初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ベンツ新型CLS最新情報!流出画像と性能・価格や発売日まで予想

メルセデス・ベンツのEセグメント「CLSクラス」が、フルモデルチェンジを計画しています。新型CLSクラスは新型「Eクラス」をベースに開発され、自動運転技術「ドライブパイロット」も搭載される予定です。本記事では、ベンツの新型CLSクラスのスクープ画像・性能・価格・発売日などの最新情報をお伝えしていきます。

メルセデス・ベンツ「CLSクラス」が新型へフルモデルチェンジ!

新型CLSクラスのスパイショット

メルセデス ベンツ CLS

メルセデス・ベンツの「CLSクラス」が、新型へのフルモデルチェンジを計画しているようです。
新型CLSクラスのプロトタイプも確認されており、そのスクープ画像もMOBYは入手しました。

本記事では、メルセデス・ベンツ新型CLSクラスのフルモデルチェンジに関する最新情報をまとめていきます。

メルセデス・ベンツ CLSクラスとは?

2代目 CLSクラス CLS550 後期型

メルセデス・ベンツ 2代目 CLSクラス CLS550

2代目 CLSクラス CLS550 4MATIC シューティングブレーク 後期型

メルセデス・ベンツ 2代目 CLSクラス CLS550 4MATIC シューティングブレーク

CLSクラスは、ドイツの自動車メーカー・ダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで販売している、同社のEクラスをベースとした乗用車です。

CLSのボディタイプは、セダンに比較するとボディ後席部がなだらかに傾斜し居住性よりデザインを重視した「4ドアクーペ」と、同じく居住性や荷室空間よりもデザインを重視したステーションワゴンタイプの「シューティングブレーク」と呼ばれる2タイプがラインナップされています。

2004年に発売された初代モデルは、ギネスブックにも登録された世界最速の4ドア車「BRABUS CLS-V12S ROCKET」のベース車であり、最高出力730PSを発揮するV型12気筒ツインターボエンジンの搭載によって、最高速度365.71km/hを記録しています。

2011年から販売されている2代目CLSクラスは、外装デザインが3代目SLKクラスから採用されたベンツの新しいデザインラインに沿ったものとなりました。
日本仕様車のパワートレインは、2.2Lの直列4気筒ディーゼルエンジンと、3.5LのV型6気筒直噴ツインターボガソリンエンジン、4.7LのV型8気筒直噴ツインターボガソリンエンジンのラインナップです。

2代目から登場したステーションワゴンの「シューティングブレーク」は、最大1,550Lの大容量ラゲッジスペースと、オプションで桜材にも変更できる木製の床を特徴としています。

▶2代目 CLSクラス 車体寸法(4ドアクーペ/シューティングブレーク)
全長:4,940/4,955mm
全幅:1,880mm
全高:1,415/1,420mm
ホイールベース:2,875mm

▶2代目 CLSクラス 新車価格(税込)
4ドアクーペ:7,800,000~12,730,000円
シューティングブレーク:8,070,000~13,270,000円

CLSクラスの中古車価格はこちら!


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


ベンツ新型CLSクラスの最新情報

新型CLSクラスの画像

メルセデス ベンツ CLS
メルセデス ベンツ CLS
メルセデス ベンツ CLS

新型「Eクラス」をベースに開発!シューティングブレークは廃止に

カモフラージュに包まれた新型CLSクラスの姿が確認されました。
ベースには2016年の7月にフルモデルチェンジされた5代目「Eクラス」が使用されています。

プラットフォームにはFR(後輪駆動)向けの「MRA」プラットフォームを採用し、従来型と比較して約100kgの軽量化を実現した他、全長はベースであるEクラスより長くなっています。

また、ステーションワゴンタイプの「シューティングブレーク」は廃止されるとのこと。

新型CLSクラスのパワートレインは?PHVモデルの追加も期待!

新型CLSクラスのパワートレインには、ベースである5代目Eクラスのものが使用される他、V型6気筒エンジンが新開発の直列6気筒エンジンに変更される予定です。
また、新たにPHV(プラグインハイブリッド)モデルの追加も期待されています。

自動運転機能「ドライブパイロット」を搭載!

新型CLSクラスには、新型Eクラスで初採用されたベンツの半自動運転システム「ドライブパイロット」が搭載される予定です。

ドライブパイロットの搭載により、渋滞時のドライバーへの負担が大幅に軽減される他、車庫入れも自動で行えるようになります。
ドライブパイロットの詳しい内容は以下の記事でご確認ください。

12.3インチのデジタルディスプレイ

メルセデス ベンツ CLS

新型CLSクラスの内装には、12.3インチの大型デジタルディスプレイが設置されています。
センターコンソールにはタッチパッドを採用し、操作性も高められています。

新型CLSクラスの発売日・価格は?

新型CLSクラスは、早ければ2017年の9月に開催されるフランクフルト・モーターショーで公開されるそうなので、2018年内には発売されると思われます。

価格に関しては、新型Eクラスの価格が先代から大きく変更されていないことを考慮すると、新型CLSクラスもあまり変わらず、750~1,300万円程度の価格帯で販売されることが予想できます。

ベンツ新型CLSクラスに期待!

画像は現行車種

ベンツ CLS

メルセデス・ベンツ新型CLSクラスの最新情報はいかがでしたでしょうか?

Eクラスに追従する形でモデルチェンジを行う新型CLSクラス。
ステーションワゴンタイプのシューティングブレークは無くなりますが、新型Eクラスと同様に走行性能や実用性の面で、大きな改善が見られることでしょう。

MOBYでは、今後もベンツ新型CLSクラスの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

ベンツの新型車に関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...