルギーニの快進撃はガヤルドがあってからのこそ。

ガヤルドは、ランボルギーニの運営を支えてきた救世主でした。

あなたの愛車に関する情報はこちらの記事

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ランボルギーニの最新車種の情報についてはこちら

ランボルギーニ・ガヤルドのライバル車についてはこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...